日々の雑記

「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない

この時期は、大学のテニスの試合が一区切り。

体育会では公式戦のリーグが終了し、入れ替え戦が無いチームは4年生が引退。

私も先日の連休で、関東の3部の試合を観戦に行って来ました。

 


 

筑波大に着くと、男子の試合だけじゃなく女子の試合も行われていて、コート7面はびっしりと試合で埋まっていました。

応援の人数は200人くらい。

最終戦ということもあり、お互いに力の入った試合を観戦出来て本当に良かったです。

それ以上に嬉しかったのは、現役の学生のみなさんのフェアプレー、クリーンなジャッジ。

私たちの時代とは違うな・・・と、改めて勉強させてもらいました。

 

男子3部の試合は、主審とラインジャッジをお互いの控え選手から出し合うので、揉めることが多い。

つい、自分の学校に優位にジャッジしてしまいたくなるじゃないですか。

その気持ちが無くても、コートで試合をしている4年生の先輩に対して毅然とした態度で臨む、のは簡単ではありません。

私が現役の頃は、本当に揉める試合が多くて、学連と呼ばれる中立の立場の大会委員が呼ばれてばかり。

試合もなかなか進まないで、日没なんてことも多かった。

 

でも、私が見ていた先週末の試合では、ほとんどその学連の人の出番が無い。

ジャッジもクリーンで、お互いに尊重し合っているように感じました。

ホームコートの筑波の選手も、相手選手にトイレを案内したりしっかりサポート出来ている。

自分が学生の頃なんて余裕が無かったし、今の学生の方がよっぽど大人だな、と。

大事なことを、改めて教えてもらったような気がします。

 

昔は良かった、というのは先入観でしかない。

実際に今の現場、生の学生を見れば、それがすごく分かります。

テニスに対して真面目だし、真摯に取り組んでいる。

もちろん、試合会場によっては揉めること、汚いこともあるのかも知れません。

でも、昔を懐かしんで今を憂いているだけでは、何も変わらないですからね。

 

私に出来ることは、卒業していく体育会の学生のみなさんに、テニスを続けてもらうこと。

直接的には難しいですが、このT-PRESSのサイトもそうですし、様々な形で何かしらテニスを続けて欲しい。

せっかく、ここまで培ってきた財産ですから。

少し離れても、また戻って来てラケットを握ってくれる。

熱い試合をしてくれる、続けてくれる。

そんな宿題を、私はもらったような気がします。

週末にテニスを見て、自分も頑張ろうと思える。

そんな人が増えると、良い社会になるんじゃないかなと。

これからも精進していきます!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ

    東レPPOテニスも終わり、今週末からは楽天オープン。日本国内で…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    話やLINEが長い人は、テニスも何がしたいのかよく分からない

    「テニスが上手くなるのは、どんな人ですか?」と、たまに聞かれます。…

  3. 日々の雑記

    サンタの恰好をするテニスコーチ、に一言

    私は昔、苦手でした。この時期になると、みんなでサンタの恰好を…

  4. テニス デビスカップ

    日々の雑記

    デビスカップ フランス戦の観戦で感じた事

    既に何度か記事でも書いていますが、先週末にデビスカップを観戦して来まし…

  5. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています

    今日で、気が付けば2017年も半分が終わり。本当に早いですね・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  2. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよ…
  4. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  5. スマッシュ

    「高い軌道のロブは、落ち着いてワンバウンド」させてグランドスマッシュで打ち抜く為…
PAGE TOP