テニス メンタル

日々の雑記

「記事のネタは、いつもどこから?」のご質問について

いつもT-PRESSを読んで頂きまして、ありがとう御座います!

すっかり梅雨時期から夏、になりつつある感じで、季節の変わり目ですね。

土日になかなか晴れの日が無くて、テニスが出来ない・・・でモヤモヤしている方も多いと思います。

まぁ、この時期は仕方ないですね。

 

さて、最近よく頂くご質問に、「いつも、どこから記事のネタを仕入れてますか?」というお声を頂きます。

私自身、これはたくさんのところから、なるべく意識して集めるように心がけていますが、どうでしょう。

もしかしたら、偏っているかも知れません。

でも、私はそれでも良い、と思っています。

大事にしているのは、「今、自分が書きたい、伝えたいと思うこと」です。

ですので、結果的には自分がテニスの試合に出て、戦ってみて感じたことや気付いたこと、が8割です。

その他の2割は、例えば最近だとサッカー日本代表の試合を観て、感じたこと。

選手や監督のインタビューを聞いて、「これはテニスも一緒だな」と感じたこと、を私なりに記事にしているつもりです。

ですので、「これは共感出来ないよ」「私は違う」というのが、あって当たり前なんです。

T-PRESSに書いてあることは、申し訳ないのですが、あくまで私の一意見。

みなさんが、そのヒントを使って、自分なりの答えを出していくきっかけ、にして欲しいんです。

 

あとは、記事のネタになることと言えば・・・正直、全てです。

全てのことが、私にとってはテニスに関係してくる、関連付けられると思っています。

ですので、気付いたことはパッとスマフォにメモして、後から内容を考える。

こんなことを繰り返しながら、日々記事を書いています。

 

時には、ご気分を害してしまうような内容もあると思います。

見ず知らずの人が偉そうに書いているだけ、のブログ、かもしれません。

使い方は全て、アナタ次第。

私は出来るだけ、テニスの試合で勝ちたいみなさんの力になれるよう、頑張って続けていきたい。

これからも、よろしくお願いします m(_ _)m

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方

    皆さんは、WBCの試合ご覧になってますでしょうか・・・?日曜日…

  2. 日々の雑記

    今日という日は、杉田祐一選手について語らない訳にはいかない

    今日、という日。実は、多くのテニスファン、関係者が待ち続けた日…

  3. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?

    それにしても、「前からこんなだったっけ?」と、思ってしまう。高…

  4. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます

    何かを決めるのって、難しい・・・と、最近つくづく思います。私自…

  5. テニス 環境

    日々の雑記

    T-PRESSがどんな価値を生み出して、どんな場所になれるのか

    最近、お昼を外に食べに出る機会が多いのですが・・・ふと、考えることが。…

  6. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから

    最近、こんなご意見をよく頂きます。「T-PRESSさんのテニス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味…
  2. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる
  3. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!
  4. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに
PAGE TOP