サーブ

サーブ&ボレー、常識を変えていこう

サーブ&ボレー、なぜなかなか上手くいかないのか。

この問題を考えていくと、常識を変えていくことにつながっていきます。

リターン優位、ボレーヤーとして戦うのは厳しい時代。

だからこそ、もう無理するのは止めましょう。

サーブ&ボレー、一気に前に出る必要は無い。

私は、そう思いますよ。

 

サーブ&ボレー、常識を変えていこう

1.何が難しいって、ファーストボレー

ですよね?実際。

サーブを打って前に出る・・・途端に、足下に鋭いリターンが来る。

そりゃもう、前に出る気なくなりますよね。

「自分のサーブが弱いのか・・・でも、強く打ったら入らないし・・・」こんな悩み、みなさんも経験ありますよね。

赤側がサーブ、アナタ自身だと思ってみて下さい。

サーブを打って、よし、前に出よう!

でも、一般的にファーストボレーに適した場所、と呼ばれるサービスライン付近まで出ること、大変ですよね。

相手が前に踏み込んでリターンして来たら、ファーストボレーまでの時間も無い。

「前に出ないといけない」と思うから、止まれない、バランスが悪い。

ここで、アナタ自身の常識を変えていかないといけません。

 

2.デッドゾーンで止まる、で良い!

私は、これで良いと思います。

サーブを打って、2~3歩前に出て一旦ステップして止まる。

一般的に止まってはいけないとされる、デッドゾーンで止まる。

中途半端?

いや、バランス良く相手のリターンに反応するには、これくらいで良いんです。

相手のリターンを冷静に見極めて、ワンバウンドさせても良い。

しっかりと余裕を持ってプレーすること、が出来るでしょう。

このボールを打ちながら、更にもう少し前に出る。

2段階で、サービスラインの内側に入っていけば良い。

この気持ちの持ち方で、だいぶ楽になるのがサーブ&ボレーです。

この発想、の方が楽にプレー出来ると思います。

 

3.大事にしたいのは、バランス感

並行陣を作る、そのために大事なこと。

それは何より、バランス感です。

いくら前にダッシュで入っても、バランスが悪ければ簡単に崩される。

2段階でも、しっかりと相手を深く押し込んでプレー出来る、この形の方が実戦向き。

サーブ&ボレーの失敗例、ほとんどが「前に出過ぎで止まれていない」ような人ばかり。

相当な脚力が無いと、ここまで一気に前には無理でしょう。

それに、これくらい離れていると、相手の前衛もよく見える。

出て来そうならストレートに流しても良いし、ロブでも良い。

デッドゾーンって、一瞬プレーするだけならドリームゾーンですよ。

ずっとその場にいなければOK、でしょう。

 

ゆったり、前に出るようなプレー。

サーブ&ボレー、焦る必要は全くありません。

2回のプレーで前に出る、もしかしたら、セオリー通りではないのかも知れませんが。

私はこの戦い方の方が勝てる。

みなさんも試してみて、ダメなら戻せば良いだけの話。

次の練習で、ぜひ!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない

    試合中、結構前でリターンしてくる相手、いますよね。特にダブルス…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ

    ダブルフォルトが続いてしまう。このとき、ダブルスだったらアナタ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「〇〇の基本」を確認

    サーブを安定させるときに、意識したいポイントとして「振り出していく指」…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をかわす配球

    テニスの試合で、肝となるのがセカンドサーブでの主導権の奪い合い。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

    ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?…

  6. サーブ

    甘いサーブだと、サーブ&ボレー出来ない?

    これから、サーブ&ボレーにトライしたい。そう考えているみなさ…

特集記事

  1. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会
  2. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・…
  4. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
PAGE TOP