テニス 目

リターン

「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。

当然、こういう試合ではストレートに展開していくリターンが増えますよね。

でも、それだけではダメ。

ポーチに出て来るからストレートに打つ、だけだと相手を避けている感じになってミスも増える。

大事なのは、しっかりと相手の前衛と向き合うことです。

 

「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

 


 

1.真っ向勝負、でいこう!

とにかく、ダブルスのリターンは相手の前衛との勝負。

レベルが高い試合になればなるほど、どんどん動いて来るはずです。

それを避けよう、なんとか上手くやろう、と思っても捕まってしまったりミスになる。

大事なのは、相手の前衛としっかり向き合うことです。

向き合って、勝負する。

そこから逃げない、という意識が大事。

向かっていけば、怖く無いですよ。

 

2.目を合わせる、ことを意識しよう

まず、これが大事ですね。

アナタ自身がリターンのときに、相手の前衛と目を合わせる。

そして、「いつでもそっちに、打てるからね」という無言のメッセージを贈る。

このサーブ前の攻防、で負けてはいけません。

睨みを利かせて、足止めする。

「動けるもんなら、どうぞ」という強気の姿勢が欲しいんです。

相手の前衛の立場になってみて下さいよ。

ずっと自分の方を見て来る相手、にストレートを空けること出来ますか?

そう出来ないですよ。

 

3.目を合わせて、その次は・・・?

私は、目を合わせた次は空いているアレーを見る。

相手の前衛からすると、「ストレートを抜こうとしてるな・・・」と、感じるはずなんです。

目線の動きって、すごく相手のプレッシャーになりますからね。

目を合わせて、その次にアレーを見てけん制する。

本当に狙って打つ時、も同じですよ。

「なんだ、見るだけで打って来ないじゃないか」となったら意味ないですからね。

睨みを利かせて、打つ時には打つ。

恐れず向かっていく、相手前衛の存在を認める感じでプレーしましょう。

 

4.動かない前衛は、いないものと思って

それでも、動かない前衛もいます。

ダブルスの試合、自分のところにボールが来ないと動かない人が8割でしょう。

こういう相手は、睨みを利かせて後は気にしない。

いないものと思って、普通にクロスリターンで良いでしょう。

動かない前衛は、何も怖く無い。

ですが、しっかり意識しているフリをして、睨みを利かせることだけはやっておきましょうか。

これで充分なはずです。

 

目線の使い方、しっかり意識してみる。

すると、相手を上からコントロール出来るような感覚になっていくんです。

こうなると、ダブルスのリターンは楽しくなりますよ。

目を使うだけなら、疲れないしミスも少ない。

睨みを利かせる、その眼光は・・・鋭いですか?

ぜひ、鏡の前で練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  5. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

  6. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」
  2. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも
  5. テニス メンタル

    メンタル

    調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい
PAGE TOP