テニス メンタル

戦術

歳を取れば取るほど、「準備不足」は受け入れられない

T-PRESS上では、何度も書いて来ました。

「準備で差が出る」と。

試合前に何を準備するのか、覚悟を決めるのか。

それは、練習量だけの問題ではない、ことはみなさん理解出来ているかと思います。

でも、受け入れることは出来ているでしょうか?

準備不足、大人にもなって、そんな基本的なことが出来ていない自分を。

これ、なかなか難しい「壁」なんです。

 
 

誰でも出来る、からこそ

出来ない自分が、受け入れられない

きっと、テニス以外もそうでしょう。

仕事でも家事でも、何でも「準備が大事」なのは痛いほど分かっている。

ベテランテニスを頑張るみなさんの中には、たくさんの部下をお持ちで「準備不足じゃないのか!?」と指導している方も多いでしょう。

でも、いざ自分のテニスになったら、どうでしょう。

周りに必要性を訴え、誰にでも出来る準備、自分が出来ているだろうか。

この問いかけ、を素直に出来る人は非常に少ないと私は思いますよ。

安易に考え過ぎ

「やろうと思えば、いつでも準備出来るよ」という方ほど、出来ない。

あれほど「書き出しましょう」と言っても、ペンを持たない。

ほんの少しだけ、時間を作るだけで良いのに。

試合前になると、面倒になって出来ない。

その小さい油断、自分に対する不誠実な部分が、試合ではずっと足を引っ張り続けるでしょう。

試合前に、差を付ける覚悟で

特に、強い相手と試合をする際には。

試合前から、リードを奪うくらいの覚悟で、準備してみましょう。

みなさんは、それだけの素質があるし、このサイトでたくさんのヒントを読んできたはず。

あとは、やるかやらないか。

誰にでも出来ること、だけどやっていないこと。

自分を受け入れて、次に進むアクションを興す時です!



テニスだから、と思ってない?

試合は楽しければ良いんだよ、という人は…

私は、成長が遅い気がします。

負けても、いつまで経っても準備不足の自分に気付かないですしね。

練習不足、相手が強いと逃げるんですよ、いつも。

「テニスの試合くらいで、何でそんなに準備するの?」という声を、私もたくさん頂きます。

「人それぞれじゃね?」と。

ずっと、やられ役でいるつもり?

こういう人は、ずっと斬られていくやられ役。

テニスの試合、会場では、この役割分担がされています。

まぁ、人それぞれですから良いでしょう。

でも、どうせならチャレンジしたくないですか?

試合に勝つ、大会で優勝する、数少ない椅子を奪う、というチャレンジを。

準備を癖にしてしまえば、後は楽

準備と言っても、10分で出来ます。

今の自分を整理して、やることややらないことを決める。

ペアと話して、戦う前に意識を揃える。

これが習慣になれば、あとは楽ですよ。

いつも通り、のメンタルで試合に入れますからね。

勝手が変わる最初が少し、しんどいだけです。

   

やればできる、だけどやらない人がほとんど

何人がテニスノート、書いてますか?

毎回、テニスの後にノートを付ける。

これ、何人の人がやっているでしょうか?

私の感覚では、50人に1人くらいですかね。

やればできるのに、ほとんどの人は面倒だからやらない。

人がやならいことやれば、少数派になれるのに。

誰にでも出来る準備を、やっていない自分。

まずはそれを受け入れて、しっかり向き合うことが大事です。

テニスはマラソン、とは違う

今日は、雨の中での東京マラソンでしたね。

マラソンは、自分の目標タイムとの戦い。

もちろん、上位の選手は人との戦いですが、一般ランナーは自分との戦いですよね。

つまり、勝者は無限に生まれるんです。

みんなが頑張れば、みんなが勝者になれる。

でも、テニスは違います。

限りある椅子、をみんなで奪い合っていることは、忘れないで下さい。

「この為に準備したんだ!」と思える瞬間

実際に、試合ではあります。

「これ、やっておいて良かったな…」ということ。

小さいことでも良いんです。

みなさんも、ぜひ積極的に成功体験を積んで欲しい。

その前に、ペンを持ちましょう、紙を用意しましょう。

日本中でこういう人が増えるまで、私はうるさく言い続けますよ。



強くなるには、難しいことをしないといけない?

出来るようにならないといけない?

逆です。

誰でも出来ることを、シンプルに継続するだけ、なんです。

みなさんなら、それが出来るはず。

早速、春に向けてのテニスの準備、始めてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない

    繰り返し書いて来ましたが、まだまだ私たちの意識は甘い。リードし…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で相手の嫌なことをやり続ける、勇気はあるか?

    「どうすれば、試合に勝てますか?」と聞かれたら、私はまずこの要素が大事…

  4. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」の答えとは?

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も…

  5. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

    サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という…

  6. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

    テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。サッカーやバスケ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    コート上でいきなり「考えろ!」なんて、無理
  2. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考…
  4. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策
PAGE TOP