ダブルス

破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

前衛は、前に、前に。

この意識は大事ですが、それだけなら相手にかわされる。

だからこそ、ミックスダブルスでは掟破りな前衛、になって欲しい。

男性のみなさん、思い切って動きませんか?

ミックスダブルスなら、私は有りだと思いますよ。

 

破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

 


 

1.ミックスダブルスを、現実的に考えよう

ミックスダブルス、女性同士が後衛で、男性同士が前衛。

このパターン、試合でもよくありますよね。

赤が女性、青が男性だと思って見てみて下さい。

女性サーブ、女性リターン。

この場合、男性がどう参加するか、が肝になりますよね。

女性サーブ、の女性リターンの場面では、相手のリターンは山なりに返って来ることが多い。

まぁ、相手の男性、前衛を避けようと思いますからね。

こういうリターンから、山なりのラリーが続く雁行陣同士の戦い、が続く。

ミックスダブルス、でのあるあるじゃないでしょうか?

 

2.前に動いても、ポーチで参加出来ない

実際、相手の女性も触れないようなリターンを打って来ます。

これが上手いんですよ、ミックスダブルスに慣れている人は。

だからこそ、ずっと待っていても男性は触れない。

相手のリターンは、↓のようなエリアにバウンドする絶妙な深さを狙って来ます。

このボール、をどう潰すのかが大事。

男性であるみなさん、どう考えましょうか。

普通に前に動いても、↓触れないなら・・・。

もう、こんな感じで↓後ろに動いてみたらどうでしょう?

思い切って動く、ことが大事。

相手がリターン、ラケットをテイクバックして振り出す少し前、にはもうコースは変えられないですから。

ストレートは捨てて、サービスライン上くらいまで、斜め後ろに下がる。

しっかり下がれば、リターンに触れます。

相手は、女性に山なりに返しているつもりだけど、そこに男性が参加していく。

この勇気、が大事なんです。

思い切った、破天荒な前衛になりましょう!

 

3.そこから、どう狙っていくのか?

触るだけでも、確かにプレッシャーになります。

ですが、そこでスマッシュ、ハイボレーミスしていては、本当の意味でのプレッシャーになれない。

それに、打つコースにも迷いがあるとダメ、ですね。

狙いは、どこがベストでしょう?

基本は、私はクロスにスマッシュ、だと思います。

出来るだけ、相手の女性にもう一度、触らせたい。

相手は、ビックリして気持ちが引いてくれるでしょうから。

安易に、相手の前衛を狙っていくと・・・↓。

きっと、カウンターを喰らうでしょう。

相手の女性に打って、もう一度、前衛のポジションに戻ってみる。

これ↓、すごく良いプレッシャーになると思うんですよね。

合わせて、パートナーも女性も前に出る。

2人でプレッシャーをかける、という意識で攻撃的にいきましょう。

きっと、相手の女性はもう参っているでしょう、メンタル的に。

だからこそ、しっかりプレッシャーをかけて追い詰める意識が大事です。

 

実際に、試合で使えるテクニックです、これは。

男性が前衛にいても、全然存在感が無いミックスダブルス、いるじゃないですか。

そんなペアは、まず勝ち上がれない。

思い切った、斜め後ろへのポーチ。

これが、新しい戦術としてアナタ自身を次のステージに上げていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  2. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは…

    テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えて…

  4. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

    ダブルスの試合の中でポーチボレーをちゃんと仕掛けている?せっか…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

    試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。これ、出来ているようで…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇的に勝率が変わるかも…

    テニスのダブルスの試合で、前衛がポーチに出て後衛がストレートをケアする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い
  2. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく
  4. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?
  5. シングルス

    シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せて…
PAGE TOP