テニス ストローク

メンタル

「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

深いストロークでオンライン、のボールを・・・つい、「アウト」の期待で待ってしまう。

そんなときには、良いショットで返球できる訳がありません。

セルフジャッジだからこそ、つい期待してしまいがちなシチュエーションですが、ちょっとした工夫でこういった癖は直せます。

そして直ったときに、アナタのメンタルは確実に鍛えられているでしょう。

 

「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

 


 

1.正しいセルフジャッジ、勘違いしていませんか?

ラインジャッジがしっかり付いている試合とセルフジャッジ。

両試合ともに、基本的な考え方は同じです。

つまりは、しっかりボールがコートに落ちたことを確認してから、「アウト」のコールを行う。

当たり前じゃないかと思うかも知れませんが、セルフジャッジではどこか「ボールが空中にある」うちから、ジャッジしてしまう選手が多い。

トップスピンでグッと落ちてコートに入る軌道も、つい期待を込めてボールを見つめてしまう・・・人、いますよね。

 

2.全てのボールを追い、打ち返していく、その後でコールする

しっかり相手のボールに追いついて、返球した上でアウトのコールを出来れば、それは正しいセルフジャッジです。

そして相手も気持ち良く、そのアウトを受け入れることが出来るでしょう。

精神的にも、プレッシャーになります。

「アウトでもしっかり追いついているし、返してくるのか・・・もっと厳しく攻めないと・・・」と、無言のメッセージで相手を追い込んでいく。

実際強い相手と試合したとき、アナタ自身そんな経験無いですか?

 

3.普段の練習から、ボールを追いかけてジャッジする習慣をチームで養おう

テニススクールでも、部活の練習でも、雰囲気の良いチームには共通点があります。

まずは全体で、しっかりボールを追えている。

浅いボールはノットアップさせない、ボレーの当たり損ないでも、ストローカーがしっかり追いかけているチームは強い。

確実にアウトであろうロブも、落下点までしっかり追いかけている選手は強い、相手にとっても脅威なのです。

こういった練習の1コマ1コマが、試合では如実に現れる。

改めて、普段の意識から見直してみてはどうでしょうか。

 

大抵、ジャッジで揉めるのはこんなことが原因です。

「アウト」とコールしたのに、その落下点まで選手が追いかけていない。

これははっきり言って、マナー違反であり正確なセルフジャッジを行っていないと見られても仕方無いのです。

メンタルが弱い選手は、セルフジャッジの意志が弱い、意識が希薄。

全てのボールに追い付くようにプレーすること、これだけで、アナタのメンタルは確実に鍛えられていきます!

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていける!

    仕事に勉強に、人間関係・・・。私たちが生きていくのに、ストレス…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でリードすると、「すぐ相手のミス待ち」になってしまう選手は絶対に勝ち切れない

    スポーツって、不思議。勝っている選手が急に不安になって、身体が…

  3. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えていこう

    4月から新しいチーム、でテニスを始める方も多いはず。今回は、ち…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

    「試合に勝ちたくて練習してるけど、なかなか結果が出ない・・・」と、悩ん…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず

    テニスだけじゃない、スポーツでのあらゆる種目において、そうでしょう。…

  6. テニス 練習

    メンタル

    「ミスした後の注意点」を理解すると、テニスの試合は気持ちがすごく楽になる!

    テニスはミスが多い方が負け。いつもそう言っているけど、かと言っ…

特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの「ウォーミングアップだけ」じゃもったいない!ショートラリーを活用した練習…
  2. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみ…
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、…
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです
PAGE TOP