スマッシュ

スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?

試合でしっかり、スマッシュを決める。

なんと、難しいことなんでしょう、本当に。

スマッシュの決定力に悩んでいる方は、「バウンドさせる場所」を今一度チェックしましょう。

それは、スマッシュを打つ位置によって違うはずです。

 

スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?

 


 

1.高くバウンドさせて、相手に触らせない

相手に触らせないスマッシュ、これが理想ですよね。

高くバウンドさせて、その軌道が相手の頭上を越えていく、角度を付けて外に逃げていく。

この軌道を達成するのに、バウンド地点はどこが良いのか?

私は、ある程度チャンスのスマッシュなら「サービスライン付近」を狙います。

この浅さ、があれば、バウンド後に相手が触れない高さになる。

でも、これは余裕がある時ですね。

深いロブのスマッシュは、こうはいきませんから。

 

2.深い位置からは、サービスラインとベースラインの間

ココにバウンドするように、深めに打つ。

もちろん、相手が触ることは想定内。

ただ、出来るだけボールに力がある状態、で打たせたいので深さが欲しい。

狙う範囲は、ある程度アバウトでも良いでしょう。

サービスラインより深め、くらいで良い。

ベースラインを狙うと、アウトも怖いですからね。

下がっている相手なら、サービスラインより深いところで充分。

ココにバウンドさせておけば、そう簡単に深いロブ、なんてのも難しいですからね。

 

3.高いバウンドのスマッシュ、力が無いと打てない?

そんなことはありません。

しっかり打てば、女性の方でも高くバウンドするスマッシュは打てます。

大事なのは、どこにバウンドさせるのか、をしっかり理解しておくこと。

「ここにバウンドさせれば、相手は触れないんだ」という自信が持てれば、振り切れるし自信も持てる。

スマッシュを打っているのに、どこか不安そうな人、多くないですか?

これでは、相手へプレッシャーがかからない。

「あの人には、上げたらダメなんだ」と、思わせたいじゃないですか。

そのためには、バウンド使いにならないとダメ。

 

4.テニスが上手い人は、「バウンド使い」

バウンドを、上手く使うこと。

スマッシュのバウンドは高く弾ませる。

それが難しい深いロブは、失速するバウンドを出来るだけ相手寄り、深い位置にする。

こういう意識、テニスではすごく大事。

どんなに強烈なスマッシュも、相手コート内にバウンドさせないとそれはアウト、になります。

ですから、威力よりも「触れない軌道」かどうか、が大事。

触れても、威力のあるボールかどうか。

この視点、ぜひ意識してみて下さい。

 

スマッシュで怖いのは、強引なミス。

それから、相手からの反撃ですよね。

バウンドを上手く使えるようになると、楽ですよ。

叩き付ける場所、バウンドさせる場所、意識すれば変わります!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス スマッシュ
  2. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い

    深いロブも、スマッシュで。これは、私自身がテーマに置いているポ…

  5. テニス ミス

    スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?

    スマッシュの練習をレッスンの中でよくやるんだけど、もちろん眩しい太陽が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで
  2. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる
  3. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること
PAGE TOP