ダブルス

「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

ダブルスはペアで戦うコンビネーションが重要。

プロテニスの試合でも、シングルスの試合と比較してシードダウンが多いのがダブルスの特徴でもあり、醍醐味です。

つまり、格上に勝つチャンスはシングルス以上にある可能性が高く、アナタ自身もそのチャンスがあります。

そこで今回は、格上ペアと対戦するときに意識した、テニスの常識から逸した考え方でダブルスを考えてみましょう。

 

「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

 


 

■そもそも、「格上ペア」と感じてしまうのは?

個人のスキルで比較したときに、相手が格上だと感じてしまうことが多いようです。

確かに1対1でのラリーになると、テニスでは個人のスキル、特にダブルスではストローク力の勝負になってしまいます。

前衛もなかなか動けな雁行陣のラリーになってしまっては、押し込まれて苦しくなってしまうだけ。

どんな工夫が必要でしょうか?

 

■ストレートの展開は「逃げ」ではない、ということ

テニス=クロスショットが基本、という考え方はセオリー通りです。

しかし格上相手にセオリー通りに戦っても、相手を楽にさせてしまうだけ。

「いつもと違う、リズムを変える」ということをやって初めて、格上相手にチャンスが見えてきます。

ダブルスにおいて、その最も有効な手段がストレートへの展開です。

雁行陣でのストレートロブ、前衛のボディへのアタックをどんどん取り入れていきましょう。

相手が張って来るまでは、全部ストレートに打っても良いくらい、大胆に攻めていきましょう。

 

■相手前衛のネットプレーは狙い目

女性でネットプレーが得意な選手は、比較的少ないのが実際のテニス界です。

特に高校生、大学生の皆さんの中には、自分もそうかも・・・と、感じる方もいるんじゃないでしょうか。

ここを狙わない手はありません。

大切なのは、アナタのペア=前衛ともしっかりプランを打ち合わせしておくこと。

2対1の構図をできるだけ多く作ることが大切です。

後衛で得意のストロークはなるべく打たせないこと、これが勝利への第一歩です。

 

■アナタが格下ペアにやられて嫌なことを考えて実践するだけ

今まで述べてきたことは、アナタ自身が格下相手に実践されると嫌な攻め方かも知れません。

このストレートへの展開以外にも、格下相手にやられると嫌なことはありませんか?

リターンをゆっくりでも入れてくる、サーブはファーストサーブを入れてくる、最後まで諦めないでボールを追いかける・・・。

一度整理して考えてみると、アナタが格上相手に戦う方法が見えてきます。

 

実際に、自分で考えるほどテニスに実力差はありません。

しっかりと差がある場合には、出る大会が異なると考えましょう。

同じコートに立てば、最後まで相手に勝つ方法を考え抜いて実践することが大切。

そして練習時から、こういった「ストレートへの展開」のようにイレギュラーな戦法を実戦できるように意識しましょう。

いきなり本番の試合で実践、ではなく、まず練習試合の中で試して感触を磨いて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ

    ダブルスの試合で、後衛同士のラリーが速いとき。「これは、邪魔出…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。…

  3. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

  4. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

    ダブルスの試合は、相手コートに2人。前衛もいる中で、サーブが強…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

    ダブルスの試合、相手を攻撃していく基本パターン。相手雁行陣に対…

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない
  5. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る
PAGE TOP