日々の雑記

「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない

この時期は、大学のテニスの試合が一区切り。

体育会では公式戦のリーグが終了し、入れ替え戦が無いチームは4年生が引退。

私も先日の連休で、関東の3部の試合を観戦に行って来ました。

 


 

筑波大に着くと、男子の試合だけじゃなく女子の試合も行われていて、コート7面はびっしりと試合で埋まっていました。

応援の人数は200人くらい。

最終戦ということもあり、お互いに力の入った試合を観戦出来て本当に良かったです。

それ以上に嬉しかったのは、現役の学生のみなさんのフェアプレー、クリーンなジャッジ。

私たちの時代とは違うな・・・と、改めて勉強させてもらいました。

 

男子3部の試合は、主審とラインジャッジをお互いの控え選手から出し合うので、揉めることが多い。

つい、自分の学校に優位にジャッジしてしまいたくなるじゃないですか。

その気持ちが無くても、コートで試合をしている4年生の先輩に対して毅然とした態度で臨む、のは簡単ではありません。

私が現役の頃は、本当に揉める試合が多くて、学連と呼ばれる中立の立場の大会委員が呼ばれてばかり。

試合もなかなか進まないで、日没なんてことも多かった。

 

でも、私が見ていた先週末の試合では、ほとんどその学連の人の出番が無い。

ジャッジもクリーンで、お互いに尊重し合っているように感じました。

ホームコートの筑波の選手も、相手選手にトイレを案内したりしっかりサポート出来ている。

自分が学生の頃なんて余裕が無かったし、今の学生の方がよっぽど大人だな、と。

大事なことを、改めて教えてもらったような気がします。

 

昔は良かった、というのは先入観でしかない。

実際に今の現場、生の学生を見れば、それがすごく分かります。

テニスに対して真面目だし、真摯に取り組んでいる。

もちろん、試合会場によっては揉めること、汚いこともあるのかも知れません。

でも、昔を懐かしんで今を憂いているだけでは、何も変わらないですからね。

 

私に出来ることは、卒業していく体育会の学生のみなさんに、テニスを続けてもらうこと。

直接的には難しいですが、このT-PRESSのサイトもそうですし、様々な形で何かしらテニスを続けて欲しい。

せっかく、ここまで培ってきた財産ですから。

少し離れても、また戻って来てラケットを握ってくれる。

熱い試合をしてくれる、続けてくれる。

そんな宿題を、私はもらったような気がします。

週末にテニスを見て、自分も頑張ろうと思える。

そんな人が増えると、良い社会になるんじゃないかなと。

これからも精進していきます!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス 雨

    日々の雑記

    最近の雨って、10年20年前と全然違うんじゃないか説

    最近の雨って・・・なんだかすごいですよね。これから梅雨の時期。…

  2. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ

    東レPPOテニスも終わり、今週末からは楽天オープン。日本国内で…

  3. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある

    6月に入り、もう梅雨本番、ですね。ジメジメした時期になりました…

  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね

    冬の時期って、「採点競技」が増えますよね。冬季オリンピックも、…

  5. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

    昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。もう、みな…

  6. テニス 雪

    日々の雑記

    自分の未来から、タイムスリップして戻って来た、って考えてみない?

    やっと暖かい日が増えてきましたね・・・。それでも関東は昨日、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ
  2. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう
  3. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる
  4. テニス フットワーク

    メンタル

    「ムキになって相手のラリーに付き合う」のは本当に危険
  5. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!…
PAGE TOP