シングルス

シングルスの試合で、3回左右に振られたら厳しくなる方へ

シングルスの試合で強い人って、左右の揺さぶりに強い。

何度も走っては戻って、を繰り返しても、軸がぶれない。

厳しくなる方は、何かを変えていかないと試合には勝てないですよね。

みなさんも自分をイメージしながら、読んでみて下さい。

 

シングルスの試合で、3回左右に振られたら厳しくなる方へ

 


 

1.なぜ、厳しくなるんだろう?

3回左右に振られたら、なぜ厳しくなるのか。

その時に、何が起きているのかを、まずは思い出してみましょう。

ボールが浅くなるのか、そもそもアウトするのか、追いつけないで終わるのか。

どうやって失点しているかを確認すれば、きっと打開策も見えて来るはず。

私は、結構「コース取りを間違えている」方が多いと思いますよ。

 

2.走って追いついて、ダウンザライン?

これは危険、だと思いませんか?

自分が走って追いついて、余裕が無いのにストレート方向に展開していく。

普通に打っているようで、危険です、これは。

時間を作る、そして次のボールを自分が取りやすいようにと考えれば、クロス方向へのストロークが基本でしょう。

ダウンザラインに打ったら、オープンスペースが出来てそこに間に合わない。

クロスに打っていれば状況は変わる、なのにストレートに焦って打つ人が多いような気がします。

 

3.3回振り回されると、強引な反撃をしたくなる

無理もないです、疲れますから。

「もう・・・一か八か!」ってなっちゃうんですよね。

そうなると、ストレートに打ちたくなる。

結果的に、そのショット自体も入らないし、入っても相手に反撃される。

3回以上振り回されて、強引になってコース取りを間違える。

これを直すだけで、シングルスの試合は劇的に強くなると思いますよ。

走って追いついて、クロスに返す。

このコツさえ覚えれば、シングルスの試合はそう簡単に負けないです。

 

4.テイクバックしながらターン、走る!

何より、この基本が大事です。

追いついてからテイクバック、では遅い。

身体をターンさせて、テイクバックを完了させてから走る。

走り出すと同時に、もうラケットの準備は終わっているイメージですね。

これが出来ると、ボールに追いついても慌てない、自分は準備出来ていると感じられるようになります。

テイクバックしながらターン、と同時にスタートしていれば、クロスへの返球も出来る。

打点を前に取らないと、クロスには打てないですからね。

遅れて強引なダウンザライン、を卒業していきましょう!

 

何気ないショットの選択のようですが、実は深い。

強引なダウンザラインが来ると、「あ、この相手は走らせておけば問題無いな」となりますから。

ぜひ、シングルスの試合では意識してみて下さい。

練習から、左右に走った時にクロス!の心構えが大事ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

  4. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る

    シングルスの練習、皆さんはどんな意識でやってますか?「自分一人…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

  6. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ
  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手の足下、の次はハイボレーをしっかり準備しておこう
  3. ダブルス

    「パートナーのためのファーストサーブ」を意識すれば、テニスのダブルスの試合でのキ…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、…
PAGE TOP