ダブルス

破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

前衛は、前に、前に。

この意識は大事ですが、それだけなら相手にかわされる。

だからこそ、ミックスダブルスでは掟破りな前衛、になって欲しい。

男性のみなさん、思い切って動きませんか?

ミックスダブルスなら、私は有りだと思いますよ。

 

破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

 


 

1.ミックスダブルスを、現実的に考えよう

ミックスダブルス、女性同士が後衛で、男性同士が前衛。

このパターン、試合でもよくありますよね。

赤が女性、青が男性だと思って見てみて下さい。

女性サーブ、女性リターン。

この場合、男性がどう参加するか、が肝になりますよね。

女性サーブ、の女性リターンの場面では、相手のリターンは山なりに返って来ることが多い。

まぁ、相手の男性、前衛を避けようと思いますからね。

こういうリターンから、山なりのラリーが続く雁行陣同士の戦い、が続く。

ミックスダブルス、でのあるあるじゃないでしょうか?

 

2.前に動いても、ポーチで参加出来ない

実際、相手の女性も触れないようなリターンを打って来ます。

これが上手いんですよ、ミックスダブルスに慣れている人は。

だからこそ、ずっと待っていても男性は触れない。

相手のリターンは、↓のようなエリアにバウンドする絶妙な深さを狙って来ます。

このボール、をどう潰すのかが大事。

男性であるみなさん、どう考えましょうか。

普通に前に動いても、↓触れないなら・・・。

もう、こんな感じで↓後ろに動いてみたらどうでしょう?

思い切って動く、ことが大事。

相手がリターン、ラケットをテイクバックして振り出す少し前、にはもうコースは変えられないですから。

ストレートは捨てて、サービスライン上くらいまで、斜め後ろに下がる。

しっかり下がれば、リターンに触れます。

相手は、女性に山なりに返しているつもりだけど、そこに男性が参加していく。

この勇気、が大事なんです。

思い切った、破天荒な前衛になりましょう!

 

3.そこから、どう狙っていくのか?

触るだけでも、確かにプレッシャーになります。

ですが、そこでスマッシュ、ハイボレーミスしていては、本当の意味でのプレッシャーになれない。

それに、打つコースにも迷いがあるとダメ、ですね。

狙いは、どこがベストでしょう?

基本は、私はクロスにスマッシュ、だと思います。

出来るだけ、相手の女性にもう一度、触らせたい。

相手は、ビックリして気持ちが引いてくれるでしょうから。

安易に、相手の前衛を狙っていくと・・・↓。

きっと、カウンターを喰らうでしょう。

相手の女性に打って、もう一度、前衛のポジションに戻ってみる。

これ↓、すごく良いプレッシャーになると思うんですよね。

合わせて、パートナーも女性も前に出る。

2人でプレッシャーをかける、という意識で攻撃的にいきましょう。

きっと、相手の女性はもう参っているでしょう、メンタル的に。

だからこそ、しっかりプレッシャーをかけて追い詰める意識が大事です。

 

実際に、試合で使えるテクニックです、これは。

男性が前衛にいても、全然存在感が無いミックスダブルス、いるじゃないですか。

そんなペアは、まず勝ち上がれない。

思い切った、斜め後ろへのポーチ。

これが、新しい戦術としてアナタ自身を次のステージに上げていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

    ダブルスの前衛として、試合で一番考えることは何か?やっぱり後衛…

  3. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブ…

  4. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

    ダブルスの試合、ロブをカバーに走る。並行陣なら、かなり多くなるシチ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る

    ダブルスの試合、カッコイイ前衛とはこういうこと。味方の後衛、に…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること
  2. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる
  3. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
  4. テニス サーブ

    その他

    長男、次男、長女、次女、一人っ子、テニスが強いのは…?
  5. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
PAGE TOP