戦術

かわすだけ、では試合で勝てない

みなさんも試合の中で、上手く相手を「かわす」という機会は多いと思います。

ダブルスの試合でも、私はすごく多いです。

向かって来る相手を、いなす、かわす。

でも、それだけだとなかなか勝てる試合が増えていかない。

もしみなさんが今、「かわすテニス」が出来ているなら、必要なものは何か。

それは、あるポイントではしっかり打っていく、相手に向かっていくようなショットを打つこと、だと思います。

逃げる気持ちは、相手を乗せる

かわしている、本当にそう?

実は、試合の中で逃げているように見えてしまう。

気持ちが、どこかで相手に「触って欲しくない…」と思って、かわすショットを打ってしまう。

こういう時って、試合でありませんか?

試合の後、になって気付くことも多いかと思います。

かわしているようで、実は気持ちが逃げてしまっている。

これは特に、ロブのようなショットで顕著に現れるでしょう。

なぜ、相手にバレやすいのか

「かわそう」という意識が生まれるのは、どこかで「まともにやり合ったら、厳しい」と感じているから。

もちろん、まともに打ち合って厳しい相手は、上手く交わしていかないといけない。

でも気持ちが逃げた状態だと、相手にバレやすいんですよね。

身体が硬直して、ラケット面を先に作ってしまいがちですから。

強い相手は、そういうアナタの一瞬の隙を見逃さない。

かわそうという姿勢だけだと、相手にバレやすいし山を張られやすい。

まず、ここに気付くことが大事です。

向かって来る相手は、基本は嫌

嫌ですよね、どんなレベルでも。

アナタが試合で格下の相手と戦うのとしても、かわしてくる方が楽なはずです。

「自分を怖がっているな」と感じたら、自信も生まれる。

こういう自信を、相手に植え付けてしまうとテニスの試合では厳しい。

相手を乗せてしまっては、勝ち目は無くなります。

アナタ自身の逃げようとする気持ち、かわすだけのテニスは、もう相手にバレてますよ。

どこかで変化を付ける意味でも、緩急は必要です。

強いショットより、タイミングを早く

相手の意表を突く

私は試合の中で、「かわし過ぎてるな」と感じたらなるべく前に出ます。

ネットに出る、そしてストロークもタイミングを早く取ってライジングショットに変えていく。

逃げようとする自分に、喝を入れるようなイメージですね。

強いショットを打とうと力むよりも、タイミングを早くすることを意識します。

そうすると、また「かわすようなショット」も威力を発揮しますからね。

緩急を自分で、ハッキリと付けることでメンタルも改善されます。

一番分かりやすいのは、リターン

これが、一番分かりやすいです。

かわそうとしているのか、それともタイミングを早く取って攻めようとしているのか。

相手のサーブが良いと、つい逃げたくなるような気持ちになるじゃないですか。

バック側に入ったサーブは、全部ロブ?

それだと、もうその時点で負けてます。

かわすショットを使いたいなら、緩急を使う意識で両方を見せていかないと。

リターンの場面でこそ、試合で弱気にならないように。

工夫と準備が大事です。

そもそも、動いて来ない相手には…?

必要無い、ですよね。

かわすという表現で相手から逃げる、そこを誤魔化してはいませんか?

相手をかわそうとしている、のではなくて自分が打つ勇気が無いだけ。

それでは、強い相手には勝てません。

どっしりした相手、そう簡単には動かないような相手には、しっかり自分から攻めていく姿勢を持つ。

つい、忘れてしまいがちですけどね。

意識して試合に入るだけで、だいぶ違うと思いますよ。

強いベテランの選手のみなさんは、打っている

私も最近、ご縁があって強いベテランの方と試合をさせて頂く機会が増えました。

みなさん、強い方ほどしっかりと「打つ」ことが出来てるんですよね。

ベテランテニスってどこか「かわす」テニスが主体かと思ってたんですが、そういう方はイマイチ成績も残せていない。

やはり、何事にも緩急は大事。

かわすだけ、相手をいなすだけ、のテニスでは限界がある。

ここに気付いた方から、また一つステップアップしていけるはずです。


【お知らせ】

第2回 T-PRESS CUP まだまだ参加エントリー募集中です!

チラのページより、ご確認下さい

よろしくお願い致します。



ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

    アプローチショット、打って前に出るショット。ネットプレーにつな…

  2. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

    ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。でも、本…

  3. 戦術

    周りに意識される、ポジションを作ろう

    試合で対戦していて、印象に残っている選手。みなさんの周りにも…

  4. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わすことができる

    試合で勝てる人は、テニスの技術はもちろん、その使い分けが上手い。…

  5. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお…

  6. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに
  2. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ
  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう
  4. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ
  5. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない
PAGE TOP