その他

「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

テニス雑誌、皆さんは本屋で購入したことはありますか?

私は今、3つあるテニス専門誌を全て購読しています。

もちろん勉強の為・・・というのが大きな理由ですが、そこに出ている技術紹介には常に疑問を感じることが多い。

果たしてこの内容、皆さんの参考になっているんだろうか・・・と。

そもそも学生テニスの現場や市民大会で頑張っている皆さんにとって、有益な情報になっているのか・・・が、疑問でなりません。

 

「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

 

■半年で1周、するのが基本ルーティン

毎月のようにメインとなる技術テーマが変わる各紙ですが、何年も発行していれば内容は似てくる。

だいたい半年で企画は1周している、ように感じます。

冒頭でメインの技術、ノウハウ紹介をプロ選手の連続写真やスクールコーチの解説で進行・・・している訳ですが、本当に使える技術、その中にどれくらいあるでしょうか?

しっかり身体を使うプロ選手の技術を実践しようにも、ベースとなる筋力は必要だし予測も大事。

そういった前提を抜きにして、「これが最先端だ!」という技術の解説だけが先走っているようにしか思えないのは、私だけでしょうか・・・。

 

■アナタのテニスを見ていないのに、アドバイスになるの?

雑誌はあくまで読者全体に向けてのメッセージ。

アナタのテニスは、誰かに観られている訳では無いのです。

それなのに、書いてある全ての内容を実践しようと必死になっても、それは無理というもの。

まずはしっかり、自分の中で取捨選択をしていく意識を持ちましょう。

プロ選手だって、得意不得意はあるのがテニスの世界。

特集されている技術でも、「こうあるべき」と捕えるのではなく、「こんな考え方もあるのか・・・」くらいで良いでしょう。

本当に自分で活かせると思った内容だけ、実践していけば良いのです。

 

■「疑う目」というのは、テニスの上達において必要です

私の考えでは、「何かを疑ってみる」という感覚は、テニス選手にとって必要です。

「今、こういう技術が出るのはなぜだろう・・・」

「テニススクールごとに、教えるボレーが違うのは、どうして?」

「そもそも、錦織選手の打ち方は彼しか出来ないのでは?」

と、少しひねくれたような感覚は、上達に必要です。

何もかもを正直に鵜呑みにして、頑張っているような人は「頑張っている感」は出るけど強くはなれない。

テニス雑誌一つ取ってみても、その人の感覚や人生観は現れるので面白いですね。

 

色々な人のテニス観に触れるのは、とても有益なことです。

人にアドバイスを求める、書籍に求める、もちろんこのサイトに求めて頂くのもすごく嬉しい。

ですが決めていくのは、アナタ自身。

コートの上で身体を動かすのも、アナタの脳から信号が発せられるから動くのです。

鵜呑みにしないで、一度疑ってみる。

そうすると自分に必要なテニスの技術、きっと見えてくると思います。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「新しい環境でテニスを頑張る」君に贈る、5つのメッセージ

    新年は、新しく何かが始まる季節。部活でもサークルでも、新しい環…

  2. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

    テニスの上達が早い人には、共通点がある。体格や経験、運動神経じ…

  3. テニス 構え
  4. テニス 部活

    その他

    中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰囲気が大きく変わる

    皆さんも最初、部活やサークル、社会人チームやテニススクールに入ったとき…

  5. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない

    みなさんは昔、体育の授業ってどんな感じでしたか?大体小学校時代…

  6. テニス 準備

    その他

    「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる

    先日、「ゴルゴ13とテニス」ということで、テニスとゴルゴ13を重ね合わ…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  2. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡…
  5. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず
PAGE TOP