テニス リターン

サーブ

「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲームで攻撃的になれます!

サーブを苦手にしているテニス選手、意外と多いと思いませんか?

そういう選手は、トスアップ時に無意識にコースがばれてしまっている選手が多い。

アナタの周りでも、サーブのトスアップと打つコースの関係が明白にばれてしまっている人、探してみても面白いかも知れません。

何となく、ではなくしっかり注視することで、必ず特徴が見えてくるはずです。

 

「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲームで攻撃的になれます!

 

■トスアップの原則を確認しましょう

まずは原則の部分、確認しておきましょう。

打点が低い、トスが身体から離れていればスライスサーブになりやすい。

トスが身体より後ろ側であればスピンサーブ、その間ではフラットに近いサーブが比較的多いのが特徴。

もちろんこれはあくまで基本となる部分ですので、特徴が全員に当てはまる訳ではありませんが、まずは仮説として意識しておきましょう。

そしてやはり、スライスサーブは右利きの選手であれば右方向に切れていく。

デュースサイドでは、ワイドのコースに来やすいのが一般的です。

センターのコースに打っても右に曲がってきますから、しっかりワイドをケアするように意識してみましょう。

 

■トスアップと同じくらい大事な、サーブを打つ立ち位置

立ち位置もコースを予測する上では重要です。

トスアップ以前に、この「どこからサーブを打つか」という点は把握できますよね。

ワイドに立てばワイドのコースに、センター寄りであれば当然、センターにサーブは打ちやすくなります。

トスアップと組み合わせて、まずは「このコースは来ないだろうな」というコースはしっかり捨てる。

予測するには、この「消去法」がとても大事な考え方になります。

 

■僅かなトスアップの差で、コースを読む覚悟を!

実際に上のレベルのテニスの試合になれば、ほとんど同じトスアップからサーブのコースを打ち分けることができる選手が増えてきます。

それでも絶対に、諦めてはいけません。

必ず、コースを打ち分けるときには何かしらの特徴がある、と思って観察を怠らないようにしましょう。

コツとしては、トスアップされる場所、つまり相手サーバーの上のほうに目線を先に移動させておくこと。

そうすることで、少し右、左にずれている部分を、感覚的に捉えて断然、身体を反応させやすいのです。

ボールだけを見ていては、それがどこに上がっているのかの違いを把握するのが難しい。

裏技に近いかも知れませんが、ぜひ一度、アナタの試合の中で試してみて下さい。

 

トスアップからサーブのコースを予測できるようになると、思い切ったリターンからの踏込みやアプローチ、リターンダッシュなどの戦術が実践できるようになります。

大事なのは、「良いサーブ」に対してこそ、よりこの前に攻撃的にいく姿勢が大切だということ。

「良いサーブだな・・・これはブレイク厳しいな・・・」と思っているだけでは、受け身だけになってしまい試合には勝てません。

テニスは、必ず何かしらその人の特徴が出るスポーツ。

楽しみながら、トスアップも観察していく癖を付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

    セカンドサーブが入らずに、気が付けば0-30、0-40・・・。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

  3. サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

    試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?原因は色々考えら…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう

    試合が怖い、サーブが打ちたくない・・・。ダブルフォルトの恐怖は…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!

    スピンサーブの回転量は、そのままサービスキープの安定感に直結する。…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に
  2. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
  5. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命
PAGE TOP