テニス 観察眼

練習メニュー

テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないその理由

テニスコート上での練習、テニスサークルやテニス部、テニススクールのクラスの皆さんを観ていると、あることに気付きます。

それは、ボールの拾い方、ボールアップの速さ。

もちろん集めるのが速いに越したことは無いのですが、遅いチームには・・・必ずこんな人が紛れています。

ボールをコロコロ転がして、集めてから拾おうとする人。

「えっ?この方法が速いんじゃないの!?」と思った方、本当にそうですか?

一度当たり前と思っていることから、見直してみるのも有りかも知れません。

 

テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないその理由

 


 

■転がすよりも、その場で拾った方が速い

答えは簡単、シンプルです。

比べてみればすぐに分かりますが、ボールを転がして集めるよりその場で拾いながら集めたほうが速い。

鋭い人、テニスについてしっかり考えている人は、そのことを本能的に理解している方が多い。

当たり前のように人がやっているからやる、というような考えでは甘い。

テニス選手としての資質は、こういった細部に現れるのです。

 

■「問題を先送りにする」ことは、テニスにとって致命的

なぜ、ボールを転がしながら集めるのが、まずいのか。

私が考えるに、それは「問題を先送りにしている」ことに他ならないから。

ボールを転がしながら、「誰かが拾ってくれるかも知れない」と、心のどこかで思ってはいませんか?

「ボール拾い、だるいな・・・」と、思ってはいませんか?

全てのメンタルは、その人の行動に現れる。

ボールを打っているときだけが、テニスでは無いのです。

 

■良いチームは、ボール拾いの時間すら作らない

ボール拾いの時間を作って集める、というのはあまり好ましいことでは無い。

テニススクールでは例外ですが、皆が同じ方向に向かって進むテニス部、強くなりたいチームでの練習では、球拾いの時間を無くしたい。

例えばラリー中、球出し練習中にボール拾い係りを順番に作れば、問題無く練習を継続出来る。

時間を有効に使う、特に部活で頑張る人はみんなでこういった工夫をしていくことで、練習を効率化できることを意識して下さい。

 

ボールを集める仕草、練習メニューの切り替えの時間など、細かい部分に神経を使う。

これこそ、しっかり勝てる強いチームと勝てないチームの差となって現れます。

もし変えていけるのであれば、明日からチームを変えていきたい。

まずはボール拾いで、ルールを作りませんか?

目についたボールはすぐに拾う、そしてボール拾い係りを作ってローテーションで回していく。

これだけでチームでの練習の効率は、だいぶ変わるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー

    シングルスの試合の突破口になる、リターンダッシュ。…

  2. テニス スポーツ
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー

    ダブルスの試合、レベルが上がってくると4人全員がネットに出る、4アップ…

  4. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

    練習の後半、試合形式でのポイント練習。私は学生時代、すごくこれ…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

特集記事

  1. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング
  3. メンタル

    挑戦や失敗を、楽しめるスタンスが大事
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一…
  5. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう…
PAGE TOP