テニス 戦術

ダブルス

相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事

ダブルスの試合で、浅いボールで攻撃される

これは、特に上のレベルの試合になったら、避けられないこと。

だからこそ、しっかりペアとしての対策が必要です。

ドロップショット、ドロップボレー、試合でしっかり切り返せてますか?

 

相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事

 


 

1.前衛が感じることが出来る、のが強いダブルス

試合では、前衛の方が相手に近い。

だから、何かを感じることが出来るはずなんです。

浅いボールで仕掛けてきそう、ドロップボレーを打ちそう、そんな相手の雰囲気を敏感に感じることが試合では大事。

相手選手の性格を把握することも大事ですね。

私はよくドロップ系のショットを使いますが、なるべくそういう選手だと悟られないように堅実さもアピールする。

この駆け引き、に前衛が勝って、浅いボールに早く気付くこと。

これが試合の現場では大事です。

 

2.どこが「穴」なのかを自覚しよう

ダブルスでも、必ず陣形に穴はあります。

そこを浅いボール、で狙われるのが試合。

だから、まず自分たちで把握しておかないといけないですよね。

後衛の前、前衛の後ろ、どこが自分たちの穴になっているのか。

穴を自覚出来ていれば、相手の攻撃への反応速度も早くなる。

「やっぱり来たか!」と思えれば、攻撃的に切り返していける。

みなさん、前衛でこの感覚でプレーすることが大事ですよ。

 

3.沈めたらドロップボレー、は鉄板の攻撃

相手が並行陣なら、これをまず警戒しましょう。

相手の足下、にボールを沈めたらドロップボレーが来る。

絶対に狙って来る、と覚悟して先読みすることが大事です。

相手が打ってから動いても、テニスでは遅い。

相手が浅い場所、コチラの穴を狙って来るなら、もうその時点で前衛が走る、スペースを消す。

沈めたらドロップケア、これは前衛の仕事です。

後衛が処理する形でも良いですが、その場合でもカウンター攻撃のイメージはしっかりペアで共有しておきましょう。

 

4.さぁ、どこに切り返して攻撃しよう?

でも、ただ拾うだけなら、意味が無い。

せっかくしっかり追いつけたなら、そこから反撃していかないと試合には勝てないですからね。

狙いは、まず相手のセンター、それからアングルのコースですね。

相手の浅いボールを先読みして反撃するなら、同じく相手の浅いスペースを突くのも有り。

相手が並行陣なら前衛の後ろに、ヒョイっとロブを上げるのも良いでしょう。

どこに切り返して攻撃していくのか、前衛のポジションに入ったら常に考えて浅いボールを警戒しましょう。

 

何となく、相手がドロップ系のショットを打ちそうな雰囲気。

試合の中で、感じることが大事。

またほとんどの選手は必ず、テイクバックに何かしらの癖があります。

じっくり観察すれば、きっと気付けるはずです。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい

    ダブルスの前衛で、相手のリターン選手を観察する。まさにリターン…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?

    女子ダブルスの試合、特にベテランや女子連の方の試合を観ていて感じること…

  5. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い

    ダブルスの試合、4人の雰囲気を観ていると面白い。ゲームメーカー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?
  2. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  3. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!
  4. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる
PAGE TOP