戦術

かわすだけ、では試合で勝てない

みなさんも試合の中で、上手く相手を「かわす」という機会は多いと思います。

ダブルスの試合でも、私はすごく多いです。

向かって来る相手を、いなす、かわす。

でも、それだけだとなかなか勝てる試合が増えていかない。

もしみなさんが今、「かわすテニス」が出来ているなら、必要なものは何か。

それは、あるポイントではしっかり打っていく、相手に向かっていくようなショットを打つこと、だと思います。

逃げる気持ちは、相手を乗せる

かわしている、本当にそう?

実は、試合の中で逃げているように見えてしまう。

気持ちが、どこかで相手に「触って欲しくない…」と思って、かわすショットを打ってしまう。

こういう時って、試合でありませんか?

試合の後、になって気付くことも多いかと思います。

かわしているようで、実は気持ちが逃げてしまっている。

これは特に、ロブのようなショットで顕著に現れるでしょう。

なぜ、相手にバレやすいのか

「かわそう」という意識が生まれるのは、どこかで「まともにやり合ったら、厳しい」と感じているから。

もちろん、まともに打ち合って厳しい相手は、上手く交わしていかないといけない。

でも気持ちが逃げた状態だと、相手にバレやすいんですよね。

身体が硬直して、ラケット面を先に作ってしまいがちですから。

強い相手は、そういうアナタの一瞬の隙を見逃さない。

かわそうという姿勢だけだと、相手にバレやすいし山を張られやすい。

まず、ここに気付くことが大事です。

向かって来る相手は、基本は嫌

嫌ですよね、どんなレベルでも。

アナタが試合で格下の相手と戦うのとしても、かわしてくる方が楽なはずです。

「自分を怖がっているな」と感じたら、自信も生まれる。

こういう自信を、相手に植え付けてしまうとテニスの試合では厳しい。

相手を乗せてしまっては、勝ち目は無くなります。

アナタ自身の逃げようとする気持ち、かわすだけのテニスは、もう相手にバレてますよ。

どこかで変化を付ける意味でも、緩急は必要です。

強いショットより、タイミングを早く

相手の意表を突く

私は試合の中で、「かわし過ぎてるな」と感じたらなるべく前に出ます。

ネットに出る、そしてストロークもタイミングを早く取ってライジングショットに変えていく。

逃げようとする自分に、喝を入れるようなイメージですね。

強いショットを打とうと力むよりも、タイミングを早くすることを意識します。

そうすると、また「かわすようなショット」も威力を発揮しますからね。

緩急を自分で、ハッキリと付けることでメンタルも改善されます。

一番分かりやすいのは、リターン

これが、一番分かりやすいです。

かわそうとしているのか、それともタイミングを早く取って攻めようとしているのか。

相手のサーブが良いと、つい逃げたくなるような気持ちになるじゃないですか。

バック側に入ったサーブは、全部ロブ?

それだと、もうその時点で負けてます。

かわすショットを使いたいなら、緩急を使う意識で両方を見せていかないと。

リターンの場面でこそ、試合で弱気にならないように。

工夫と準備が大事です。

そもそも、動いて来ない相手には…?

必要無い、ですよね。

かわすという表現で相手から逃げる、そこを誤魔化してはいませんか?

相手をかわそうとしている、のではなくて自分が打つ勇気が無いだけ。

それでは、強い相手には勝てません。

どっしりした相手、そう簡単には動かないような相手には、しっかり自分から攻めていく姿勢を持つ。

つい、忘れてしまいがちですけどね。

意識して試合に入るだけで、だいぶ違うと思いますよ。

強いベテランの選手のみなさんは、打っている

私も最近、ご縁があって強いベテランの方と試合をさせて頂く機会が増えました。

みなさん、強い方ほどしっかりと「打つ」ことが出来てるんですよね。

ベテランテニスってどこか「かわす」テニスが主体かと思ってたんですが、そういう方はイマイチ成績も残せていない。

やはり、何事にも緩急は大事。

かわすだけ、相手をいなすだけ、のテニスでは限界がある。

ここに気付いた方から、また一つステップアップしていけるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る

    みなさんの中にも、「急に強くなった人」いるんじゃないでしょうか?…

  2. テニス 試合

    戦術

    「負けたはずの試合」を勝ちに結び付ける、為の武器を君はテニスで持っているか?

    テニスの試合は、短期決戦。1セットマッチの試合なんて、ぼーっと…

  3. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

  4. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  5. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いやすい

    パッと見で、すごく強そうな相手、いますよね。フラット気味でボー…

  6. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

    対戦していて、嫌な相手。それは、何かを仕掛けてくる相手、でしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?
  2. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  3. テニス スライス

    ボレー

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう
  4. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる
  5. スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
PAGE TOP