テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココを変えていこう!

シングルスの戦いは、長く険しい、孤独な戦いです。

中でも1ポイントのラリーは10往復、20往復、という感じで長くなっていくことも多いでしょう。

そのポイント、同じ1ポイントでも落とすとすごく気持ちが凹んでしまう。

その次のポイント、あっさり自分のミスで相手に与えてしまう・・・。

試合の流れが大きく動いて離されていくのは、こんなパターンが多いと思います。

 

シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココを変えていこう!

 


 

■長かったポイントは、獲れるに越したことはないけど・・・

ラリーが長く続いてくると、「絶対にこのポイント、獲りたい!」と思いますよね。

感情もこもってきて、相手も同じだから「つなぎ合い」のようなラリーになる。

そうなると・・・そのポイントを落としたときのショックも大きい。

ですがここは切り替えて、「長いラリーが出来て、情報が集まった、相手に意識付けが出来た」という考えを持ちましょう。

さっきのラリーで、相手は自分にどういう印象を持っただろう?

それを活かして、次のポイントにつなげることが大事なのです。

 

■長いラリーになっても、感情的にならない

シングルスの試合で、長いラリーになると感情的に不安定になる人がいます。

どんどん守備的になったり、逆にどこかで「バーン!」と無理なショットで自滅したり。

普段の練習から、長いラリーが自然に出来ていないと、試合で実践できる訳がありません。

強い選手ほど、長いラリーを平常心で行っている。

この強さこそ、自信になる。

試合で勝つには、必ず長いラリーでのポイントを獲ったり獲られたり、というのが多く発生するのです。

 

■練習の延長線上に試合がありますか?

さて、普段の練習でアナタはどうでしょうか?

しっかりラリー練習、ラリー回数を重ねられていますか?

もちろんチャンスをつないでばかりいる必要はありませんが、学生の皆さんの練習を見ていると、まずラリー自体が続いていない。

ボールがたくさんコート上に落ちていて、「続かない、ミスが多い」ことに対して全く危機感が無い。

これで試合に通用するような練習、出来る訳が有りません。

まずは普段の練習から、しっかり見直してみる必要があると思います。

 

長いラリーに慣れている人は、失ってもまた次、長いラリーに持ち込む覚悟が出来ている。

覚悟が無い、自信が無い選手は、「もう長いポイントは嫌だ・・・」と考えて、逃げて自滅する。

シングルスの試合では、これがより顕著にテニスに現れます。

苦しいですが長いラリー、ポイントに強くなりましょう。

それがテニスの試合で勝つ上で、必要なのですから。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

  2. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

    サーブ&ボレー。って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます
  2. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスのラリーの中で重要な、「打った後にポジショニングを戻す」という基本は見落と…
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる
  5. シングルス

    「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ
PAGE TOP