テニス 戦術

ダブルス

相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事

ダブルスの試合で、浅いボールで攻撃される

これは、特に上のレベルの試合になったら、避けられないこと。

だからこそ、しっかりペアとしての対策が必要です。

ドロップショット、ドロップボレー、試合でしっかり切り返せてますか?

 

相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事

 


 

1.前衛が感じることが出来る、のが強いダブルス

試合では、前衛の方が相手に近い。

だから、何かを感じることが出来るはずなんです。

浅いボールで仕掛けてきそう、ドロップボレーを打ちそう、そんな相手の雰囲気を敏感に感じることが試合では大事。

相手選手の性格を把握することも大事ですね。

私はよくドロップ系のショットを使いますが、なるべくそういう選手だと悟られないように堅実さもアピールする。

この駆け引き、に前衛が勝って、浅いボールに早く気付くこと。

これが試合の現場では大事です。

 

2.どこが「穴」なのかを自覚しよう

ダブルスでも、必ず陣形に穴はあります。

そこを浅いボール、で狙われるのが試合。

だから、まず自分たちで把握しておかないといけないですよね。

後衛の前、前衛の後ろ、どこが自分たちの穴になっているのか。

穴を自覚出来ていれば、相手の攻撃への反応速度も早くなる。

「やっぱり来たか!」と思えれば、攻撃的に切り返していける。

みなさん、前衛でこの感覚でプレーすることが大事ですよ。

 

3.沈めたらドロップボレー、は鉄板の攻撃

相手が並行陣なら、これをまず警戒しましょう。

相手の足下、にボールを沈めたらドロップボレーが来る。

絶対に狙って来る、と覚悟して先読みすることが大事です。

相手が打ってから動いても、テニスでは遅い。

相手が浅い場所、コチラの穴を狙って来るなら、もうその時点で前衛が走る、スペースを消す。

沈めたらドロップケア、これは前衛の仕事です。

後衛が処理する形でも良いですが、その場合でもカウンター攻撃のイメージはしっかりペアで共有しておきましょう。

 

4.さぁ、どこに切り返して攻撃しよう?

でも、ただ拾うだけなら、意味が無い。

せっかくしっかり追いつけたなら、そこから反撃していかないと試合には勝てないですからね。

狙いは、まず相手のセンター、それからアングルのコースですね。

相手の浅いボールを先読みして反撃するなら、同じく相手の浅いスペースを突くのも有り。

相手が並行陣なら前衛の後ろに、ヒョイっとロブを上げるのも良いでしょう。

どこに切り返して攻撃していくのか、前衛のポジションに入ったら常に考えて浅いボールを警戒しましょう。

 

何となく、相手がドロップ系のショットを打ちそうな雰囲気。

試合の中で、感じることが大事。

またほとんどの選手は必ず、テイクバックに何かしらの癖があります。

じっくり観察すれば、きっと気付けるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

    「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。試…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?

    よく頂くご相談の中に、「前衛の心構えって、何ですか?」というご質問を頂…

  3. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。ア…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスはいつでも、「お互い様」

    試合って、緊張します。でも、何で緊張していたのかを思い出してみ…

  5. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い

    試合で勝ちたければ、激しく、したたかに。無難なプレー、要りま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい
  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から…
  3. 日々の雑記

    私たちのテニスは、右脳的に
  4. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている
  5. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に
PAGE TOP