テニス メンタル

その他

「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?

読者の皆さんの中にも通っている方が多くいるであろう、テニススクール。

そこでは大人数で短い期間の練習、しかもコーチから直接指導をもらえるのは数分間、というクラスも少なくありません。

そんな環境下でも、確実にレベルアップしてく生徒の方もいます。

どんな意識でレッスンに臨むことが重要なのか、元テニスコーチの視点から書かせて頂きます。

 

「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?

 


 

■1回のレッスンで「ボールを打てる数」を把握する

1レッスン、人数やメニュー内容にもよりますが、90分で打てるボールの数は限られています。

1,000球打てれば比較的多いほうと言えるでしょう。

そんな中でもネット裏や縦に3分割したラリーなど、狭い範囲に限定されたケースも多いのも事実。

それでもこの有限の球数を意識すると、より1球も無駄にしたくない、という想いが強くなります。

その熱い想いこそ、練習をより試合で活かせる意味のあるものに変えていけるのです。

■「絶対に諦めない」姿勢で、特に前の浅いボールを最後まで追う

よく緩いレッスンでありがちなのが、浅いボールを平気で2バウンドで返球するケース。

楽しくのんびりやれればそれで良い・・・というクラブ嗜好の年配の方ならまだしも、試合で勝つ為に上手くなりたいなら別。

浅いボールは必死で追いかけ返球しましょう。

脚力に自信が無いのなら、ポジションをネット寄りに立って前をケアするべきなのです。

よくボレー対ストロークのラリーでボレー側が浅くなって「ごめん!」と謝っている場面も見ますが、あれは拾えないストローク側の責任。

試合ではノットアップもエースも、同じ1失点です。

■「ネット裏の狭いスペース」での練習こそ、自分を技術磨き上げる大切な場所

人数が多いクラスでは、ネット裏をしきって生徒同士でのラリー練習が組み込まれることも多くなってきます。

そこで怠けるのか、真剣に取り組むのかは大きな差を生んでいきます。

上達が早く試合でも強くなる人は、その日のテーマを必ずネット裏でも実践します。

狭いスペースですから、よりしっかり集中してタッチ系の技術を磨けるのです。

■休む時間は観察時間、「上級者やコーチ」から盗めるものは必ずある

何を習うかより、何を感じるか。

試合で強い人はその観察眼も優れています。

テニスは視覚で得た情報を、自分でも表現することで上達していく、いわば「真似」が重要なスポーツでもあります。

テニススクールで上達が早い人は、とにかく色々なところを見て自分で感じて、それをテニスに活かしています。

フットワークしかり、ちょっとした動作や口癖などもそう。

あなたの周りには、きっとたくさんの上達のヒントが隠されています。

 

「テニススクールでは、試合に勝てるようなテニスは身に付かない」という声も多く聞きます。

「コーチや同じクラスの生徒に恵まれたらの話」という声もあるでしょう。

しかし、あなたの上達できる環境は、実はあなたが今いる環境なのかも知れません。

私自身もスクールでコーチを勤めながら、クラスやスクールを転々としていく中級者をたくさん見てきました。

試合で勝つ為に必要なもの、それは何より自分と自分の今いる環境と向き合うことです。

まだまだ、テニススクールも捨てたもんじゃありません。

活かすも殺すも、アナタ次第なのですから・・・。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

  2. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

    3月も後半ですね。皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員…

  3. テニス センス

    その他

    テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う

    長くテニスを続けていると、感じることがあります。「この人は上達…

  4. テニス 部活
  5. その他

    「風上、風下、どっちが好き?」実際のテニスの試合でのメリットデメリットを考える

    風が吹いている時に試合って普通にある。風上と風下、どっちが好き…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わす…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します…
  3. テニス知識

    これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!
  5. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない
PAGE TOP