テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

ダブルスの雁行陣、で後衛でプレーしている時に。

「何だか、味方の前衛が邪魔だな・・・」と、感じることはありませんか?

これって、実はテニスの試合でのあるある。

ダブルスの雁行陣、での前衛のプレーって意外と難しいんですよね。

しっかりと、後衛のやりたいこと、意図を感じながらポジショニングを決めていくことが大事です。

 

ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

 


 

1.前衛が打つコースを、ふさいでない?

雁行陣、後衛の選手がストロークで相手を崩していく。

でも・・・よく見ると、相手コートに打つコース、に味方の前衛がいる。

これに当たりそうになるので、山なりな軌道で打って避けるようになる、ようなことありませんか?

ダブルスの雁行陣で、これってよくある話なんですよ。

打ちたいけど、直線的に打てない、なぜなら味方がいるから。

これは、要改善ですね。

 

2.日本人って、言いたいことが言えない人種

じゃないですか、実際。

「ちょっと、邪魔なんだけど」とは、なかなか言えない。

だから、前衛が気付いて、コースを空けてあげることが大事なんです。

日本人って、なかなか言いたいことが言えないままに、試合が進んでいく。

でも、みなさんも一度、しっかりダブルスパートナーと話し合う必要があると思いますよ。

後衛が打つ時に、前衛の自分はどのあたりに立っているのか。

それは、味方の後衛の選択肢を狭めてはいないか?という視点は大事です。

 

3.どうしても邪魔になる、ような時には「しゃがんで」コースを空ける

実際に試合では、どうしてもポジションが変わってしまうケースもある。

そんな時には、前衛はしっかり「しゃがんで」後衛が打つコースを空けてあげることが大事。

スマッシュを打つ時、なんかもまさにそうですね。

スマッシュはネットの高さより少し上、をボールが通過するので、前衛がいたら本当に邪魔なんですよね。

しゃがんでくれるだけで、打つコースが拡がるし、相手にとっても脅威になる。

これは、前衛としての基本、です。

雁行陣でのストロークの時でも、しっかり意識することが大事ですね。

4.後衛がセンター寄り、からストロークを打つ時には・・・?

特に、これが大事なポイント、

雁行陣の後衛がセンター寄りからストロークを打つ、クロスに打つ時。

その延長線上に、味方の前衛がいるケース、実際に試合で多いですよね。

こうなってしまうと、後衛は振り抜けない。

山なりなボールで、味方の前衛を避けないといけなくなりますから、何だか気持ち悪い。

強引にストレート、には打てますけど、それはクロスに打てないから。

前衛の選手が、少しサイドに寄ったり、しゃがんだりするだけでもだいぶ違う。

後衛に気持ち良く、選択肢を持ってプレーさせてあげるのも、前衛の大事な仕事です。

 

邪魔になっていること、に気付けない人は厳しいですね。

自分が後衛でプレーしているときに、どんなところに立たれると邪魔なのか。

しっかりと、ペアで話し合っておく必要があるでしょう。

試合の現場、で気付いても遅いですから。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

  2. ダブルス

    前衛がポーチに動いても、「期待しない」ことが大事

    ダブルスの試合で、自分が後衛でプレーしている時に。良いタイミ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのペアを大事に思うなら、厳しい意見も伝えるのが必要なステップ

    「最近、ペアを解消しようと思っていて・・・」というダブルスペアの方の声…

  4. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

    ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。そ…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ

    強いダブルス、というと皆さんはどんなイメージを持ちますか?私は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず
PAGE TOP