ストローク

ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

深いストロークを打とうと思っても、浅くなってしまう。

試合で相手を押し込めないと、結果的に焦ってミスになってしまいますよね。

ストロークの深さ、について、もしかしたらみなさん誤解している部分がるかも知れません。

ストロークの軌道の頂点、どこにもってくればより深さ、が出ると思いますか?

 

ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

 


 

1.ネットを越えるプレッシャー、が試合では大きい

やっぱり、ネットを越えないといけない、というプレッシャーがありますからね。

特に試合では、ネットミスは怖いし、避けたい。

それは当然の心理です。

だからつい、私たちはネットを通過する瞬間、を一番高い位置にもってきたくなる。

ストロークの軌道の高さ、ネットの上が一番高い設定だと・・・どうでしょう?

浅いストロークになってしまうケース、が多いと思います。

 

2.軌道の頂点は、ネットと相手コートのサービスラインの間

ちょうど真ん中、くらいでしょうか。

ネットよりも相手寄り、にストロークの軌道の頂点がある、一番高いポイントがある。

回転量やスピードにも寄りますが、かなり相手寄りなんですよね。

ネットを越えて、まだまだボールは上方向に飛んでいく。

そして、サービスライン付近で下方向に落ちていく。

まず、この軌道をイメージしてみましょう。

そうすると、自然にストロークに良い深さ、が出て来ると思いますよ。

 

3.でも今度は、アウトが怖くなるはず

試合では、緊張するポイントも多い。

そうなると、今度はアウトが怖くなるんですよね。

ネット上より向こう側、に軌道の頂点をもってくるとなると、アウトしそうに感じて来る。

これが、またストロークを浅くしてしまう要因になってしまいます。

克服したいなら、しっかりと回転をかけること。

回転をかけるストローク、でネットより奥に軌道の頂点、をキーワードに振り切ること。

基本ですが、試合ではこれが大事。

ストロークを深く打つなら、回転量は絶対に必要です。

 

4.最後は、振り切った者勝ち

「それって、コツでも何でもないじゃん!」と思うかも知れません。

でも、試合に出ている方なら、気付くはず。

これが最後に、大事なんですよ。

いかに振り切れるかどうか、ストロークの軌道を高くして打てるかどうか。

振り切ったら入る、入らないのはどこか、置きにいってるからでしょう。

強い人だけ、知っています。

迷ったら振り切る、振り切ればそのボールは深く入る、ということを。

 

軌道の頂点をどこにもっていくのか、は自分ではなかなか気づき辛い。

なぜなら、自分が打ったボールを横から見ることは出来ないですからね。

正面から見ていると、どこでボールが一番高い地点を通過しているのか、が分からないものなんです。

意識して、頂点をもっと相手寄りに設定してみましょう。

それだけで、かなり深さが出ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試合で使おう!

    最近は男女共に日本チームが活躍している、世界卓球の試合を観ている方、た…

  2. テニス ガスケ

    ストローク

    パッシングショットは、「落として抜く」という発想で

    試合で使えるパッシングショット。みなさん、相手が前に出て来たと…

  3. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  5. テニス ロブ
  6. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう

    ダブルスの試合で、相手が並行陣になると急に手詰まり、になってしまう方。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
  3. その他

    テニスの試合では、「ショット一発の威力」に頼っていると、打った後に隙だらけになり…
  4. 戦術

    完璧じゃないから、大丈夫なのよ
  5. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる
PAGE TOP