テニス ボレー

ダブルス

ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけられないと並行陣相手に辛い

レベルが上がれば上がるほど、サービスゲームのキープ率は上がります。

特にダブルスの試合では並行陣も増え、そのファーストボレーからの展開には絶対の自信を持つ選手も多い。

であれば、まずそのボレーの部分をしっかり塞いでいきたいところ。

今回は、並行陣相手で必要な、ファーストボレーへの前衛からのプレッシャーについて考えてみます。

 

ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけられないと並行陣相手に辛い

 

■ファーストボレーを気持ち良く打たせてはダメ

相手のサーバーに、ファーストボレーをしっかり踏み込んで打たれるとストローク側は厳しい。

低く滑るスライスを攻撃していくのは、かなりのリスクが伴います。

必要なのは、リターン側の前衛のプレッシャーです。

リターンをしっかり沈められるときには、ネット近くに動いてサーバーの視界に入り、ファーストボレーをポーチにいきましょう。

 

■ネットにしっかり近づいてプレッシャーをかけることが大切!

よくリターン側の前衛は、サービスライン付近に立ちっぱなしで、何の仕事もしていない人が多い。

良いリターンがせっかくサーバーの足元に沈んでも、それをジッと横目で見送っているだけでは、ダブルスの意味がありません。

ネット近くに動いていくことで、触れる範囲が広くなり自分もラリーに参加できるのです。

でも、ストレートに打たれたら・・・」と考える前に、まずはしっかり自分の側にボールを打ってもらう、気にかけてもらうことからがスタート。

相手の意識を散らすことで、ファーストボレーの威力を削いでいくことが目的なのです。

 

■リターンは遅いボールが打てると、前衛の動きを引き出しやすい

速いリターンは、味方の前衛にとっては動き辛いかも知れません。

それよりも遅い、回転量のあるボールのほうが、ネットに詰める時間もあるし、動きやすい。

沈んでさえいれば、ファーストボレーは必ず上に打つ動作になりますから、ネットに詰めることでしっかり攻撃できます。

ぜひディンクショットやスライスショットを練習して、前衛の動きを引き出せるリターナーになって下さい。

 

足元に良いショットを打っても、ベテランの女性プレイヤー等試合を多くこなしている方は、それに慣れています。

味方の良いショットをポイントに結び付けられるかどうかは、前衛のポジショニングと動き次第。

良いボールだけでは、ダブルスの試合に勝てません。

後衛に活躍させてもらえる前衛、まずはファーストボレーを仕留めるのが上手い選手を、一緒に目指してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、アナタ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアの…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう

    ミックスダブルスの試合、序盤で考えるべきことは?私は、まず「男…

  5. テニス 前衛

    ダブルス

    粋なプレーが出来る前衛は、「ファインプレーをファインプレーに見せない」から後衛に信頼される

    ダブルスが上手い人は、組んでいて何だか楽しい。頼もしいし、自分…

  6. テニス 前衛

    ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?

    ダブルスの試合で、前衛が活躍する場面。それは、サーブの後のポー…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球する…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」から…
  3. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」がまだまだ高い
  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた…
PAGE TOP