テニス シングルス

日々の雑記

「テニスは面白い」と思ったまま、各カテゴリを卒業して欲しい

先週末の3連休、とにかく暑かったですね・・・。

関東では台風がそれて真夏並みの天気、試合に出ていたみなさんはさぞ大変だったと思います。

今日も温かい日差しが射してますが、これも今週くらいまででしょう。

ここから先は、本格的な秋・冬のシーズンに。

気が付けば・・・今年もあっという間ですね、本当に。

 

秋は色々、テニスの部やサークルで新しいチームがスタートする時期。

ということは、引退して受験勉強、就職への準備、という方もすごく多いと思います。

学生のみなさんにとっては、秋は新しい環境になるという方が多いんじゃないでしょうか。

私も、高校時代はめちゃくちゃ遅い受験勉強を開始した、苦い思い出もあります。

今回は、この「引退」について。

 

このことを書こうと思ったのも、このニュースを読んだからです。

部員2人の創部から10年。横綱・日大三から大金星を挙げた目白研心ってどんなチーム?

私がテニスで伝えたいこと、願っていること、にすごく通じるものがあります。

引退って、燃え尽きてするものじゃない。

まだまだ希望を大きく持って、今のカテゴリを卒業するだけ。

テニスを引退、なんてする必要無いですよ。

まだまだ長い人生の中で、成長していけるし上手くなっていける。

試合にだって、出ることが出来る。

学生時代にテニスを頑張って、燃え尽きてテニスから離れていく・・・のが、今のテニス界の現状じゃないでしょうか。

当然、やる環境が整っていない、お金がかかり過ぎる、色々な問題はあると思いますが。

 

テニス部、サークルで、楽しいと思えるテニス、感じられるテニス。

これには、まだまだ工夫が必要でしょう。

型にはめられて、それが出来ないと否定される、試合に出られなくなる。

そんな部活やサークル、まだまだ多いですからね。

テニス部にとっての成功、それは部として勝つことはもちろんですが、それ以上に大事にして欲しいことがある。

同窓会で集まっても、テニスが出来る。

何十年経っても、テニスをプレーして心身ともに健康で生きていける。

こういう部、サークルって、最高じゃないですか。

私は、こういうところにこそ、テニスは価値を見出していけると信じています。

これからぐっと寒くなる時期ですので、みなさん体調管理には気を付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。あと2週間、でも…

  2. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む

    最近、こんなご意見を頂きました。「いつも読んでます。とても為に…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています

    今日で、気が付けば2017年も半分が終わり。本当に早いですね・…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスが上達していくと、「現実的にはこんな感じかな?」はイメージ出来ますか?

    10月に入り、すっかり秋・・・という感じですね。4月から9月ま…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    1点をチーム全員で争う野球、ほどの怖さはテニスには無いはず

    日本シリーズ、ソフトバンクホークス強かったですね。第6戦は私も…

  6. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね

    冬の時期って、「採点競技」が増えますよね。冬季オリンピックも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術
  2. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立て…
  5. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK
PAGE TOP