テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココを変えていこう!

シングルスの戦いは、長く険しい、孤独な戦いです。

中でも1ポイントのラリーは10往復、20往復、という感じで長くなっていくことも多いでしょう。

そのポイント、同じ1ポイントでも落とすとすごく気持ちが凹んでしまう。

その次のポイント、あっさり自分のミスで相手に与えてしまう・・・。

試合の流れが大きく動いて離されていくのは、こんなパターンが多いと思います。

 

シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココを変えていこう!

 


 

■長かったポイントは、獲れるに越したことはないけど・・・

ラリーが長く続いてくると、「絶対にこのポイント、獲りたい!」と思いますよね。

感情もこもってきて、相手も同じだから「つなぎ合い」のようなラリーになる。

そうなると・・・そのポイントを落としたときのショックも大きい。

ですがここは切り替えて、「長いラリーが出来て、情報が集まった、相手に意識付けが出来た」という考えを持ちましょう。

さっきのラリーで、相手は自分にどういう印象を持っただろう?

それを活かして、次のポイントにつなげることが大事なのです。

 

■長いラリーになっても、感情的にならない

シングルスの試合で、長いラリーになると感情的に不安定になる人がいます。

どんどん守備的になったり、逆にどこかで「バーン!」と無理なショットで自滅したり。

普段の練習から、長いラリーが自然に出来ていないと、試合で実践できる訳がありません。

強い選手ほど、長いラリーを平常心で行っている。

この強さこそ、自信になる。

試合で勝つには、必ず長いラリーでのポイントを獲ったり獲られたり、というのが多く発生するのです。

 

■練習の延長線上に試合がありますか?

さて、普段の練習でアナタはどうでしょうか?

しっかりラリー練習、ラリー回数を重ねられていますか?

もちろんチャンスをつないでばかりいる必要はありませんが、学生の皆さんの練習を見ていると、まずラリー自体が続いていない。

ボールがたくさんコート上に落ちていて、「続かない、ミスが多い」ことに対して全く危機感が無い。

これで試合に通用するような練習、出来る訳が有りません。

まずは普段の練習から、しっかり見直してみる必要があると思います。

 

長いラリーに慣れている人は、失ってもまた次、長いラリーに持ち込む覚悟が出来ている。

覚悟が無い、自信が無い選手は、「もう長いポイントは嫌だ・・・」と考えて、逃げて自滅する。

シングルスの試合では、これがより顕著にテニスに現れます。

苦しいですが長いラリー、ポイントに強くなりましょう。

それがテニスの試合で勝つ上で、必要なのですから。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合で必要な「クロスラリーでしっかり間を作る」為に必要な意識とは?

    今年はシングルスを頑張りたい!と思っている皆さん、全力で応援します。…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

    シングルスの試合、相手にネットに出られると・・・みなさん、どうでしょう…

特集記事

  1. テニス テイクバック

    ストローク

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えて…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?
PAGE TOP