リターン

相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう

もっともっと、貪欲になって欲しいポイント。

それは、みなさんの洞察力です。

読み、と言えば分かりやすいですが、まずは相手のサーブを読むということ。

これ、漠然と待っている人があまりに多いと感じています。

相手だって、そこまで多くのコースを持っている訳じゃない。

リターンで大胆に予測して、大胆に待つ。

試合で勝てる人は、勝負所で必ずこれを実践して来ますからね。

 
 

予測は悪いこと?

真面目な人ほど、そう考える

何かを予測したり、山を張ったり。

こういうのに、罪悪感を覚えてしまう人、多い気がします。

「逆に来たら怖い」という恐怖心もあるでしょうね。

でも、考えてみて下さい。

それで試合に勝てますか?ということ。

特にサーブが良い相手、強い相手ほど、予測しないことには何も対応出来ないんですよ。

相手の立場になってみる

サーブを打つ側、で考えるとどうでしょうか?

自分のサーブが予測される、とうことはどういうことか。

実に嫌、じゃないですか?

例えはずれたとしても、思い切った予測でポジションを変えたり、前に踏み込んで来たり。

こういう相手は、すごく試合慣れしているという感じがして、私は嫌です。

予測を外さないといけない、というプレッシャー

このプレッシャーを、サーブ側に与えたい。

予測している、山を張っていること自体、バレて良いんです。

相手に「ここに打ったら、やられるな…」という印象を、与え続ける。

それも、大胆に、ハッキリと。

みなさん、これはテニスの実力どうこうの話ではありません。

心理戦を仕掛けるかどうか、やるかやらないか、の問題です!



貪欲になった人が、得ることが出来る

リターン大好き!になれる

リターンが得意な人、いますよね。

こういう人は、間違いなく試合に強い、試合向きなんです。

でも、最初から上手かった訳じゃない、自信があった訳じゃない。

きっと、予測に貪欲になれたからこそ、今の自信を掴めたんです。

思い切って動く、絶対にブレイクするんだ、という意志を持って。

リターン大好きになれたら、もう試合は勝ったようなもの。

そこに波は少ないですからね。

望まないと、絶対に得られない

「でも、そもそもリターンが苦手で返すことに精いっぱいで…」という方も、いるでしょう。

いつまで、その殻に籠っているかどうか、です。

思い切って予測するから、貪欲になるからこそ、新しいリターン像を自分の中で作ることが出来るんです。

待っていても、成長なんてしない。

貪欲に、自分から掴み取りにいかないと。

私たち社会人、大人は練習時間も限られていますから。

貪欲に、日々考えていくことが大事です。

求めれば、得ることが出来ます

これは、絶対にそうです。

求めれば、得ることが出来る。

諦めないで、貪欲に予測を続けていけば、「これだ!」という感覚を掴める日は必ず来ます。

ほとんどの人が、そもそも怖がってやらないか、すぐに挫折してしまうんです。

そして、今日も明日も何となくでサーブを待ってしまう。

これでは、トーナメントを勝ち抜くテニス選手にはなれないでしょう。

   

相手のサーブには、根拠がある

打てないからこのコース、がほとんど

セカンドサーブなんて、まさにそうじゃないですか?

両コーナーに、両サイドからしっかり打てる人、ほとんどいません。

恐らく得意なコースにずっと打つ、というより、反対側に怖くて打てない。

そんなサーブ、予測しない方が損ですから。

みなさんも、これくらいの意識で良いですよ。

冷静に、謙虚に上から目線

これでいきましょう!

冷静に謙虚に、だけど上から目線でリターンのポジションに入る。

予測することに、勝つことに貪欲になる。

外れたら、「予測が違った」ということが分かった時点で、正解です。

上から目線で、相手のサーブを俯瞰して見る。

そうすれば、絶対に相手の「根拠」が見えて来るはずなんです。

自分の試合以外でも、予測癖を!

周りの人がやっている試合、プロ選手の試合をテレビや動画で見る。

こういう場面でも、どんどん予測しましょう。

もう、リターンの選手になりきったつもりで、予測癖を付けてしまうんです。

「次はこっちかな…よし、合ってた」みたいな感じで。

ゲーム感覚で、自分の感性を鍛えておく。

それは、自分の試合以外の場でもたくさん実践出来ることなんです。



リターンが上手い人は、予測しているだけ。

だから反応が早いし、プレーに迷いが無い、連続して次、次と動ける。

本当に、私はこれだけだと思いますよ。

それに、サーブって絶対に入る「サービスエリア」が決まっている。

その中でさらに予測を絞れば…どうでしょう。

もう、ブレイク出来る気しかしない、ことないですか?

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

  2. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

  3. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

  4. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  5. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

    試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。その中でも大…

  6. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽

    必要以上に、相手を警戒することは無いでしょう。アナタ自身が試合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
  2. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう
  4. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるように…
PAGE TOP