テニス メンタル

その他

やるべき準備をしていれば、試合で遊ぶことが出来る

試合に強い人って、どこか楽しそうに試合をしている。

言い方は悪いですが、相手と「遊んでいるように」見えてしまうことすら、ありますよね。

そこに、腹を立ててもしょうがない。

それだけ余裕がある、ということは根拠があるということ。

遊び心を試合で発揮するには、基本的な準備が大事になります。

みなさんも、意識して欲しいポイントです。

 
 

やるべき準備を、やろう

出来ている人、出来ていない人。

ここでもう、差が付いているのがテニスの試合です。

どういうプランで試合に入るのか、前日の睡眠は充分か、水分はしっかり摂れている状態か。

当たり前のようなことをやらないで、フワッと試合に入るから余裕が無くなる。

たくさんの想定を立てておけば、その想定通りになった瞬間に少し余裕が生まれる。

やるべき準備さえ出来ていれば、試合で遊べる余裕が生まれるんです。



真面目過ぎる人は、ちょっと痛い

「こっちは真剣なのに、遊びって何だ!」と、感情的になる方もいるでしょう。

気持ちは分からなくもないですが、そういう人はちょっと痛い。

テニスも、突き詰めていけば遊びですから。

試合の中でも、余裕が生まれたら遊び心を持ってトライしてみる。

ドロップショットやチェンジプレー、普段しないような作戦をやってみると、意外と成功したりするものですよ。

ただ、切羽詰まった状態でやっても、なかなか上手くいかない。

「思ったよりプレッシャーが無いな、ちょっと動いてみるか」くらいの気持ちが大事です。



しっかりした準備が、余裕を生む

繰り返しますが、これが大事。

みなさんは、スタート時から相手と差を付けていきたい。

自分と相手のテニスを客観視して、色々な状況に対して想定し、プランを立てておく。

こういうしっかりした準備でしか、余裕って生まれないんですよ。

試合をリードしても、それが想定外なら遊べる余裕は生まれない。

そして、結果的に逆転されてしまいがち。

ずっと最初から最後まで緊張感高く張りつめた試合、なんて出来ないですから。

   

「遊び」を推奨する本当の理由

それは、みなさん自身が新しいことに気付くから。

子供のころって、新しい遊びを色々発見しませんでしたか?

遊んでいるような心理状況の時にやったこと、から想像力が膨らんでいく。

遊びが無い人って、テニスにも拡がりが無いように感じます。

試合での遊び、が出来る人は発見も自然と多くなる。

練習の中とは、また違うんですよね・・・あの試合の場、だからこそなんです。

試合の中でも、ぜひ意識して見て下さい。

真面目な方ほど、実は効果大です。



しっかり準備をして、試合の現場では少し遊ぶ。

これくらいの感覚、で良いと思いますよ。

全部のポイントが大事、全部落とせない・・・となると、自分を追い込むだけ。

ベースはしっかりしてるんだから、と自信を持っていきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

    アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?どう思うか・…

  2. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと

    テニスはディフェンスが重要。安定感がないと試合で勝利を掴むのは…

  3. テニス 評価

    その他

    テニスの世界だけでなく、「自分の評価は、他人が下すもの」という覚悟を持っておけば強くなる

    アナタは自分のテニスについて、どういう印象を持っていますか?得…

  4. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  5. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい

    どこでも、何でも、分析したがる人。私はすごく、才能があると思い…

  6. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    サーブを打つ前の静寂、「キュ、キュ、キュ、キュ!」
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技
  5. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK
PAGE TOP