リターン

バックハンドでストレート方向にリターン、フォロースルーは無くて良い

両手でも片手でも、ここぞという場面ではストレート方向にリターンを打ちたい。

ダブルスの試合では、特に大事な技術ですよね。

技術的に難しいショット、だからこそ私はシンプルに打ちたい。

試合で意識しているのは、フォロースルーを0にすること、です。

 

バックハンドでストレート方向にリターン、フォロースルーは無くて良い

 


 

1.打つというより、弾く感じ

私は片手バックハンド、でリターンを打ちますが、ストレートに打つ時に意識していること。

それは、打つというより「弾く」という感覚。

当たったら、ラケットの動作を止める。

正確に言えば、打つ前からもう「引く」動作に入っている感じ、ですね。

パン!と打って、すぐ次に備える。

何せダブルスの試合なら、相手の前衛に向かって打つ形ですからね。

打った後に、すぐに相手の返球がボレーで来る。

だからこそ、フォロースルーは0で良いんです。

 

2.とにかくコントロール勝負、威力は要らない

そもそも、威力は要らない。

相手の前衛に触らせる、くらいで良いんです。

ポーチに動いて来る相手をけん制出来るので、威力なんて要らないのがストレートへのリターン。

むしろ、正確なコントロールこそ相手への最高なプレッシャーになります。

フォロースルーを無しにする、0にするのって結構勇気要りますよね。

でも、心配しなくてもボールは飛んでくれます、アナタが思っている以上に。

 

3.高い打点で少しフラット気味に、がコツ

私が意識しているのは、打点の高さ。

相手のサーブを出来るだけ前で、ライジング気味にリターンしていく。

そうすれば、フォロースルーが0でも充分に良いリターンは打てます。

これが、下がってリターンしていると、なかなか難しいんですけどね。

前に入ってライジングで打てば、サーブの力を使ってリターン出来るんです。

下がって同じことをしようとしても、ボール自体に力が無いですから上手く飛んでくれない。

前に入って、高い打点で弾くように打つ。

きっとアナタが思っているより、難しくは無いですよ。

 

4.リターンから攻めること、を恐れるな!

試合では、これが大事。

リターンはまず返して・・・が、確かに基本でしょう。

でも、それで強い相手に勝てますか?

やはり、バックハンド側に来たサーブを、ストレートに打っていくような展開、ポイントが必要だと思うんですよね。

リターンから攻めていける選手、になって欲しいんです。

バックハンドリターンを恐れない、という姿勢を見せる為にも、フォロースルー0でラケット動作を止めるようなショット、必要です。

前に入って打ちますから、腕の力は要らない。

身体ごとぶつけていく感じ、でぜひトライしてみて下さい。


難しそうに見えても、やってみたら出来ること。

バックハンドのリターン、なんてまさにそれだと思います。

苦手意識があるから、下がって上手くいかない。

結果的に返すだけのリターンになってしまう。

そんな自分を変えていくには、フォロースルー0、でのストレートへのリターンです。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  2. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術

    「左利きのサーブにやられた!」そんな経験、ありませんか?でも後…

  3. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

    両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。その…

  4. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  5. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落としましょう

    試合の流れを大きく左右するのが、リターンの精度。サーブもそうで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている
  2. テニス ストローク

    ストローク

    結局テニスの試合で、どんなショットを打てば良いのか分からない人へ
  3. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
  4. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、練習からネット近くの光景に自分から慣れ…
PAGE TOP