ストローク

ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

深いストロークを打とうと思っても、浅くなってしまう。

試合で相手を押し込めないと、結果的に焦ってミスになってしまいますよね。

ストロークの深さ、について、もしかしたらみなさん誤解している部分がるかも知れません。

ストロークの軌道の頂点、どこにもってくればより深さ、が出ると思いますか?

 

ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り

 


 

1.ネットを越えるプレッシャー、が試合では大きい

やっぱり、ネットを越えないといけない、というプレッシャーがありますからね。

特に試合では、ネットミスは怖いし、避けたい。

それは当然の心理です。

だからつい、私たちはネットを通過する瞬間、を一番高い位置にもってきたくなる。

ストロークの軌道の高さ、ネットの上が一番高い設定だと・・・どうでしょう?

浅いストロークになってしまうケース、が多いと思います。

 

2.軌道の頂点は、ネットと相手コートのサービスラインの間

ちょうど真ん中、くらいでしょうか。

ネットよりも相手寄り、にストロークの軌道の頂点がある、一番高いポイントがある。

回転量やスピードにも寄りますが、かなり相手寄りなんですよね。

ネットを越えて、まだまだボールは上方向に飛んでいく。

そして、サービスライン付近で下方向に落ちていく。

まず、この軌道をイメージしてみましょう。

そうすると、自然にストロークに良い深さ、が出て来ると思いますよ。

 

3.でも今度は、アウトが怖くなるはず

試合では、緊張するポイントも多い。

そうなると、今度はアウトが怖くなるんですよね。

ネット上より向こう側、に軌道の頂点をもってくるとなると、アウトしそうに感じて来る。

これが、またストロークを浅くしてしまう要因になってしまいます。

克服したいなら、しっかりと回転をかけること。

回転をかけるストローク、でネットより奥に軌道の頂点、をキーワードに振り切ること。

基本ですが、試合ではこれが大事。

ストロークを深く打つなら、回転量は絶対に必要です。

 

4.最後は、振り切った者勝ち

「それって、コツでも何でもないじゃん!」と思うかも知れません。

でも、試合に出ている方なら、気付くはず。

これが最後に、大事なんですよ。

いかに振り切れるかどうか、ストロークの軌道を高くして打てるかどうか。

振り切ったら入る、入らないのはどこか、置きにいってるからでしょう。

強い人だけ、知っています。

迷ったら振り切る、振り切ればそのボールは深く入る、ということを。

 

軌道の頂点をどこにもっていくのか、は自分ではなかなか気づき辛い。

なぜなら、自分が打ったボールを横から見ることは出来ないですからね。

正面から見ていると、どこでボールが一番高い地点を通過しているのか、が分からないものなんです。

意識して、頂点をもっと相手寄りに設定してみましょう。

それだけで、かなり深さが出ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス 調子

    ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

    テニスのストロークで、攻守の切り替えが曖昧になっている人、いませんか?…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人は、ボールに合わせてスウィングを調整し過ぎ

    ストロークでスピンがしっかりかからない。スピン系のショットが安…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!

    ストローク、特にクロス方向へのショットは一番使うショット。シン…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

    今年も始まりましたね、熱い全仏オープンの戦いが・・・。やはり全…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う
  4. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない
  5. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?
PAGE TOP