テニス メンタル

その他

やるべき準備をしていれば、試合で遊ぶことが出来る

試合に強い人って、どこか楽しそうに試合をしている。

言い方は悪いですが、相手と「遊んでいるように」見えてしまうことすら、ありますよね。

そこに、腹を立ててもしょうがない。

それだけ余裕がある、ということは根拠があるということ。

遊び心を試合で発揮するには、基本的な準備が大事になります。

みなさんも、意識して欲しいポイントです。

 
 

やるべき準備を、やろう

出来ている人、出来ていない人。

ここでもう、差が付いているのがテニスの試合です。

どういうプランで試合に入るのか、前日の睡眠は充分か、水分はしっかり摂れている状態か。

当たり前のようなことをやらないで、フワッと試合に入るから余裕が無くなる。

たくさんの想定を立てておけば、その想定通りになった瞬間に少し余裕が生まれる。

やるべき準備さえ出来ていれば、試合で遊べる余裕が生まれるんです。



真面目過ぎる人は、ちょっと痛い

「こっちは真剣なのに、遊びって何だ!」と、感情的になる方もいるでしょう。

気持ちは分からなくもないですが、そういう人はちょっと痛い。

テニスも、突き詰めていけば遊びですから。

試合の中でも、余裕が生まれたら遊び心を持ってトライしてみる。

ドロップショットやチェンジプレー、普段しないような作戦をやってみると、意外と成功したりするものですよ。

ただ、切羽詰まった状態でやっても、なかなか上手くいかない。

「思ったよりプレッシャーが無いな、ちょっと動いてみるか」くらいの気持ちが大事です。



しっかりした準備が、余裕を生む

繰り返しますが、これが大事。

みなさんは、スタート時から相手と差を付けていきたい。

自分と相手のテニスを客観視して、色々な状況に対して想定し、プランを立てておく。

こういうしっかりした準備でしか、余裕って生まれないんですよ。

試合をリードしても、それが想定外なら遊べる余裕は生まれない。

そして、結果的に逆転されてしまいがち。

ずっと最初から最後まで緊張感高く張りつめた試合、なんて出来ないですから。

   

「遊び」を推奨する本当の理由

それは、みなさん自身が新しいことに気付くから。

子供のころって、新しい遊びを色々発見しませんでしたか?

遊んでいるような心理状況の時にやったこと、から想像力が膨らんでいく。

遊びが無い人って、テニスにも拡がりが無いように感じます。

試合での遊び、が出来る人は発見も自然と多くなる。

練習の中とは、また違うんですよね・・・あの試合の場、だからこそなんです。

試合の中でも、ぜひ意識して見て下さい。

真面目な方ほど、実は効果大です。



しっかり準備をして、試合の現場では少し遊ぶ。

これくらいの感覚、で良いと思いますよ。

全部のポイントが大事、全部落とせない・・・となると、自分を追い込むだけ。

ベースはしっかりしてるんだから、と自信を持っていきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

    スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大…

  3. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

    「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。…

  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた

    テニスの試合に出場するときに、会場に到着したらまず何を行いますか?…

  5. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

    今はまさに季節に変わり目。少し前まで寒かったと思ったら、20度…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さを感じましょう

    テニスがある程度上達してくると、「タッチ感覚」という言葉をよく聞くよう…

特集記事

  1. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?
  2. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう
  3. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコ…
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れ…
  5. テニス ストローク

    戦術

    柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?
PAGE TOP