テニス ボレー

ダブルス

ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

ベテランプレイヤーでダブルスが得意な選手、社会人の方で本当に多い。

ネットプレーでは、しぶとくつないで相手のミスを誘いつつ、チャンスボールは確実に仕留める。

そんな相手と対戦するときには、どんな準備が必要でしょうか?

具体的な作戦を持っていないと、迷いながら試合をして結果負けてしまう。

そうならない為にも、ぜひ学生や若い皆さんに覚えておいて欲しい戦術が一つ。

ゆっくりしたショットで沈めて前に出る、これだけです!

 

ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

 


 

1.粘るネットプレイヤーは、ポジショニングが上手い

安定感のあるネットプレイヤーは、まずポジショニングが非常に上手い。

並行陣でも、後衛がサービスラインの1歩前くらいで、後ろのスペースもカバー出来る。

ネットから少し距離があるので、余裕を持ってボレーで繋いで前衛を活かしたダブルスを仕掛けてくるので、本当に厄介です。

ここで意識したいのは・・・アナタ自身、「ストロークにこだわらない」ということ。

最終的には、前で勝負する覚悟が欲しいところです。

 

2.相手の足元に、遅いボールで沈めてから前にいく

ボレー対ストローク、の形でストローク側が強引になっても良いことは無い。

だったら相手のポジションをよくみて、遅いボールで足元に打てると相手は攻撃出来ない。

しかも遅いボールは、アナタに時間を与えてくれる。

その時間を利用して、打ったと同時にボレーに持ち込んでボレー勝負、が理想的な形です。

低い位置で相手にボレーさせている限りは、前に動いて最初のボレー、アナタが主導権を握ることが出来るはずです。

 

3.沈めるボールで相手の意識を足元に向けさせたら・・・

相手の意識を足元に集中させたら・・・もう、お分かりですね。

ロブが非常に有効になります。

出来ればアナタ自身、同じ構えから沈めるボールとロブと、打てるようになっておきたい。

しぶとく粘るネットプレイヤーに対しては、複数の選択肢を見せることで「迷い」を生じさせていかなければ、相手の術中にはまります。

 

スピンも効果的ですが、この作戦を実行に移すにはやはりスライスショットが欲しい。

ストローク対ストロークでは伸びのあるスライスを打てる選手も、ネットプレイヤーの足元に沈めるスライスは、意外と打てなかったりします。

コツは、縦方向へのスィングでフォロースルーを短くすること。

ドロップショットに近い感覚で、ぜひネットプレイヤーに対しても足元へ、遅いボールで攻撃してみてください。

これが打てるようになると、相手が前に来ても全然怖くない。

どんどんボレー勝負に持ち込んで、並行陣を崩していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

    試合で強いダブルスペア、それって技術的な部分だけじゃない。本当…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  3. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

    試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。これ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?

    「前衛は、ポーチに出ないといけない!」と、焦ってしまう。確かに…

  5. ダブルス

    勝てない男子ダブルスは、何かに固執し過ぎ

    試合をしている、当の本人にはなかなか分からないこと。でも、周…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

    私は高校時代、ダブルスで勝てない時にはペアとこんな感じでした。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「またお前が相手かよ・・・」と、同じ対戦相手との試合は繰り返される
  2. テニス ポジショニング

    ダブルス

    試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ
  3. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニ…
  5. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ
PAGE TOP