テニス 練習

テニススクール

女性がテニススクールで男性のボールに対抗する為に、必要なこととは?

テニススクールに長くいて、ある程度上のクラスに昇格した女性のみなさん。

でも、ここで一度壁にぶつかるはずです。

上手い男性、ボールが速い男性の生徒さんと、どう打ち合うのか。

ここで対抗できる自信が持てないと、レッスンが億劫になるし楽しくない。

厳しいように聞こえるかもしれませんが、全てはアナタ次第。

発想を変えて、強くなりましょう。

 

女性がテニススクールで男性のボールに対抗する為に、必要なこととは?

 


 

1.「申し訳ない」精神を、卒業しよう

私も以前は、テニススクールのコーチをしていた時代があります。

平日のナイタークラス、女性の生徒さんは正直、かなり大変です。

男性の若い生徒さんのストローク、サーブ、を返すだけでもかなりキツイ。

それは百も承知ですが、あえて言わせて下さい。

「返せなくて、申し訳ない」と思っている暇は、ありません。

返せないなら、どうするのかを自分で考えないと。

ここでコーチに甘えてはダメ。

「男性が、手加減してくれない」というクレーム、女性の中級者の方からたくさん受けました。

でも、私は力だけで勝負する男性は注意しましたが、女性をしっかり倒す男性には何も言いません。

むしろ、技でひねってあげるくらい、じゃないと女子ダブルスでも勝てないですからね。

 

2.壁を目の前にして、どうするのか

これは、女性のアナタ自身のスタンスが問われていると思って下さい。

目の前に大きな壁があって、それにどう対抗していくのか。

試合では、辛く苦しいことばかりです。

もし、テニスの試合に出て勝ちたい、結果を出したいと思っているなら、同じクラスの男性にはしっかり対抗していく術、を磨かないと。

逆に、それが磨かれればすごく強くなります。

テニスの試合は、ミックスダブルスもありますから、強い男性のボールを受けることは試合でもある。

テニススクールでそれがしっかりトレーニング出来ると思えば、すごくラッキーだと思いませんか?

こういう発想を持てるかどうか、が大事です。

 

3.気持ちで引かないこと、が何より大事

私は以前、自分の生徒にはこう伝えてました。

レッスン前のウォーミングアップ、体操をする時間ありますよね。

その時間に、女性の生徒さんの近くに言ってこう伝えます。

「ミスしても良いので絶対に気持ちで引かないこと、は約束して下さい」と。

どうしても、ラリーで男性と打ち合うとメンタル的に引いてしまう。

これを覆すには、レッスンに入る前の決意が大事なんです。

ミックスダブルスの試合でもそうですよね。

「相手が男性でも、タダではやられないぞ」と。

こういう気持ちを持つこと、持てるようにトレーニングしていくこと、はテニス選手にとって必要なことなんです。

 

4.対抗する手段は、まずネットプレー

では実際に、どう対抗していくのか。

まず女性のみなさんに必要なのは、手堅いネットプレーです。

ボレー対ストロークのラリー、絶対にボレー側では簡単なミスをしない、失点をしない。

相手のボールが速くても、ボレーでゆっくり返すことを基本にしっかりと粘る。

もちろん、ボレーのテクニックは大事。

でも、それ以上にこのネットで粘るという意識、が大事になって来ます。

テニススクールでは、ある程度狭い範囲でラリーをしますから、触れないようなボールはそう飛んで来ないはず。

速いボールに対する恐怖心、をしっかり克服すればボールは返る。

まずはしっかりボレーで頑張る、という意識を持つだけで、女性のみなさんのプレーは見違えますよ。

 

私は、「良いテニススクールの基準」を自分の中で持っています。

それは、上級クラスに女性が多いスクール、は良いスクールだということ。

女性のみなさんは男性以上に広いネットワークを持っていますし、良いモノを良い、悪いモノは悪いと見極める目を持っている。

上級クラスの男性の中で頑張る女性、を育てていっているスクールは良いスクールなはず。

みなさんの周りは、どうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

  2. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  3. テニス ダブルス

    テニススクール

    長所を探せる、テニスコーチになって欲しい

    皆さんの周りにも、きっとテニスコーチの方がいるはず。アルバイト…

  4. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基本

    人と人、の間にテニスはある。ボールを打ち合うのもそうだし、教え…

  5. テニス メンタル
  6. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから

    テニススクールで、しっかり上達していくこと。これは、簡単なこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっ…
  2. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!
  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと
  5. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる
PAGE TOP