戦術

人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている

勝負の世界で、勝ち残っていくには。

テニスに限らず、だと私は思います。

いかに、人と違う武器を作るのか、戦い方を研究していくのか。

そうやって人との違いを意図的に作っていければ、テニスでも戦える。

「自分は特徴が無い」と思っているみなさん、まだまだこれから。

もっともっと、テニスは自由で良いし無限に出来ることがあるんですよ。

 

人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている

 


 

1.例えばシングルスでは、ネットプレー

たまに私もシングルスの練習をすると、ネットプレーをガンガン入れていきます。

「ダブルスでしょ、それは?」とみなさんに言われますが、私はシングルスでも前に出る。

そう、少し時代遅れのような感じもしますが、これは無謀なことでも何でも無い。

実際、結構勝てますよ。

サーブ&ボレーや、リターンダッシュって、ダブルスだけの作戦じゃない。

シングルスでやる人が少ないからこそ、チャンスがある。

みなさん、そういう発想自体が少ないですからね。

 

2.逆転の発想、が大事

例えば、スクールでレッスンを受けるとしましょう。

でも、それと同じようなレッスンは、五万と行われている訳です。

そして、全国のテニスプレイヤーは知っていること、練習してきたこと。

だから、それだけを真剣にやっていても試合には勝てない。

一般的な普通の選手、にしかなれないですからね。

ここで、逆転の発想が持てるかどうか。

レッスンのテーマは練習するとして、その逆、は何があるんだろうと。

その逆、にこそ実はチャンスがあるし、目を向けられていないお宝があるんじゃないか、という発想は大事です。

 

3.強打するべきところで、柔らかく打つ

私が意識しているのは、この感覚。

強打するべきところで、あえて柔らかく前に落とす。

ハイボレーで決めるぞ!というときに、前にドロップボレーで落とす。

誰もが見向きもしない、強打出来る時には強打した方が良い、と思っているけど、弱く打つ。

こういう発想、遊び心、が大事なんです。

これを打たれると、相手に「何だこの選手は・・・」と思われるじゃないですか。

人が普段考えないところ、見向きもしないようなところ、にチャンスがあると私は思います。

 



 

4.常に探している人が、テニスも強くなる

いきなり発見、なんて出来ません。

私自身、いつもこのサイトのネタに探してはいますが、難しいですよ。

でも、常に探している人に、チャンスは訪れる、お宝は顔を出す。

人が見向きもしていない部分、日本のテニス界はまだまだ多いように思います。

アナタ自身が、試合で勝ちたいなら。

もっともっと、自分で出来ることは多いということに気付きましょう。

自分の可能性なんて、自分で一番過小評価してしまうのが人間ですから。

 

5.お勧めの練習法

自分が絶対にやらないこと、プレーや戦術、を書き出してみる。

シングルスでのサーブ&ボレー、バックハンドのポーチ、何でもOK。

書き出してみて、「なぜやっていないのか?」を考えてみましょう。

出来そうにないから、失点してしまうから、色々あると思いますが具体的に。

きっと、そこにアナタ自身の可能性が詰まっているはずなんです。

書き出してみたら、思い切って練習してみる、やってみる。

すると、どうでしょう。

「あれ、意外といけるじゃん、使えるかも!」と思えるでしょう。

これも大事な、一つの練習法ですよ。

 

新しいことって、最初が大変なんですよね。

最初の壁は、「自分には出来ない」という壁を越えること。

テニスに対しての先入観、を少しずつ解いていくこと。

それが強くなる、ということです。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて

    2年くらい前に、ある高校のテニス部の先生からこんなことを言われました。…

  2. テニス コントロール

    戦術

    安定した守備力、を今年のキーワードにしよう

    試合を戦う上で、ベースとなる部分。必要な部分は、きっとこれでし…

  3. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?

    私は、練習でこのシチュエーションで試合をしてました。最初は先輩…

  4. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    例えば、私なら「動きながらのストローク」が増えて来ると、ミスが増える。…

  5. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

    これもアンケートからのご質問、への回答となります。「浅くなった…

  6. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数

    テニスは、ラケットでボールを打つ。でも、上手い人って打つという…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    ネットプレイヤー相手に、ストロークを無理やり沈めようとしなくても大丈夫です
  2. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  3. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本
  4. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない
PAGE TOP