テニス

ボレー

「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考える

「ボレーで足元にボールが来た時、ノーバウンドかハーフボレー、どっちの方が良いんだろう?」

以前いたテニススクールの会社の研修でそんなテーマが出たことがあり、その時は2時間くらい熱い議論が交わされた記憶がある。

その2時間の議論の中で、俺は「返球出来ればどちらでも良いのに」ってちょっと冷めて聞いていたんだけど、今そのテーマで話をする場合、もうちょっと付け加えて話をしたくなる。

基本的には「返球出来ればどっちでも良い」というスタンスなんだけど、この返球出来る確率を上げる為には、まずはノーバウンドで処理するボールとハーフボレーで処理するボールのボーダーラインが、ちゃんと作られてないといけない。

同じ足元のボールでもバウンドする場所によって打ち分けをしないといけないからね。

 

「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考える

 

そもそもノーバウンド処理とハーフボレー処理と、技術的にも戦術的にも有効なのはどっちかと言うとノーバウンド処理だ。
相手ショットの威力を利用しやすいし、タッチも分かりやすい。

タイミングもバウンドさせない分、前で取れるからちょっと早いタイミングで返球出来るしね。

なので、ノーバウンドとハーフボレーとどちらも選べるような微妙なボールが飛んで来た場合は出来るだけノーバウンドを選んでもらいたい。

で、ノーバウンドで取れないくらい前にボールが落ちた時には、ハーフボレーの選択をする・・・という考え方がまずベースにあって欲しい。

となると、ノーバウンドかハーフボレーかの判断力を養う為には、その前に相手が打った瞬間、そのボールのバウンドがどの辺りになるのかというバウンド地点を見極める力も必要ってことだね。

 

基本的にはノーバウンド処理の方が有効ではあるんだけど、何でもかんでもノーバウンドって訳でもない

例えばとっさにネット際へドロップボレーを落としたい時には、わざとノーバウンド処理出来るボレーをハーフボレーに切り替える
こともある。

足元ノーバウンドのボールをドロップボレーするよりも、ハーフボレーの方が明らかにボールの勢いを殺しやすいからね。

となると、ボレーにいる時はノーバウンドで処理するための前の打点と、あえてハーフボレーにして殺す為の後ろの打点、二つ用意されていることが必要になるってことだね

でも打点を前後に2種類用意することって、ローボレーに限らず他のボレーでも必要なんだよ。

例えば打点を前で取ればクロスにボレーしやすいし、ちょっと遅らせれば逆クロスに流しやすいし、いつも取っている打点よりも急に大きく前へ打点を変更すると、タイミングが超早いポーチ系のボレーになる・・・といった感じ。

打点を複数前後間の中で用意しておいて、とっさに使い分けるという技術は戦術面でも必須アイテムなんだよ。

ということで「足元にボレーが来たらノーバウンドかハーフボレーか」という話になったら、俺はこう答えるね。

 

「選べるなら基本的にノーバウンドでボレー。でもハーフボレーという選択肢も常に持っておくこと。」

それをするためにはバウンド地点の判断力、状況を読める力、各ボレーの特徴の把握、打点を複数用意しているかが重要になる。

特に足元のボレー処理の苦手な人って、共通しているのが「ノーバウンドで処理する方がお得」って考えを持っていないこと。

迷った挙げ句に落としてハーフボレー・・・ってパターンが多いんだけど、そうなると打点が詰まってネット超えなかったり、超えてもフワッと浮き過ぎで相手ボレーに叩かれたりするのをよく見掛ける。

たくさん練習しなきゃいけないのは当たり前だけど、ノーバウンドとハーフボレーの特徴の違いと優先順位をちゃんと把握して、臨むことが大事なんだよ。

サービスダッシュやレシーブダッシュの時に避けて通れないこの課題、しっかり頑張ってね!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ボレーがどうしても安定しない!」という人が身に付けるべき試合で使えるボレーのコツ4つ

    テニスを初めてまず最初に習うのがストローク、そして次にボレーという感じ…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    試合で使えるネットプレーは、「ボレーの準備、ラケットセット自分の視界からラケットが消えない」のが大前…

    ボレーの基本は「ラケットを振らない」と、教えられた方も多いと思います。…

  4. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

    ネットプレーが苦手な人。この機会に、フットワークから変えていき…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

    ボレーの打ち方が綺麗な人って、特にバックボレーが乱れない。安定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう
  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー
  3. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    相手の当たり損ない、を追いかけられる選手に
  5. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れる選手は、サービスゲームも楽に進められる
PAGE TOP