テニス ボレー

ダブルス

ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけられないと並行陣相手に辛い

レベルが上がれば上がるほど、サービスゲームのキープ率は上がります。

特にダブルスの試合では並行陣も増え、そのファーストボレーからの展開には絶対の自信を持つ選手も多い。

であれば、まずそのボレーの部分をしっかり塞いでいきたいところ。

今回は、並行陣相手で必要な、ファーストボレーへの前衛からのプレッシャーについて考えてみます。

 

ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけられないと並行陣相手に辛い

 


 

■ファーストボレーを気持ち良く打たせてはダメ

相手のサーバーに、ファーストボレーをしっかり踏み込んで打たれるとストローク側は厳しい。

低く滑るスライスを攻撃していくのは、かなりのリスクが伴います。

必要なのは、リターン側の前衛のプレッシャーです。

リターンをしっかり沈められるときには、ネット近くに動いてサーバーの視界に入り、ファーストボレーをポーチにいきましょう。

 

■ネットにしっかり近づいてプレッシャーをかけることが大切!

よくリターン側の前衛は、サービスライン付近に立ちっぱなしで、何の仕事もしていない人が多い。

良いリターンがせっかくサーバーの足元に沈んでも、それをジッと横目で見送っているだけでは、ダブルスの意味がありません。

ネット近くに動いていくことで、触れる範囲が広くなり自分もラリーに参加できるのです。

でも、ストレートに打たれたら・・・」と考える前に、まずはしっかり自分の側にボールを打ってもらう、気にかけてもらうことからがスタート。

相手の意識を散らすことで、ファーストボレーの威力を削いでいくことが目的なのです。

 

■リターンは遅いボールが打てると、前衛の動きを引き出しやすい

速いリターンは、味方の前衛にとっては動き辛いかも知れません。

それよりも遅い、回転量のあるボールのほうが、ネットに詰める時間もあるし、動きやすい。

沈んでさえいれば、ファーストボレーは必ず上に打つ動作になりますから、ネットに詰めることでしっかり攻撃できます。

ぜひディンクショットやスライスショットを練習して、前衛の動きを引き出せるリターナーになって下さい。

 

足元に良いショットを打っても、ベテランの女性プレイヤー等試合を多くこなしている方は、それに慣れています。

味方の良いショットをポイントに結び付けられるかどうかは、前衛のポジショニングと動き次第。

良いボールだけでは、ダブルスの試合に勝てません。

後衛に活躍させてもらえる前衛、まずはファーストボレーを仕留めるのが上手い選手を、一緒に目指してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

    ダブルスの試合、で特に大事な考え方。それは、相手に自分たちの得…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

    ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?

    ダブルスの試合で、相手の並行陣をどう崩していくのか。これは、上…

  4. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう

    ダブルスの試合、上級者の方であればぜひ、意識して欲しいポイント。…

  6. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

特集記事

  1. 日々の雑記

    アドバイスは魚、釣り方を覚えないと
  2. テニス ミス

    スマッシュ

    スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!
  3. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと
  4. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います…
  5. テニス 練習

    ストローク

    力んでネットミスのストローク、を減らす6つの方法
PAGE TOP