テニス ボレー

その他

テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

テニスの試合、大会は、誰もが平等に扱われる真剣勝負。

本当に、そう思いますか?

実は、そうじゃないんです。

テニスに限った話ではないかもしれませんが、大会側にも意図がある。

少し考えてみれば、それは至極当然の話、なんです。

私たちが戦うべき相手、倒す相手は、実はすごく強い後ろ盾があると覚悟しておきましょう。

 

テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

 


 

1.第1シードがサクッと負ける、そんなの誰も望んでいない

テニスの大会の中での、シード選手。

それは、大会の華であり、勝ち進んで欲しい選手、でもあります。

「グランドスラムの大会だけの話でしょ?」と、思いますか?

いえ、私たちの草トーや市民大会、だってそうです。

代表を決めるような地区予選、でもそう。

第1シード、つまりは実力がNo.1の選手が勝ち上がって、優勝したり代表になることが、運営側としても望ましいと考えている。

ポッと出の選手に代表になられて、次のステージで負けられても困りますからね。

つまりは、テニスの大会は「シード選手が勝ち上がるように、組まれている」ということ。

これくらいに考えておいて、損は無いです。

 

2.優遇されないこと、を嘆いてはいけない

私自身も、たくさん近しい光景を見て来ました。

どんなに下部ツアーの大会でも、シード選手って優遇されます。

小さい控室しかなければ、それはシード選手専用の部屋になる。

シード選手からの要望があれば、コート脇の木を切ったり落ち葉を掃除したり、たくさんやりましたよ。

「そんなの、差別だ!」と思う気持ちも、分かります。

でも、勝ち上がってアナタ自身がそのポジションを奪うしか、道は無いんですよ。

 

3.最大の敵は、周りの観客

それから、もう一つ。

一番のシード選手の味方は、周りの観客です。

アナタ自身がどんなに善戦しようとも、シード選手が簡単に負けることを周囲は望んでいない。

そんな雰囲気が、試合会場、コートの周りを包んでいくような経験、ありませんか?

これを乗り越えないと、アナタ自身に勝利は無い。

格下は、悪役。

それくらいの覚悟を持って、試合に臨んだ方が良いでしょう。

最大の敵は、観客?

いや、その観客の応援に心が折れてしまう、自分自身の弱い心です。

 

4.欲しければ、奪い取ろう

シード順位は、待っていても与えられない。

どこかで倒して、アナタ自身が奪い取らないといけないもの、ですからね。

市民大会や県大会、もう倒すべき相手はイメージ出来ているはず。

それを、応援する運営側や観客、も想像してみましょう。

そこに対して、向かっていける心の準備、出来てますか?

アナタ自身の強さ、が試されるのがこういう戦い、です。

それがテニスをしていて、最高に楽しいんじゃないですか。

 

壁を越えることは、最高の自信になる。

完全にアウェーの雰囲気での試合、勝てると本当に自信になりますから。

まずは、シード選手と試合が出来るように、勝ち上がりましょう。

そして、自分自身と戦いましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ミス
  2. テニス アクセス

    その他

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付け…

  3. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

    「テニスについて、自分でも考えるようになりました」というお声を…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さを感じましょう

    テニスがある程度上達してくると、「タッチ感覚」という言葉をよく聞くよう…

  5. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差になります

    テニスの試合で反応が良い選手、予測が鋭い選手、試合で強いですよね。…

  6. その他

    第1回 読者ミーティング 無事終了しました!

    昨日にて、第1回 読者ミーティングを開催させて頂き、無事終了することが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?
  2. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシ…
  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること
  4. テニス ボレー

    戦術

    チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK
  5. テニス メンタル

    メンタル

    どんなに相手が強敵でも、人間の力に大差は無い
PAGE TOP