ロブ

風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

テニスコートって、高台に多い。

そう感じるのは、私だけでしょうか?

春や秋の大会シーズンは、風が強い中での試合が多いような気がします。

だからこそ、コレを身に付けておくこと。

相手と差を作って勝つには、風を制することが大事です。

 

風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

 


 

1.風下、風上を把握する

これ、当たり前のようで意外と出来ない人が多い。

しっかり冷静に、風の向きを確認する。

斜めから吹く場合もあれば、向きが変わることもあるでしょう。

ですが、「今自分は風下なのか、風上なのか」は、把握しておくこと。

ロブを打つにせよ打たないにせよ、これは大事なポイントです。

 

2.風上、の方が楽そうに見えて実は・・・

大変だと思います。

自分が打つボールが、風に乗ってすぐにアウトしてしまいますから。

風下は、ちょっと強めに打つくらいで良いから楽なんですよね、しっかりラケットを振れますし。

ですので、ロブもこの考え方が大事。

風下からは少し大きめ、アウトするくらいの意識で打つ。

逆に風上からは・・・どうでしょう。

私は、基本はあまり打たない方が良いと思います。

打つなら、低めの中ロブ、にしたいですね。

風が影響を受けるのは、地上から4メートルくらい上、が目安でしょう。

 

3.「風が強いからロブは打たない」が一番ダメ

風下からは強く、風上からは低く鋭く。

これがロブの基本。

風があるから怖くて使えない、という方がいますが、それはもったいない。

だって、相手だって風に乗ったロブ、戻されるロブは嫌なものですから。

スマッシュミス、してくれる可能性が高い。

なかなか、動くロブをスマッシュで打つなんて練習していないですからね。

相手をはめる、のにはもってこいなんです、風が強い日のロブは。

考え方次第で、すごく試合を助けてくれるのが風の力です。

 

4.やることは、大きくは変わらない

意識は変えますが、やることはそんなに変わらない。

しっかりロブを使う、のが私たちの試合の戦い方ですから。

ここをまず、大前提として試合に入る前に確認する。

風が強い中では、より相手に触らせる意識が大事ですね。

それから、もう一つ。

風上から慌てて上げるロブ、これだけは打たないように。

飛距離が出て、アウトするのがオチです。

相手からプレッシャーを感じても、自分が風上に立っているならロブは打ち上げない。

まず入らない、と思った方が良いでしょう。

 

風をしっかり使う、これもテニスの実力のうち。

最近はインドアコートが増えたせいか、風に強い選手、ダブルスペアは減っているように感じます。

だからこそ、みなさんはチャンス!

ぜひ、屋外でも積極的に練習して、風使いになっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. ロブ

    攻めるロブは、あえてクロスに!

    攻撃的なロブ、をしっかり打って攻めたい試合。ダブルスで結構、あ…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?

    相手のスマッシュや、速いストロークやボレーをロブで返球する。試…

  3. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  4. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

  5. ロブ

    ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

    ミックスダブルスの試合で、一番考えておくべきポイント。それは、…

  6. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう

    女子ダブルスで、しっかり結果を出していきたいと考えているみなさん。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる
  2. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰…
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう
  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでい…
  5. テニス チャンス

    練習メニュー

    大事だと分かっていても、練習出来ない技術5つ
PAGE TOP