戦術

サービスゲーム、両サイドの考え方

試合での、サービスゲームキープ。

これを課題にしている方は、多いと思います。

シングルスでもダブルスでも、なかなかサービスキープが難しいと気分も乗っていかないしブレイクも遠くなる。

逆にスムーズにキープ出来ると、リターンゲームで勝負に出る自信も湧いて来ますよね。

今回は、サーブを打つ際のサイドの考え方について。

あくまで私の個人的な感覚ですが、ちょっとしたヒントになればと思います!

 


 

デュースサイド、が大事!

最初に打つサイド、だから

私は、サーブはデュースサイドが特に大事だと思っています。

なぜなら、最初に打つサイド、だから。

単純かもしれませんが、どんなゲームでも最初はデュースサイドから開始されますよね。

サーブも、このデュースサイドでまず15-0、のカウントにしたい。

15-15のようなイーブンな状況では、先行したい。

デュースサイドでポイントが取れると、その流れはそのままアドバンテージサイド、でも活かすことが出来るんです。

2ポイントをセットで考える

私はいつも、この感覚でプレーしています。

デュースサイド+アドバンテージサイド、の2ポイントをセットにする。

まずデュースサイドで先行して、アドバンテージサイドでは楽にプレーしたい。

15-15の状況になっても全然OK、なるべく0-15のようなカウントを作りたくないんです。

先行されたら、2ポイントセットの中でまず戻す。

セットで考えて試合を進めることが出来ると、リズム感も出て来ると思います。

じゃあ、どうすれば良い?

デュースサイドで、サーブを打ってポイントを得る。

このために、何が必要なのか。

これをしっかり、考えておきたいですね。

具体的に自分の中で、「ここを踏んでおけば、間違いない」という自信みたいなものがあれば、試合ではすごく楽。

そうなる為のヒントは、たくさんあるはずです。

デュースサイドの特性を考える

右利きの方は、スライスサーブが有効

私が意識しているのが、スライスサーブ。

右利きの方であれば、これをセンターに打つと相手のボディに食い込んでいくようなサーブになる。

ワイドを狙い過ぎてフォルトするより、センターに入れていく方がお勧めです。

ファーストサーブも、まずは確率重視で少し威力を落としても良い。

しっかり自分の意図したサーブを、デュースサイドから打てるかどうか。

まずは、スライスサーブをセンターに!を意識してみて下さい。

右利きの前衛は、どんどん使おう

ダブルスで前衛がいる場合、ポーチがフォアハンドになる右利きはどんどん使う。

ミスしても、フォアハンドでポーチに出て来る相手は嫌ですよね。

だからこそ、しっかりサーブを入れて前衛に動いてもらう意識が大事。

ファーストサーブがしっかり入るだけで、前衛はすごく動きやすいですし気分も良い。

デュースサイドでは、右利きの前衛はまさに主役!の意識で戦いましょう。

得意パターンを、作ること

サーブ&ボレーでも、雁行陣からの展開でも。

何かしら、デュースサイドで自分達の武器を作りましょう。

シングルスなら、リターンからどう展開するのか。

私のお勧めは、やはり最後はネットに出る形。

この形をデュースサイドで実行出来ると、次からのポイントにもつながっていく。

もちろんアドバンテージサイドでのポイントも大事ですが、2ポイントセットで先にデュースサイドから始まる、という意識を持ちたいところ。

先行する、ということがいかにテニスの試合で大事なのかは、みなさんもご存知なはずですから。

先行して、引き離す

これを癖にしよう!

デュースサイドで、手堅くプレーする。

そしてアドバンテージサイドでは、更に積極的にプレーして引き離す。

2ポイントセット、これを繰り返していくイメージでどうでしょうか。

もちろん、そんなに理想的な試合展開にならないことも多いです。

ですが、自分の良い形を知っている、ということは大きな武器になるはず。

まず、デュースサイドでしっかり手堅く、自信を持つ。

この工夫は、どんなレベルのテニス選手にも必要なことでしょう。

タイブレークでも、実に有効

実際の試合では、最後にタイブレークで決着という機会も多い。

これ、何より最初のポイントが大事ですよね。

自分のサービスゲームから、という時に落ち着いて入ることが出来るかどうか。

デュースサイドでやること、に自信を持てていれば、チャンスは拡がります。

タイブレークのような場面こそ、準備力が問われる。

私たちが、相手と差を付ける絶好の機会、ですよ。

得意なんだ!と思えたら強い

良いんです、根拠は乏しくとも。

「自分はデュースサイドが、得意なんだ!」と思えたら、強い。

自然と、試合で先行出来るようになるでしょう。

試合の中で消耗するのは、挽回しないといけない時ですから。

得意のデュースサイドで先行して、どんどん相手にプレッシャーをかけていく自分をイメージしてみて下さい。

どうでしょう、試合が楽しくなるような感じじゃないですか?

相手をしっかり、リードする。

試合の主導権を握る、2ポイントセットの中の先の1ポイントを取る。

このイメージを具体化出来れば、勝ちにつながります。

ぜひ、試合の中で意識してみて下さい。

強くなってからやる、のではなくやりながら強くなる、のがテニスです。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

    実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。基本的に、…

  2. テニス チャンス

    戦術

    4ゲーム1セット、3セットマッチをやってみよう

    どうも試合に慣れない、練習はマンネリ化している。こういうみなさ…

  3. テニス ボレー

    戦術

    「つなぐだけなら、誰でも出来る?」出来ないって、本当に

    粘るスタイルの選手のみなさん、はいつも誤解されがち。「あのス…

  4. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!

    ゲームカウントが6-6で、タイブレークに。こういう試合、結構多…

  5. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備

    テニスの試合は、当然ですが攻守全て自分一人でやらないといけない。…

  6. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上

    試合の中で、「振ってしまった・・・」と思うボレーミス。結構凹ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たとき…
  2. その他

    テニスにも、「道場破り」の文化を
  3. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない
  4. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこ…
PAGE TOP