テニス メンタル

その他

インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた

毎日、暑い日が続きますね・・・。

本当にみなさん、身体の健康が第一です。

間違っても、無理に外で練習したり、試合を続けたりするのは危険ですから避けましょう。

と、思いながら・・・今回はこのテーマで書いてみたいと思いました。

暑い夏の日、私は高校一年生の時の「ある思い出」があります。

今からもう20年以上前ですから、インターネットというものがあまり一般的でなかった時代の話、です。

 

インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた

 


 

1.全国レベル、というものを感じに兵庫県に行ってみた

私は当時、広島に住んで普通にテニスをやる高校生でした。

でも、何かのご縁で兵庫県の強豪校の練習に参加させてもらう、ということになったんです。

確かラケットメーカーのイベントだったと思うんですが、すごく緊張しながら参加したのを覚えています。

色々自分で調べて、「全国のテニスって、どんなレベルなんだろう?」と思って、必死に打ち合える場所を探してたのを覚えています。

いざ参加してみると、もう大人と子供みたいな感じ。

レベル差に驚く、というよりは、とにかく楽しかった。

肌で感じることが出来て、自分たちの普段の練習を考える良いきっかけになりましたからね。

練習メニューも、ショットに対する考え方も、全く自分たちとは違う、別な競技みたいな感覚。

こういうのも、今の時代はインターネットで簡単に動画を観ることが出来る。

本当に、これを活かさない手は無いですよ。

 

2.「知らない」というのは、実に恐ろしいこと

テニスにおいて、これは非常に恐ろしいこと、なんです。

技術的なアイデアにしてもそうですし、参加出来る試合やイベントを「知らない」というのは、非常に怖いこと。

それ自体が、アナタ自身の弱さになると思っておいた方が良い。

「何を大げさな」と思うかも知れませんが、知っていれば得すること、つながっていれば活かせることがたくさんある。

私が高校時代に1.のような経験が出来たのも、兵庫県であるイベントを知っていたから。

そして、そのイベントにつながりがある人も、たまたま知っていたから。

こういう偶然って、実は偶然じゃない。

みなさん自身が掴んでいくもの、ですからね。

 

3.上手い人は増えたけど、強い人は減ったかも知れない

と、同時に・・・これも感じます。

これだけインターネットで情報を得ることが出来る時代になりましたから、「知っている人」は増えたと思います。

本当に、テニスオタクみたいな人、多いですよね。

それはそれで、知識も豊富で、試合情報についてもたくさん知っているから素晴らしいこと。

でも・・・どうでしょう。

簡単に得られる情報って、自分以外も、みんなが得ている可能性が高い。

簡単に得られる情報がたくさんあると、人は受け身になってしまいがち。

インターネットが無い時代は、みんな自分の足で試合を観に行ったり、練習会に参加したりしてましたから。

もう、必死ですよ、そりゃ。

交通費や宿泊費の元を取らないといけないですからね。

こういう経験を通じて、テニスは強く、たくましくなっていくんです。

この熱量って、インターネットの登場によって削がれたように思います。

 

4.「本物を生で見る」ことに、貪欲になって欲しい

ですので、出来るだけみなさんは生で見て欲しい。

インターネットの活用、大いに結構。

ただし、生で見る、自分でお金や時間を削って見て自分のものにしていく姿勢、がテニスを強くしていくんじゃないかなと。

生で見ること、がどれだけの価値があるのかは、経験しないと分からない。

「動画でスマフォで見ても、一緒でしょ」と思う方が、ほとんどでしょう。

でも、やはり違います。

だって、みなさんのテニスの試合だって、生のリアルの世界で行われる訳じゃないですか。

それに近い感覚は、やはり生で観て感じて欲しいと私は思います。

 

インターネットも、使い方次第。

受け身にならず、自分で積極的に活用して、結果的にリアルな機会につなげていく。

「知っている」の次の段階、にみなさんもステップアップして欲しい。

ともすれば、今の時代はすぐに受け身、になりがちですから。

試合で強い選手になりたければ、「自分で知っているうえに、自分からリアルに動けている」人になりましょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました

    テニスの大会の醍醐味の一つが、団体戦。関東には一泊二日の泊まり…

  2. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「体力が低下すると思考能力も著しく低下する」ことを覚えておこう

    試合で激しく体力を消耗したときのこと、アナタは覚えていますか?…

  3. テニス 主将

    その他

    「8月はアウトドアテニスは回避…」しても家でやっておきたい試合に向けた準備5つ

    いくら何でも、今年の夏は暑すぎる・・・。テニスしたくても身の危…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  5. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ

    今回は少し趣向を変えて、開幕した近畿インターハイ会場について。…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い

    テニスの試合は、自分がボールを打つ瞬間とその他、の時間の繰り返し。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます
  2. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い
  5. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に自分の最高の攻撃パターンを見せておこう
PAGE TOP