戦術

打てる側のアドバンテージを、活かせてる?

テニスの試合で、アナタ自身がボールを打つ。

そこで、打つコースは、アナタ自身が決めることが出来る。

球技はほぼ、この形ですが「自分の意志で、ボールをコントロールしている」という意識が強く持てると、プレーは変わります。

パスを出して走る、またもらって走る、というように、チームスポーツでは連動性が欠かせないですよね。

テニスでも、それに近いことは言えます。

大事なのは、みなさんの覚悟です。

問われている、意志の強さ

言い訳は、無用

「いやでも、打ってみないとどこに飛ぶか分からないんです」という声を、よく聞きます。

自分が意図しない方向に、ボールが飛んでいくから、仕方ないと。

確かに、初心者の方のストロークや初級者の方のボレーは、そういう場面が実際に多いでしょう。

でも、です。

そこに言い訳をしていても、何も変わらないと思いませんか?

意志が無いから、コントロール出来ない

「自分は、ここに打ちたいんだ」という意志が、あるかどうか。

意志があれば、絶対にボールはコントロール出来る。

試合でも、そうです。

プレッシャーがかかる場面だからこそ、自分で打つボールは自分で決めているんだという意志が大事。

本当、これだけでだいぶ雰囲気も変わるし、何より打った後の反応も全て変わって来ると思いますよ。

「ここに打ちたい」と思えるかどうか

これを、よく考えてみて下さい。

みなさん、自分の試合を思い出してみて下さい。

「あの場面、自分はどこに打ちたかったんだ?」と思えるようなポイント、多くないですか?

これは、要改善です。

技術的に打てる、打てないの問題じゃない。

そもそも、意志を持てなかったというところに、大きな問題の本質があるはずです。

打った方向から、ボールはまた飛んで来る

テニスボールは、1つだけ

自分が意志を持って、狙ったコースに打つ。

その意志が強ければ、打った方向へのフォロー、アプローチだって的確に出来るはず。

ぜひ、みなさん改めて意識してみて下さい。

テニスの試合で勝てない人は、打った方向へのフォローが甘い。

自分の打った方向からしか、次のボールは来ない。

だけど、自分の打つ方向が定まっていないと、その出足が遅くなる。

自分で打っているのに、出たとこ、飛んだとこ勝負。

これを打破出来るか、ですね。

簡単な方法は、ただ1つ

ダブルスなら、パートナーと共有する。

私も試合で「次サーブ、センターに打つね」という会話をしますが、これが大事なんです。

実際にセンターに飛ばない、入らないことだってありますよ。

でも伝えることで、自分の中でも覚悟が決まるし、意識は打つ方向に向いていく。

言葉にするって、大事です。

シングルスなら、自分と会話するような感じですね。

アドバンテージ、優位性を感じよう

試合で強い人は、これをしっかり意識している。

勝てない人は、自分が打っているのに何だか弱気で、「打たされている」感がぬぐえない。

どうでしょう、実感無いですか?

相手が強ければ、確かに難しいですよ。

コントロール出来る自信が、無くなりそうになることもある。

でも、やはりそれは逃げ、です。

強い相手にこそ、自分はコントロールで勝負するんだと。

ぜひ、読者のみなさんには強く意志を持って、試合に臨んで欲しいです。

やりたかったことは、相手に伝わる

何度か書いて来ましたが、テニスではこれが大事。

攻撃の意図、姿勢を、相手に見せる。

そうすれば警戒してくれるし、プレッシャーに感じてくれる。

サーブ&ボレーでも、コースを狙ってその方向に詰めて来るような相手は嫌じゃないですか。

例え、こちらがパッシングで抜いたとしても。

自分が打球を打てる、そのアドバンテージを感じてしっかり意志を持つ。

そうすれば、試合の勝率は必ず変わります。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    「大したことない」が、武器になる

    試合における、みなさんの武器は何ですか?私は、「大したことな…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠

    テニスコートの広さって微妙だね。広いと言えば広いが、狭いと言え…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「勝っている選手には、必ず理由がある」テニスが上手い、以上の理由を自分なりに探してみよう

    アナタの周りにも、「テニスが上手い、試合で勝っている」人はいるはず。…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  5. 戦術

    試合で使える武器を2つ、相手に意識させれば勝ったようなもの

    みなさんの武器、何でしょう?「はい、これです!」と言える方も、…

  6. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアッ…
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしま…
  5. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい
PAGE TOP