フットワーク

一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?

恐らく、一番試合が多いサーフェスでしょう。

草トー大会では、オムニコートでの試合が多い。

ですが、このコートに合った戦い方、しっかり理解出来ていますか?

もっともっと、しっかり突き詰めて考えておいた方が良いですよ。

なぜなら、ちょっとの差が試合では致命的な差となり、スコア差になっていくからです。

 

一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?

 


 

1.まず、絶対的にボールは「弾まない」

よくボールが弾むようなコート、オムニコートでは無い。

そう、無いと思っておいて良いんです。

砂の多い少ない、天候によって若干は変わりますが、オムニコートではボールは弾まないからバウンドの高さが出ない。

ということは、どういうことか。

普通に待っていたら、ストロークもリターンも低い打点になるということ。

ハードコートのような脅威、は少ないし自分からも出しにくい。

ポジショニングを考えておかないと、オムニコートではずっと攻撃出来ない、ミスが増えるんです。

 

2.いつもよりポジションを前に!

ストロークやリターンのポジション、前で良いと思います。

ベースライン上に立つくらいで良い。

もっと前でも良い、リターンなら尚更ですね。

浅いボールは、本当に辛くなりますから、オムニコートでは。

弾まないで滑って来るので、気付かないうちに打点は低く、打ち辛くなっている。

アナタ自身、自分のポジションを前にすることに貪欲になりましょう。

それが、オムニコートでの戦う道です。

 

3.浅いボールが、使える!

逆に相手には、浅いボールが使えます。

ドロップ系のショットも決まりやすい。

ハードコートよりも、どんどん使って良いでしょう。

相手のポジションを見て、狙えるようならどんどん使う。

ただし、オムニコートは足を滑らせるようにしたスライディング、のキャッチが出来ます。

ここも、相手が使えるようなら「拾われる」という覚悟で使うこと。

でも、心配いりません。

滑るようにして打った後は、戻るのが大変ですから。

基本的に、オムニコートではどんどん浅いボールを使う、ネットプレーを入れていくことを意識していきましょう。

 

4.スライスが効く、だから必要!

3.にも通じますが、とにかくスライスは使いましょう。

男性でスピンを打ちたい方も、オムニコートでのスライスは有効です。

ただでさえ弾まないのに、スライスで余計に弾まない、滑って来る。

これが打てるとミックスダブルスではローリスク、で得点を重ねることが出来る。

オムニコートでは、スライスに苦戦する方、多いですからね。

逆に、打てないとスライスで攻撃されたときに辛いですよ。

普段の練習から、スライスを使っていない人は厳しいでしょう。

オムニコートでの試合を想定して、今からしっかりラリー練習から打っておきましょう。

 

オムニコートで勝てないと、試合で結果は出ない。

賛否両論ありますが、実際に日本のテニスコートはオムニが多いですからね。

まずはこの現実を受け入れて、準備する。

キーワードは、「前に!」です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術と考え方が必要です

    普通に陸上競技でトラックを走る走力と、テニスコートを走る走力とは全く別…

  2. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

  3. フットワーク

    とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

    「ストロークで速いボールを打ちたい!」「サービスエースを取りた…

  4. テニス サーブ

    フットワーク

    明日から出来る試合での改善策は、リズムとテンポを良くしていくこと

    今ある技術で、試合を上手くこなしていく。その中で意識したいのは…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い

    「打ったら戻って!構えて!」こういうアドバイス、皆さんもたくさ…

  6. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」で対抗しよう!

    ダブルスのリターンで特に多いのが、ライジングショットでタイミング速く攻…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つの…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手の高い打点からのフラットショット、を凌ぐ打ち方とは?
  3. テニス ウェア

    メンタル

    試合後の君のテニスウェアは、しっかり汚れているだろうか?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  5. テニス 調子

    ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、テニスの試合で実際どうやってる?
PAGE TOP