戦術

人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている

勝負の世界で、勝ち残っていくには。

テニスに限らず、だと私は思います。

いかに、人と違う武器を作るのか、戦い方を研究していくのか。

そうやって人との違いを意図的に作っていければ、テニスでも戦える。

「自分は特徴が無い」と思っているみなさん、まだまだこれから。

もっともっと、テニスは自由で良いし無限に出来ることがあるんですよ。

 

人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている

 


 

1.例えばシングルスでは、ネットプレー

たまに私もシングルスの練習をすると、ネットプレーをガンガン入れていきます。

「ダブルスでしょ、それは?」とみなさんに言われますが、私はシングルスでも前に出る。

そう、少し時代遅れのような感じもしますが、これは無謀なことでも何でも無い。

実際、結構勝てますよ。

サーブ&ボレーや、リターンダッシュって、ダブルスだけの作戦じゃない。

シングルスでやる人が少ないからこそ、チャンスがある。

みなさん、そういう発想自体が少ないですからね。

 

2.逆転の発想、が大事

例えば、スクールでレッスンを受けるとしましょう。

でも、それと同じようなレッスンは、五万と行われている訳です。

そして、全国のテニスプレイヤーは知っていること、練習してきたこと。

だから、それだけを真剣にやっていても試合には勝てない。

一般的な普通の選手、にしかなれないですからね。

ここで、逆転の発想が持てるかどうか。

レッスンのテーマは練習するとして、その逆、は何があるんだろうと。

その逆、にこそ実はチャンスがあるし、目を向けられていないお宝があるんじゃないか、という発想は大事です。

 

3.強打するべきところで、柔らかく打つ

私が意識しているのは、この感覚。

強打するべきところで、あえて柔らかく前に落とす。

ハイボレーで決めるぞ!というときに、前にドロップボレーで落とす。

誰もが見向きもしない、強打出来る時には強打した方が良い、と思っているけど、弱く打つ。

こういう発想、遊び心、が大事なんです。

これを打たれると、相手に「何だこの選手は・・・」と思われるじゃないですか。

人が普段考えないところ、見向きもしないようなところ、にチャンスがあると私は思います。

 



 

4.常に探している人が、テニスも強くなる

いきなり発見、なんて出来ません。

私自身、いつもこのサイトのネタに探してはいますが、難しいですよ。

でも、常に探している人に、チャンスは訪れる、お宝は顔を出す。

人が見向きもしていない部分、日本のテニス界はまだまだ多いように思います。

アナタ自身が、試合で勝ちたいなら。

もっともっと、自分で出来ることは多いということに気付きましょう。

自分の可能性なんて、自分で一番過小評価してしまうのが人間ですから。

 

5.お勧めの練習法

自分が絶対にやらないこと、プレーや戦術、を書き出してみる。

シングルスでのサーブ&ボレー、バックハンドのポーチ、何でもOK。

書き出してみて、「なぜやっていないのか?」を考えてみましょう。

出来そうにないから、失点してしまうから、色々あると思いますが具体的に。

きっと、そこにアナタ自身の可能性が詰まっているはずなんです。

書き出してみたら、思い切って練習してみる、やってみる。

すると、どうでしょう。

「あれ、意外といけるじゃん、使えるかも!」と思えるでしょう。

これも大事な、一つの練習法ですよ。

 

新しいことって、最初が大変なんですよね。

最初の壁は、「自分には出来ない」という壁を越えること。

テニスに対しての先入観、を少しずつ解いていくこと。

それが強くなる、ということです。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    実力ありきの作戦、だけでは勝てない

    実際に、試合に勝ちたいなら・・・。準備する作戦、を変えていかな…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

  3. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい

    「何だかこの相手のテニス、分かりやすいな」と、感じる時。こうい…

  4. テニス 計算

    戦術

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?

    試合の中で、デュースが何回も続くこと。たまにありますよね・・・そし…

  5. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない

    試合になかなか勝てない人は、序盤が怪しい。何となくで入って、何…

  6. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスの試合のタイブレークで勝ちきれない人は、「今までのゲームとは違う場所から…
  2. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう
  3. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・…
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
PAGE TOP