戦術

テニスにおけるベストなポジションなんて、無い

ベターなポジションは、ある。

でも、これがベストという陣形やポジション、私は無いと思っています。

あれば、苦労しません。

どんな場合でも、長所と短所、強みと弱み、はある。

問題は、それを把握出来ているかどうか、が大事です。

 
 

正しいポジションに立てば、勝てる?

こう思っている人、結構多いんですよね。

私が以前に、教えていた生徒さんでも「セオリー通りに立っていたのに、なぜやられてしまったんでしょう・・・」と、真剣に質問してくる。

もちろん、自分は出来ていると考えている中でやられたので、不思議に感じるのは当然。

でも、考えてみて下さいよ。

正しいポジション、基本のポジションってみんなその対抗策も練習して来ている。

練って来ているから、厳しい攻撃が来るのは当たり前。

正しいポジションに立っても、全てが万能という訳じゃない。

それがテニスのポジショニングの基本でしょう。




問題は、知っているかどうか

この陣形なら、ここが弱い、強い。

弱いからカバーするし、強い部分は活かす。

こういう考え方が出来るかどうか、知っているかどうか、です。

これも、何が正しいということはありません。

大事なのは、アナタ自身が自分で考え、周りの人から聞いたこと、知ったことを加味して結論を出しているかどうか。

知識として持っているかどうか、はあまり意味を持ちません。

アナタ自身が結論を出して、行動に移せているかどうか、が大事です。



どこでも返せる技術、が欲しい

ベストなポジションは、無い。

そしてT-PRESSでは、どんどん前衛が動く、ポジションを変えていくテニスを推奨して来ましたよね。

だからこそ、厳しいようですが「コートのどこからでも、返せる技術」が欲しい。

デッドゾーンでのボレーも必要だし、深い位置からのスマッシュ、ネットに詰めた状態でネットタッチしないボレー。

こういうスタンス、でぜひみなさんも自分を鍛えて欲しいんです。

基本のポジションでのショットは、みなさん上手いんですよ。

でも、少しセオリーから外れたポジションになると・・・どうですか?

乱れる人が、まだまだ多いと思います。

   

弱点を意識し過ぎないこと、も大事

私は、これが大事だと思います。

テニスは結局、相手次第。

例えば並行陣でロブが怖い、弱点だと思っていても、そもそもロブを使って来る相手かどうか、はやってみないと分からない。

弱点を意識し過ぎると、カバーありきのテニスになってしまう。

これでは、ペアとして全然強さが出せないんです。

弱点は意識するけど、し過ぎない。

そうすれば、メリハリの効いたテニスが出来ると思いますよ。



出来るだけ、コートの色々な場所からショットを打つ。

デッドゾーン、サービスライン前後、からハーフボレーやドライブボレー、アナタ自身のバリエーションの中にありますか?

試合で強い人は、こういう微妙なポジションからのショットが上手い。

意識次第で、アナタも変われます。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

    試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。だ…

  2. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数

    テニスは、ラケットでボールを打つ。でも、上手い人って打つという…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「何をすれば、損なのか?」を、テニスの試合では考えよう

    試合に勝ちたい気持ち、みなさん強いですよね。でも、これが強すぎ…

  4. 戦術

    その場になって考える、ではいつまでも試合で後手に回る

    試合になって、頭が真っ白になってしまう。これって、やっぱり「そ…

  5. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を

    勝てない試合は、常に苦しい展開。どのゲームでも先行されるし、ゲ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

    「諦めるな!まだまだここから!」と、応援されるけど、正直しんど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    前に入ってストレートアタック が有効な理由
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  3. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには…
  5. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割…
PAGE TOP