その他

今年一年を、振り返ってみて

まだ12月26日、木曜日。

少し早いですが、私自身T-PRESSとしての一年間を、振り返ってみたいと思います。

まず、感じること。

それは、この先どんなことがあっても、2019年という年は、私自身にとって忘れられない一年になりました。

多くの出会い、そしてYouTubeを通じてのたくさんの発見や、新しい価値を実感出来たこと。

このブログを始めたのが、2015年。

改めて、地道に活動してきて良かったな…と。

そしてこれからも、読者のみなさんに恥ずかしくないうような記事、動画、テニスを通じた価値を提供出来るように、精進しないといけないなと。

しみじみと、そう考えています。

佐藤プロ、土居コーチとの出会い

何も無いところからのスタート

でした、実際には。

私自身も、全くの動画は素人。

そして、佐藤プロも現場のレッスンが中心で、そこまで時間も無い中で多くの企画でご協力頂きました。

ただ、一つ良かったと思えるのが、お互いにチャレンジ精神があったこと。

そして、佐藤プロ自身もつい先日まで現役選手だったという点が、動画の中で「実戦的で試合に使える価値を、提供したい」というT-PRESSのコンセプトにマッチしたからこそ、良い流れで続けて来れたんだと思います。

もちろん、撮影や編集のクオリティはまだまだですが、何より継続出来たことに価値がある、と私は感じています。

驚いた、土居コーチの分析力

まぁ、正直私はここには自信があったんです。

でも、なかなか自分と同じような感覚というか、客観的にテニスを捉えることが出来る方は少ないな…という印象だったんですが。

土居コーチは、会ってお話する中で本当に凄い、惹かれました。

テニスをここまで客観的に分析出来て、自分の言葉に出来る人って、そうはいない。

佐藤プロに紹介して頂いて、テニスをして話してみて…もうこれは、絶対に離したくないと思いましたね(笑)

来年は、よりその考え方を可視化して、価値に変えていけるように企画出来ればと思ってますので、お楽しみに!

何より、感謝したいのは…

そう、読者であり、視聴者のみなさんです。

私自身の活動は、出来るだけ参加者の方の経済的な負担を減らしたい。

挑戦企画は無料、学生大会は1,000円、これでやり切ることに決めてましたから。

もちろん、そのスタンスは来年も継続していきます。

なぜ、これが出来るかと言えば、それは読者のみなさんが記事を読んで下さり、動画を視聴頂くことで、広告収入が得られるから、です。

ですから、みなさんがテニスに取り組み、T-PRESSのサイトや動画に触れて頂かなければ、そもそもこの活動自体が成り立たないんです。

本当に、視聴者のみなさんには感謝しかありません。

企画を通じて、多くの方にお会いすることが出来た2019年でしたが、本当にもう、素敵な方ばかりで涙が出るくらい嬉しかったです。

恐らく、YouTubeの動画でもその魅力は、伝わってるんじゃないでしょうか。

でも、まだまだこれは序章でしかありません。

T-PRESSのスタンスは、変わりません

全ては、試合に勝ちたい視聴者のみなさんと共に

私自身も、成長していきたいと考えています。

もっともっと、私自身も試合にチャレンジしていく、その姿勢をYouTubeでも公開していきます。

何より、熱量のあるみなさんに負けたくない、負けてしまうとT-PRESSはどんどんつまらないものになっていきますからね。

他のサイト、チャンネルと、どこが違うのか。

それは、常に「視聴者参加型」であるということです。

動画に出ること、実はそれが実力アップになる

これ、私は実感しています。

YouTubeの動画に出るって、やはり抵抗あるじゃないですか。

私もそうでした、でも…出てみると、何だかこう、背筋が伸びる。

世の中に自分のテニスの映像が出る、大した視聴回数じゃないですけど、人に観られるって重要な要素なんです。

そこでまた、新たなモチベーションも生まれますしね。

陰に隠れて、傷つかないように上手くなる…ことは、テニスでは難しいですよ。

だからこそ、良いチャンスだと思ってぜひT-PRESSを活用して頂きたいと、本気で想っています。

まぁ、私が視聴者のみなさんにお会いしたいから、何ですけどね。

という訳で、来年は…

もっともっと、一緒に楽しい世界を作りましょう。

T-PRESSを読んで良かった、観て良かった、絡んで良かったと、思って頂ける為に。

年末年始は、地元の広島で充電させて頂きます。

それでも、今からたくさんの企画を仕込んでいるので、楽しみで仕方ないです。

テニスは、何より試合が面白いし、勝ちたいという人の力になりたい。

その想いを忘れず、これからも頑張りますので宜しくお願いします。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス コントロール

    その他

    テニスの試合で、「作戦は相手に知られてOK!」むしろ後半は、それを逆手に取っていくのが常套手段です

    スポーツにおいて、「自分の作戦はなるべく相手に悟られないように・・・」…

  2. テニス 雪

    その他

    「雨、じゃなくて雪も降り出す…」ときのテニスの試合における注意点4つ

    寒くなるこれからの季節、テニスの試合はますます厳しいものになってきます…

  3. テニス メンタル

    その他

    「2015年 インターハイ テニス団体戦」を観て感じた、団体戦に強いチームの特徴5つ

    本日、男子団体が西宮甲英、女子団体は相生学院高校の優勝で幕を閉じた、イ…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!

    以前にお会いした方に、こんなことを言われました。「テニスの団体…

  5. その他

    「疲れが残り始めた、あの頃・・・」トレーニングを継続させる為にテニス選手に必要な意識

    高校生の頃、下手だったけどそれなりに一生懸命練習していた。特に…

  6. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?

    夏も後半に入り、新チームでもある程度態勢が整ってきた部活が多いと思いま…

コメント

  1. T-pressさんの記事や動画は、リアルで実践的な内容が多く、素直に吸収したいなぁといつも感じています。
    来年も記事や動画は勿論、企画等も楽しみにしております!

    応援しています(^^)

      • tomita
      • 2020年 1月 06日

      ありがとう御座います!
      いつも読んで頂いていて、嬉しいです。
      よりみなさんに良い情報をお届け出来るよう、私自身レベルアップしていかないといけないですね。
      2020年も、頑張ります!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、「ストロークはラケットを振り切るから回転がかかる」ということを…
  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
  3. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方
  4. 戦術

    ある程度のレベルまでは、前衛が動いただけで慌ててくれる
  5. テニス スポーツ

    練習メニュー

    自分のテニスを成長させたければ、「今日のナイスショット」を「来月は普通のショット…
PAGE TOP