フットワーク

一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?

恐らく、一番試合が多いサーフェスでしょう。

草トー大会では、オムニコートでの試合が多い。

ですが、このコートに合った戦い方、しっかり理解出来ていますか?

もっともっと、しっかり突き詰めて考えておいた方が良いですよ。

なぜなら、ちょっとの差が試合では致命的な差となり、スコア差になっていくからです。

 

一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?

 


 

1.まず、絶対的にボールは「弾まない」

よくボールが弾むようなコート、オムニコートでは無い。

そう、無いと思っておいて良いんです。

砂の多い少ない、天候によって若干は変わりますが、オムニコートではボールは弾まないからバウンドの高さが出ない。

ということは、どういうことか。

普通に待っていたら、ストロークもリターンも低い打点になるということ。

ハードコートのような脅威、は少ないし自分からも出しにくい。

ポジショニングを考えておかないと、オムニコートではずっと攻撃出来ない、ミスが増えるんです。

 

2.いつもよりポジションを前に!

ストロークやリターンのポジション、前で良いと思います。

ベースライン上に立つくらいで良い。

もっと前でも良い、リターンなら尚更ですね。

浅いボールは、本当に辛くなりますから、オムニコートでは。

弾まないで滑って来るので、気付かないうちに打点は低く、打ち辛くなっている。

アナタ自身、自分のポジションを前にすることに貪欲になりましょう。

それが、オムニコートでの戦う道です。

 

3.浅いボールが、使える!

逆に相手には、浅いボールが使えます。

ドロップ系のショットも決まりやすい。

ハードコートよりも、どんどん使って良いでしょう。

相手のポジションを見て、狙えるようならどんどん使う。

ただし、オムニコートは足を滑らせるようにしたスライディング、のキャッチが出来ます。

ここも、相手が使えるようなら「拾われる」という覚悟で使うこと。

でも、心配いりません。

滑るようにして打った後は、戻るのが大変ですから。

基本的に、オムニコートではどんどん浅いボールを使う、ネットプレーを入れていくことを意識していきましょう。

 

4.スライスが効く、だから必要!

3.にも通じますが、とにかくスライスは使いましょう。

男性でスピンを打ちたい方も、オムニコートでのスライスは有効です。

ただでさえ弾まないのに、スライスで余計に弾まない、滑って来る。

これが打てるとミックスダブルスではローリスク、で得点を重ねることが出来る。

オムニコートでは、スライスに苦戦する方、多いですからね。

逆に、打てないとスライスで攻撃されたときに辛いですよ。

普段の練習から、スライスを使っていない人は厳しいでしょう。

オムニコートでの試合を想定して、今からしっかりラリー練習から打っておきましょう。

 

オムニコートで勝てないと、試合で結果は出ない。

賛否両論ありますが、実際に日本のテニスコートはオムニが多いですからね。

まずはこの現実を受け入れて、準備する。

キーワードは、「前に!」です。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

  2. テニス サッカー

    フットワーク

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です

    テニスの試合、調子が良い悪い、はどうしても出て来ます。気にしな…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    気が付いていないだけで、スプリットステップにはある秘密がある

    試合の中で、相手のボールへの反応が遅い。こう感じた人は、もしか…

  4. テニス リターン
  5. フットワーク

    ファーストボレーが安定している人は、何を考えてる?

    サーブから前に、アプローチから、リターンから前に。どんな形に…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 日々の雑記

    「みなさん次第です」で逃げてました
  2. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない
  3. テニス ポジショニング

    戦術

    目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく
  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー
PAGE TOP