サーブ

ブレイクした後のサービスキープ、なぜ難しいのか?

テニスの試合は、キープやブレイク、の繰り返し。

必ずどちらかの選手、ペアからサーブを打って、そのサービスゲームを奪い合うルールですよね。

私たち一般のテニスの試合でも、プロ選手の試合でも、難しいのは「ブレイクした後のサービスキープ」じゃないでしょうか。

ここに、どんな問題が生じるのか。

予め考えておけば、試合でもアナタ自身で自分をコントロール出来るはず。

平常心でのプレーは、準備していないと無理。

ブレイクの後のサービスゲーム、をイメージしながら読んでみて下さい。

リターンとサーブは、違う

プレッシャーがかかるのは、どっち?

実は、この問題をしっかり考えられている人は、少ない気がします。

サーブを打つのと、相手のサーブをリターンで返すのと、どう違うのか。

アナタ自身が、プレッシャーを感じるのはどっちでしょう?

プロ選手は、サービスゲームはキープして当たり前、ですが、私たちの試合は違います。

意外と、リターンゲームの方が楽に取れる、サーブを打つのが苦しいという方、多いんじゃないでしょうか?

こういう視点を持って、客観的に自分を見つめ直すことは必要です。

ブレイクの方が楽、な試合は多い

実際、リターンゲームの方が取りやすい、楽という試合は多いでしょう。

私なんかも、そうです。

サーブも嫌いではないんですが、調子に波が出やすい。

リターンはある程度自信があるのと、セカンドサーブになれば強気でいけますからね。

ブレイクした後のサービスゲーム、これを「キープしないと!」と思うと、自分がしんどくなる。

サービスゲームはキープして当たり前、という発想は捨てましょう。

リターンゲーム以上に、慎重に泥臭くいかないといけない、くらいの意識で良いでしょう。

無理に流れを、作らない

「ブレイクの勢いで、次だ!」と、まるでプロ選手の試合のように考えてしまう。

これは結構、危険です。

確かに、プロ選手の試合はサービスキープ率が高いので、勢いを活かすような部分は大事な要素だと思います。

無理に流れを作らない、一度自分でリセットしても良いと思いますよ。

流れに乗れていないと感じると、自分の中でも弱気になりますからね。

ブレイクはブレイク、キープはキープ、という感じで自分の中で整理しておく。

周りがどうとか、テニスの基本はこうとか、気にし過ぎないことです。

大事なのは、アナタ自身が良いプレーが出来るかどうか、ですから。

ブレイクした後のサービスゲーム、4か条

私が普段意識している、ゲームの進め方です。

少しでもヒントになれば、と思いまとめてみます!

1.焦らず、じっくり

ゲームを連取、したいですよね。

でも、焦らないことです。

ブレイクの後は、相手も落ち込んでいる。

だからこそ、あえてじっくりゲームを進めていくんです。

しっかり間を空けて、時間を使う。

相手の方が焦ってくる、じれてくるようなゲームスピード、を意識してみて下さい。

2.徹底してファーストサーブを入れる

ブレイクした後は、ココが一番大事。

まずファーストサーブ、これを多少威力を落としてでも、入れることを重視します。

相手はブレイクバックを狙って、セカンドサーブになったら強気に来るでしょう。

ですから、ファーストサーブを入れて自分のリズム、でゲームを進めていくことが大事。

相手に、隙を見せない姿勢、が大事です!

ダブルスなら前衛も、きっと力になってくれるでしょう。

3.ネットダッシュを入れる

ダブルスなら基本は並行陣ですが、シングルスでもこういうポイントを作りましょう。

サービスゲームを、待ちの姿勢で進めない。

自分から前に出る、相手にプレッシャーをかける姿勢を見せることで、相手のブレイク意欲を削ぐのが狙い。

リードすると、つい待ちの姿勢になってしまう試合、ありませんか?

ブレイクした後のサービスゲームは、特に要注意です。

4.絶対キープ!なんて、思わない

さっき、ブレイク出来たんですから。

言い方は悪いですが、「絶対キープしないと!」と自分にプレッシャーをかけても、上手くいかないでしょう。

もちろん、本音ではキープしたいし、連続でゲームを取りたい。

でもそれは、アナタ自身の願望でしかありません。

客観的に見て、「またブレイク出来そうだな」と思えたら、気負う必要はありません。

自分のサーブを楽しむ、くらいの意識でいきましょう。

苦しんでいるのは、相手

ブレイクの後、のゲームですから。

苦しいのは、当然相手です。

だからこそ、アナタは楽な意識でサービスゲームを淡々と、じっくり進めていけば良いんです。

ブレイクの後のサービスキープが大事!そんなことは、みなさん充分理解出来ているはず。

じゃあ、どうするのか、どう考えれば良いプレーが出来るのか。

もっと楽にいきましょう。

テニスはボールゲーム、ですから。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 客観視

    サーブ

    「テニスのマナー、しっかり分かってるな…」と思われる、相手サーバーへの配慮のポイント5つ

    テニスは紳士のスポーツ、と言われます。相手を敬い、お互いが気持…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

    一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。これって、一つの技術と…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない

    試合中、結構前でリターンしてくる相手、いますよね。特にダブルス…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    男性でサーブが安定しない人は、「無意識のうちに上半身が前に突っ込んでいる」人がほとんどです

    サーブでトスアップはしっかり前に上げる。この重要性は何度かお伝…

  5. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

    私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。…

  6. サーブ

    サーブの強化とは、多様性

    「良いサーブが打ちたい!」と、漠然と考えている方は多いですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を
  2. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く
  3. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる
  4. ストローク

    テニスの試合で、「フラットショットが強烈なストローカー」と対戦したときに効果的な…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である
PAGE TOP