テニス ボレー

その他

テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

テニスの試合、大会は、誰もが平等に扱われる真剣勝負。

本当に、そう思いますか?

実は、そうじゃないんです。

テニスに限った話ではないかもしれませんが、大会側にも意図がある。

少し考えてみれば、それは至極当然の話、なんです。

私たちが戦うべき相手、倒す相手は、実はすごく強い後ろ盾があると覚悟しておきましょう。

 

テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

 


 

1.第1シードがサクッと負ける、そんなの誰も望んでいない

テニスの大会の中での、シード選手。

それは、大会の華であり、勝ち進んで欲しい選手、でもあります。

「グランドスラムの大会だけの話でしょ?」と、思いますか?

いえ、私たちの草トーや市民大会、だってそうです。

代表を決めるような地区予選、でもそう。

第1シード、つまりは実力がNo.1の選手が勝ち上がって、優勝したり代表になることが、運営側としても望ましいと考えている。

ポッと出の選手に代表になられて、次のステージで負けられても困りますからね。

つまりは、テニスの大会は「シード選手が勝ち上がるように、組まれている」ということ。

これくらいに考えておいて、損は無いです。

 

2.優遇されないこと、を嘆いてはいけない

私自身も、たくさん近しい光景を見て来ました。

どんなに下部ツアーの大会でも、シード選手って優遇されます。

小さい控室しかなければ、それはシード選手専用の部屋になる。

シード選手からの要望があれば、コート脇の木を切ったり落ち葉を掃除したり、たくさんやりましたよ。

「そんなの、差別だ!」と思う気持ちも、分かります。

でも、勝ち上がってアナタ自身がそのポジションを奪うしか、道は無いんですよ。

 

3.最大の敵は、周りの観客

それから、もう一つ。

一番のシード選手の味方は、周りの観客です。

アナタ自身がどんなに善戦しようとも、シード選手が簡単に負けることを周囲は望んでいない。

そんな雰囲気が、試合会場、コートの周りを包んでいくような経験、ありませんか?

これを乗り越えないと、アナタ自身に勝利は無い。

格下は、悪役。

それくらいの覚悟を持って、試合に臨んだ方が良いでしょう。

最大の敵は、観客?

いや、その観客の応援に心が折れてしまう、自分自身の弱い心です。

 

4.欲しければ、奪い取ろう

シード順位は、待っていても与えられない。

どこかで倒して、アナタ自身が奪い取らないといけないもの、ですからね。

市民大会や県大会、もう倒すべき相手はイメージ出来ているはず。

それを、応援する運営側や観客、も想像してみましょう。

そこに対して、向かっていける心の準備、出来てますか?

アナタ自身の強さ、が試されるのがこういう戦い、です。

それがテニスをしていて、最高に楽しいんじゃないですか。

 

壁を越えることは、最高の自信になる。

完全にアウェーの雰囲気での試合、勝てると本当に自信になりますから。

まずは、シード選手と試合が出来るように、勝ち上がりましょう。

そして、自分自身と戦いましょう!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

    テニスの痙攣と言えば、脚。真夏の試合では、しっかりケアしていて…

  2. テニス ボレー

    その他

    自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよう!

    試合中に慌てず、平常心でプレーする為には何が必要なのか。メンタ…

  3. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

    高校でテニスを始めたキッカケは単に両親、特に父親のラケットが家の中にゴ…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は教えないのか?

    ここ数年、学生の大会を観ていて感じることがある。大事な試合、団…

  5. その他

    後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い

    「どうも、後輩に信頼されていないようで・・・」と悩んでいる部活…

  6. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い
  2. ストローク

    「ハッ!」より、「フー」
  3. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心してい…
  4. メンタル

    心の弱さが、ミスになるのがテニス
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせて…
PAGE TOP