その他

西岡選手を応援したくなる、その理由

「普段、応援している選手はいますか?」というご質問を、頂きました。

私自身は、何より読者のみなさんを応援していますが、プロ選手の中では日本の西岡良仁選手、を応援しています。

なぜなら、良い意味でテニス界の開拓者、だからです。

他の競技ではよくあるようなファンとの接点も、実は少ないのがテニス界。

それを変えようと動いているように見えて、私はすごく応援したいんです。

 

西岡選手を応援したくなる、その理由

 


 

1.山中湖までイベント参戦

数年前でしたが、山中湖のテニスイベント、に西岡選手の姿がありました。

恐らく、怪我の療養機関中だったと思いますが、体育館のような場所で集まったテニス愛好家のみなさんとトークショー。

こういうのって、テニス界は少ないと思いませんか?

応援したい選手を、知る機会が少ない。

これは、プロスポーツ選手としては非常に残念ですし、選手本人の刺激にもならない。

何気なく見かけたその光景に、私はすごく好感が持てました。

だって、本業でないトークなんて、上手く話せるかも分からないですし、陰に隠れていた方が楽ですからね。

テニスさえしていれば良い、と考えているような選手がほとんどですから。

 

2.メーカーイベントでも、頑張ってます

契約しているYONEXのイベントでも、頑張ってPR。

こういうの、出来ない選手の方が圧倒的に多いんですよね。

こうやってYouTube上で見ることが出来るのって、すごく良いですよね。

イベントのその場にいなかった人でも、後から商品の魅力を知ることが出来ますし。

何より、西岡選手自身がやりたい、と意気に感じてくれているように見えるのが素敵だと思います。

渋々、試打会イベントに参加しているプロもいますしね。

人には、伝わります。

本人が、どれだけ真剣に、真摯にテニスと自分に向き合っているのかを。

 

3.こんな企画も、YouTubeで

西岡選手、ファンからの質問にも動画で答えてくれています。

これが面白いんですよ。


テニスプレイヤーで、こういうユーチューバー的な活動をしているのって珍しいですよね。

何より、勇気が要りますし、自分の手の内を見せることにもなりますから、普通は嫌でしょう。

でも、ファンが知りたい、聞きたいのは正にこれなんです。

公式チャンネルには何個か動画がアップされていて、バッグの中身とかも公開してくれてます。

選手を知れば、より応援したくなりますよね!

本当は、試合を解説とかしてくれるともっと嬉しいんですが・・・。

正直、引退して何年も経っている方の解説、よりずっと面白いと思うんです。

 

テニス界には、まだまだ面白い選手や考えを持った人、たくさんいます。

でも、なかなかそれが目に触れる機会が少ない。

私は、いつか将来的にこういう人たちとみなさんの架け橋、にもなっていきたい。

アイデアを温めつつ、準備していきたいと思っています。

まだまだ、テニス界は「やっていないこと」ばかり。

西岡選手に負けないように、頑張ります!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!

    普段、練習で使用しているネット。テニスコートには欠かせないこの…

  2. テニス メンタル

    その他

    「自分にとって平凡なショットで試合を制す」ことが出来れば、テニスの試合に強くなったということ

    試合に強い選手、というのはどういう選手か。それは自分にとって「…

  3. テニス ガスケ

    その他

    アナタが「プロテニス選手になりたい」、のであればテニス以外にもこんな特技があると便利です

    私がレフェリーやディレクターとして、日本で開催されるフューチャーズやチ…

  4. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

  5. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?

    花粉症に苦しむ毎日を送っているが、遂に花粉症の症状に加えて喘息発作も出…

  6. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にとっては大事

    ふと気が付けば、自分の周りはどこか「自分と似たような」仲間ばかり。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「切れ味鋭いストローク」の基本は、20年前とは大きく変わっているという事実につい…
  2. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負…
  3. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「スマッシュで決め切るパワーが足りない・・・」と感じている人は、スタンス広めの意…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分にコミット出来ない人は、裸になれない
PAGE TOP