テニス 部活

その他

「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに便利な神グッズ5つ

練習や大会で、どうしても雨でテニスができない・・・ということ、多々ありますよね。

「もうすぐ止むかも!」となってきたときには、しっかり水はけの準備をしたいところ。

そこで部室に準備しておきたい、使える神グッズをいくつか紹介しておきます。

コートサーフェスによっては使用が難しい場合もありますが、ぜひ準備しておいてみて下さい!

 

「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに便利な神グッズ5つ

 


 

1.バケツ

バケツはあらゆる場面で有効です。

あるだけで、水を有効に移動できるので、この後紹介するアイテムとの相性も抜群です。

小さくて持ち運べるサイズをいくつか用意しておくと、とても便利です。

 

2.古新聞

一度使ったら捨てることになりますが、新聞紙は水を吸って捨てるのにとても有効です。

拡げてかなりの面積をカバーできますし、広いテニスコートには何枚あっても困ることはありません。

素早く、広いコートの水はけを行うには、新聞紙を使うことがとても有効です。

 

3.古いぞうきん・タオル

これが一番お勧めです。

絞ってバケツに入れる、またコート上に浸す・・・を繰り返すと、少人数でもかなり効率的に作業できます。

審判台やベンチも素早く拭くことができますし、なるべく多くのぞうきん類を用意しておくようにしておいて下さい。

部活であれば、1人年に1回は2枚程度準備して納品する、そんな習慣を部内で作っても良いと思います。

 

4.水はけブラシ

ハードコートであれば、多少高くつきますが水はけ用のブラシは必要です。

オムニコートでも少しは効果がありますので、用意しておくと良いでしょう。

用意するのが難しければ、思い切ってDIYで作ってみるのも面白いかも知れません。

棒と板、ゴム素材をホームセンターで用意して、良い機会ですのでチームみんなでトライしてみましょう。

 

5.テニスをしたい、させてあげたいという意志

どんなに良い器具を使って水はけをしようにも、これが無ければ何も始まりません。

テニスが出来ることへの感謝、大会であれば何としても実施したいという意志が大切なのは言うまでもありません。

部活の練習は、厳しいしたまにはやりたくない時もある。

でもそんなときに自分をプッシュできるかどうか、率先して水はけが出来るかどうか、それがテニスを強くなれるかどうかの境目です。

 

私自身、過去に部活に向かう中で「もっと雨降って、テニス中止にならないかな・・・」と考えていたこともありました。

大抵、そんな時期はテニスも強くなれていない、迷いが生じている。

そんな弱い自分に対して、雨の日の練習に対して自分自身どこまで準備できているのか。

試合中のメンタルの強さは、日々の準備から。

今一度、雨の日の準備をチーム単位で見直してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス 睡眠

    その他

    「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法

    テニス選手であれば、連日連戦・・・なんてこともある。疲労回復が…

  2. テニス 名著

    その他

    説得力があると感じてもらえるなら、それは私がリスクを負ってているから

    みなさんの周りにも、「この人は、説得力あるな・・・」という人、いますよ…

  3. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣

    テニススクールでテニスを習い始めても、ある程度ラリーができるようになれ…

  4. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう

    テニス、卓球、バレーボール、バドミントン・・・。これらのスポー…

  5. テニス メンタル

    その他

    インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた

    毎日、暑い日が続きますね・・・。本当にみなさん、身体の健康が第…

  6. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ

    今年もインターハイ、全日本ジュニアが終わり、ジュニア選手はこれでひと段…

特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しまし…
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い
  3. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事のネタは、いつもどこから?」のご質問について
PAGE TOP