テニス スポーツ

その他

他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる

4月はスタートの季節。

テニスを始められる方も多いと思いますが、そのほとんどは、「前は少し他のスポーツを経験していました」という方だと思います。

その経験、断言できますが間違いなくテニスに活かせます。

一からのスタートであり、もしかするとアナタの経験は周りにとっても財産になるかも知れない。

ぜひ部活等でテニスを始める人は、前にやっていたスポーツの話も、周りにしてあげて下さい。

そこには新しい発見、きっとたくさんあるはずです。

 

他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる

 


 

■知らない、ということは大きな強みになる

テニスは経験が大事なスポーツだとよく言われます。

小学生、ジュニアの頃からみっちりやっている選手が、やっぱり強い・・・。

本当にそうでしょうか?

確かに試合結果では経験者が強い、という部分は否めないかと思いますが、私自身バレーボールを経験してきたことが今でもネットプレーに活きています。

そこで大事なポイントは、「知らない」ということを武器として活かすこと。

知らない、ということはマイナスなイメージにとらわれがちですが、そうじゃない。

それだけ新しい視点を持っていて、可能性があるということです。

 

■先入観とマンネリが、全てを壊していく

活気の無い部活、結果が出ない部活は、共通点がある。

それはマンネリ化と先入観に冒された世界。

「今までの先輩も、こうやってきたから」

「どうせうちの部は弱いし、やる気が無いから」

というような雰囲気が、全体に漂っている部活、日本にはテニスだけじゃなくて多い。

それを変えていくのは、いつでも新しい視点を持った血であり、人です。

 

■他競技の視点を持つと、テニスはもっと広がっていく

サッカーであれば、ディフェンスの駆け引き。

バレーボールであればブロックの技術をボレーに。

いくらでも活かせる技術が、テニスにはあります。

テニスだけやってきた人には、そういう感覚がありません。

それは、他のスポーツで練習して真剣勝負してきたアナタ自身が提供できる、大きな価値だという自覚を持って下さい。

新しい練習メニューのヒントは、意外と近い場所にあります。

新入生に他スポーツで何を経験してきたか、どんな練習、トレーニングをしてきたか・・・。

一度聞いてみませんか?

 

部活の楽しさって、人それぞれ。

「どんな練習したい?」と一年生に聞くよりも、「テニスの前は、どんなスポーツをやってきた?」と聞いてみる方が、答えやすい。

きっと新入生も、そんなこと聞かれたら嬉しくなるはず。

もっともっと、このチームで頑張ろうと思えるんじゃないでしょうか。

テニスの枠にとらわれていても、テニスが強くなる訳じゃない。

新しい視点で、他競技経験者の意見も積極的に取り入れていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

    32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退…

  2. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚悟しよう

    テニスの試合を勝ち抜いていけば、周りの目も変わってくる。アナタ…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は教えないのか?

    ここ数年、学生の大会を観ていて感じることがある。大事な試合、団…

  4. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切

    暑いこの時期、練習、試合と皆頑張って動きまくっていると、大量の汗をかい…

  5. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と

    赤土のコートで走り回る選手たちを観ていると、スペイン・バルセロナで練習…

  6. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

    大会で、勝ち進んでいくということ。みなさんにとって、これは目指…

特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い
  2. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について
  4. テニス 体力

    戦術

    試合前のウォーミングアップでは、「1ゲーム目、1ポイントから全開」を成功イメージ…
  5. テニス センス

    その他

    テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う
PAGE TOP