テニス ストローク

メンタル

「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

深いストロークでオンライン、のボールを・・・つい、「アウト」の期待で待ってしまう。

そんなときには、良いショットで返球できる訳がありません。

セルフジャッジだからこそ、つい期待してしまいがちなシチュエーションですが、ちょっとした工夫でこういった癖は直せます。

そして直ったときに、アナタのメンタルは確実に鍛えられているでしょう。

 

「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

 


 

1.正しいセルフジャッジ、勘違いしていませんか?

ラインジャッジがしっかり付いている試合とセルフジャッジ。

両試合ともに、基本的な考え方は同じです。

つまりは、しっかりボールがコートに落ちたことを確認してから、「アウト」のコールを行う。

当たり前じゃないかと思うかも知れませんが、セルフジャッジではどこか「ボールが空中にある」うちから、ジャッジしてしまう選手が多い。

トップスピンでグッと落ちてコートに入る軌道も、つい期待を込めてボールを見つめてしまう・・・人、いますよね。

 

2.全てのボールを追い、打ち返していく、その後でコールする

しっかり相手のボールに追いついて、返球した上でアウトのコールを出来れば、それは正しいセルフジャッジです。

そして相手も気持ち良く、そのアウトを受け入れることが出来るでしょう。

精神的にも、プレッシャーになります。

「アウトでもしっかり追いついているし、返してくるのか・・・もっと厳しく攻めないと・・・」と、無言のメッセージで相手を追い込んでいく。

実際強い相手と試合したとき、アナタ自身そんな経験無いですか?

 

3.普段の練習から、ボールを追いかけてジャッジする習慣をチームで養おう

テニススクールでも、部活の練習でも、雰囲気の良いチームには共通点があります。

まずは全体で、しっかりボールを追えている。

浅いボールはノットアップさせない、ボレーの当たり損ないでも、ストローカーがしっかり追いかけているチームは強い。

確実にアウトであろうロブも、落下点までしっかり追いかけている選手は強い、相手にとっても脅威なのです。

こういった練習の1コマ1コマが、試合では如実に現れる。

改めて、普段の意識から見直してみてはどうでしょうか。

 

大抵、ジャッジで揉めるのはこんなことが原因です。

「アウト」とコールしたのに、その落下点まで選手が追いかけていない。

これははっきり言って、マナー違反であり正確なセルフジャッジを行っていないと見られても仕方無いのです。

メンタルが弱い選手は、セルフジャッジの意志が弱い、意識が希薄。

全てのボールに追い付くようにプレーすること、これだけで、アナタのメンタルは確実に鍛えられていきます!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. メンタル

    相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと

    冷静に攻撃し続けて、相手を仕留める。またはミスを誘うために、必…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする

    「最近練習、出来ていなくて・・・」「まだ今年、テニスが3回目で…

  3. メンタル

    ノンプレッシャーのテニス、面白い?

    プレッシャーも無く、伸び伸びとテニスをする。良いんです、最初…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

    学生の皆さんも、社会人の皆さんも。テニスについて考える、悩む時…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

  6. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時

    テニスに限らずだと思いますが、スポーツの世界ってこれが怖い。格…

特集記事

  1. テニス知識

    「怪我をする前に気を付けろ!」テニスの試合で勝つには疲労をコントロールすることが…
  2. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し
  3. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち…
  5. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4…
PAGE TOP