テニス ダブルス

ボレー

トップスピンロブを先読みする!「相手のラケットヘッドダウンのタイミング」をチェックしてみましょう

上級レベルの戦いになれば、欠かせない技術トップスピンロブ。

これがあるからこそ、相手のネットプレーを後ろに下げさせることができ、コートを広く使うことができる。

ネットプレーを得意にする選手としては、何としても攻略したい。

そこで今回は、相手が打つラケットダウンのタイミングに着目してみましょう。

なぜなら、ココに最も、トップスピンロブを打つときの特徴が現れやすいのです。

 

トップスピンロブを先読みする!「相手のラケットヘッドダウンのタイミング」をチェックしてみましょう

 


 

■ロブの雰囲気を感じる、予測できないと、良いネットプレーヤーにはなれない

ネットプレイヤーに、予測力は不可欠です。

それはデータに基づくものであり、さらには言葉にできない「雰囲気」を察する力でもあります。

ロブが来るとき、アナタは「やっぱり!」と思える機会がどれくらいありますか?

そのちょっとした気付きが大きな一歩になり、守備範囲を拡げてくれます。

 

■トップスピンロブは概ね、ヘッドが落ちるのが早い人が多い

トップスピンロブが最も特徴として現れるのは、打つ前のラケットダウン。

ほとんどの人は、通常のストロークよりも速くダウンする傾向にあります。

しっかり上に上げたい意識があれば、当然ラケットを速くボールの下に入れたいという心理が働く。

この隙を見逃さない手はありません。

しっかりクロスステップで下がる準備を、0.3秒速く始めましょう。

 

■一歩目の予測で、後ろの守備範囲は格段に拡がる

予測と1歩目で、守備範囲は大きく変わります。

「良いトップスピンロブを上げられたら、仕方ないよ」と諦めていては、アナタの成長はありません。

確かに、最高のロブは返球が難しい。

しかしそんなトップスピンロブは、何本も続きませんのでご安心を。

アナタがやるべきは、コート内側50cmのボールをしっかりとスマッシュ、ハイボレーで対応することです。

 

相手の癖を見抜くことは、アナタの実力の一部です。

「自分のテニスができれば良い!」と思っている人は、まだまだ三流。

それは言いかえれば勝てなくても良い、というテニス。

卒業して、分析力を身に付けましょう。

きっと新しい世界が見えてくるはずです!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの基本

    ボレーする時に「足をもっと動かせよ!!」と怒られている人いない…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレーでは相手の「緩急」に気を付けないといけない

    ネットプレーで大事なポイント、皆さんどの辺りでしょう?速いボー…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

    今回は、ちょっとした裏技を。ダブルスの試合で、ポーチボレーが決…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!

    試合の緊張した場面、ここぞというポイント。そんな場面でこそネッ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について
  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底…
  3. 戦術

    セオリーだけでは、脅威に成り得ない
  4. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない
  5. ボレー

    ボレーの感覚が、どうしても掴めない方へ
PAGE TOP