練習メニュー

振り回し練習で、誤魔化される何か

みなさんも練習で、厳しく追い込む機会はあると思います。

私もたくさん経験して来ましたし、レッスンでも球出し役として振り回し系の練習はたくさん実施して来ました。

ですが、改めて今感じること。

それは、「何かを誤魔化していなかったか?」という点。

確かに、厳しい練習は必要。

ただ、体力的な負荷をかけるだけで、球出しする側もプレーする側も、満足してはいないか?

この問いかけは、私たちの練習の根本的な部分で必要です。

 
 

最初から、余力残してない?

長時間の練習、そうなりがち

みなさんも、経験あるはずです。

合宿等で長時間の練習になると、最初はセーブして入る。

これはある意味しょうがない話なんですが、私は長時間練習の弊害とも言えると思います。

テニスの試合は、短期集中。

でも練習は、長時間でセーブしながら行う、だとどこかでズレて来ませんか?

「疲れ」を言い訳に出来る

練習の中で、長時間の振り回し練習。

誰がどう見ても、疲れて集中力が無いような感じになってくると・・・どうでしょう。

もう、「打ったボールが入らない」というのが、当たり前になってしまう。

疲れを言い訳に出来るので、多少のミスは周りも気にしなくなるような環境になりがちでしょう。

振り回し練習、ミスが増えるくらいでちょうど良い、とどこかで思っているかも知れない。

こういう問いかけは、しっかり自分の中で繰り返すことが大事、です。

誤魔化しは、癖になる

練習から自分をどこかで誤魔化しいていると、試合に響く。

余力を残す癖を付けていると、本当に大事な試合で全てを出し切ること、が出来なくなってしまうんですよね。

振り回し練習や、長時間の練習は、弊害にもなる。

むしろ、ノーミスで短時間集中の練習の方が、実はハードなんじゃないかと。

誤魔化される何か、を意識しておかないと、練習はただの自己満足になりがち。

癖になってしまわないように、常に自分で練習を客観視することが大事です。

振り回し練習、のコツは?

まずは3歩、ここから!

大きく動いて、止まって、打つ。

テニスでは、この動作が難しい。

振り回し練習でも、それこそベースラインの端から端まで、打っては戻り、動いて止まって…を繰り返すのは、かなり難しいですよね。

まずはしっかり、左右に3歩程度動いて打つ。

これが出来ないと、テニスではその先にいけないでしょう。

簡単そうに見えますが、確実に自分のボールをコントロールするのは楽じゃないですよ。

実際に試合では、これくらい動いて打ち返すケースが多いはずです。

運動量ばかり、を追わない

振り回し練習にありがちな、運動量重視の練習は止めましょう。

それだったら、持久力を高める練習を別でやった方が良い。

しっかり追い付いて、良いボールを返すことに集中する。

これが、今のみなさんには必要なことじゃないでしょうか?

ただ返すだけ、では勝てない相手だって当然試合ではいます。

コートのどこに、どういう球種で返すことが出来るのか。

打った後のバランス、打つ前のコースの隠し方は的確か?

ぜひ、細かい部分まで自分で確認出来るようにしてみて下さい。

打ち方も、誤魔化さないこと

振り回し練習だと、「追い付いて返すこと」が目的になりがち。

ですから、フォームも乱れるし打てるコースも「そこしか打てない」ような入り方、になりがちじゃないですか?

ここも、誤魔化してはいけない。

試合で勝てる選手は、振り回し練習でもきっちりと「コースを狙って、どちらにでも打てる」入り方を意識しています。

運動量重視だと、ここはいくらでも誤魔化せる。

でも、それだと試合で勝てる選手にはなれない、ですから。

練習の目的を、もう一度見直そう

しっかり追い付き、コントロールショット

これが出来るようになる、のが振り回し練習。

ただ返すだけ、では試合は勝てません。

もちろん、それだけで自滅してくれる選手もいますが、シード選手はきっと違うはず。

追い付いてコントロール、出来る自分を作るのが振り回し練習の目的。

だからこそ、しっかり自分で意識しないといけないでしょう。

自分の武器を鍛える、その為に練習の目的は何か。

アナタ自身で、もう答えは持っているはずです。

自分で練習を、創る意識で

部活やスクールであれば、誰かが練習を用意してくれる。

それに沿って、何となく走って疲れればそれで練習したような気になってしまうのがテニスでしょう。

でも、それでは強い選手になるのは難しい。

練習を自分で創る、これが大事なんです。

本当に必要なものは何なのか、疲労感ではないはず。

しっかり追い付いて、良い返球をするということ。

その練習って、どんな練習でしょう。

自分で考えていかないと、ずっと受け身で走らされて終わりですから。

全ては疑問を持つところから、始まる

練習に対して、疑問を持つ。

毎日のテニスについて、ちょっとしたことに違和感を感じる。

こういうところから、アナタ自身の成長の芽が生まれて来ます。

振り回し練習、これはなぜ必要なのか。

そこで何か、誤魔化されているものがあるんじゃないのか。

もちろん、まずはしっかり走って練習することが大事、ですよ。

ただボールを打つことだけに必死になって、疲れて満足では何も変わらない。

そうなっている自分にまず気付けるかどうか、ですね。



疲れてプレーの精度が落ちる?

きっと、それがアナタ自身のプレーの精度ですから。

体力的に追い込む練習は必要ですが、大事なのはその時のプレーの精度。

ぜひ、ここを意識して練習頑張ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子ダブルスの並行陣、レベルアップに必要な練習5つ

    男子ダブルス、チームでレベルアップしていきたい方へ。バンバン打って…

  2. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

    テニスの練習、しっかり試合につながる内容で出来ているのか。この…

  3. テニス 練習
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチー…

  5. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  6. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

    「色々チャレンジしてるんだけど、何も身に付かない・・・」と、悩んでいる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる
  2. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス
  3. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた
  4. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポ…
  5. テニス 雪

    その他

    「雨、じゃなくて雪も降り出す…」ときのテニスの試合における注意点4つ
PAGE TOP