ロブ

風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

テニスコートって、高台に多い。

そう感じるのは、私だけでしょうか?

春や秋の大会シーズンは、風が強い中での試合が多いような気がします。

だからこそ、コレを身に付けておくこと。

相手と差を作って勝つには、風を制することが大事です。

 

風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

 


 

1.風下、風上を把握する

これ、当たり前のようで意外と出来ない人が多い。

しっかり冷静に、風の向きを確認する。

斜めから吹く場合もあれば、向きが変わることもあるでしょう。

ですが、「今自分は風下なのか、風上なのか」は、把握しておくこと。

ロブを打つにせよ打たないにせよ、これは大事なポイントです。

 

2.風上、の方が楽そうに見えて実は・・・

大変だと思います。

自分が打つボールが、風に乗ってすぐにアウトしてしまいますから。

風下は、ちょっと強めに打つくらいで良いから楽なんですよね、しっかりラケットを振れますし。

ですので、ロブもこの考え方が大事。

風下からは少し大きめ、アウトするくらいの意識で打つ。

逆に風上からは・・・どうでしょう。

私は、基本はあまり打たない方が良いと思います。

打つなら、低めの中ロブ、にしたいですね。

風が影響を受けるのは、地上から4メートルくらい上、が目安でしょう。

 

3.「風が強いからロブは打たない」が一番ダメ

風下からは強く、風上からは低く鋭く。

これがロブの基本。

風があるから怖くて使えない、という方がいますが、それはもったいない。

だって、相手だって風に乗ったロブ、戻されるロブは嫌なものですから。

スマッシュミス、してくれる可能性が高い。

なかなか、動くロブをスマッシュで打つなんて練習していないですからね。

相手をはめる、のにはもってこいなんです、風が強い日のロブは。

考え方次第で、すごく試合を助けてくれるのが風の力です。

 

4.やることは、大きくは変わらない

意識は変えますが、やることはそんなに変わらない。

しっかりロブを使う、のが私たちの試合の戦い方ですから。

ここをまず、大前提として試合に入る前に確認する。

風が強い中では、より相手に触らせる意識が大事ですね。

それから、もう一つ。

風上から慌てて上げるロブ、これだけは打たないように。

飛距離が出て、アウトするのがオチです。

相手からプレッシャーを感じても、自分が風上に立っているならロブは打ち上げない。

まず入らない、と思った方が良いでしょう。

 

風をしっかり使う、これもテニスの実力のうち。

最近はインドアコートが増えたせいか、風に強い選手、ダブルスペアは減っているように感じます。

だからこそ、みなさんはチャンス!

ぜひ、屋外でも積極的に練習して、風使いになっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  2. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

  3. テニス フットワーク

    ロブ

    ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です

    凄いショットがある訳じゃないのに、試合で強い人。こういう人は、…

  4. テニス メンタル

    ロブ

    試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない

    試合で強い選手って、とにかく諦めない。それがよく分かるのが、自…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

    試合に有効な「ロブ」という選択。ダブルスではもはや必須、シング…

  6. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

    試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。綺麗に抜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です
  2. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い
  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークの基本、テイクバックの状態の形を確認しよう
  4. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹…
  5. メンタル

    「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに
PAGE TOP