テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

ダブルスの雁行陣、で後衛でプレーしている時に。

「何だか、味方の前衛が邪魔だな・・・」と、感じることはありませんか?

これって、実はテニスの試合でのあるある。

ダブルスの雁行陣、での前衛のプレーって意外と難しいんですよね。

しっかりと、後衛のやりたいこと、意図を感じながらポジショニングを決めていくことが大事です。

 

ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

 


 

1.前衛が打つコースを、ふさいでない?

雁行陣、後衛の選手がストロークで相手を崩していく。

でも・・・よく見ると、相手コートに打つコース、に味方の前衛がいる。

これに当たりそうになるので、山なりな軌道で打って避けるようになる、ようなことありませんか?

ダブルスの雁行陣で、これってよくある話なんですよ。

打ちたいけど、直線的に打てない、なぜなら味方がいるから。

これは、要改善ですね。

 

2.日本人って、言いたいことが言えない人種

じゃないですか、実際。

「ちょっと、邪魔なんだけど」とは、なかなか言えない。

だから、前衛が気付いて、コースを空けてあげることが大事なんです。

日本人って、なかなか言いたいことが言えないままに、試合が進んでいく。

でも、みなさんも一度、しっかりダブルスパートナーと話し合う必要があると思いますよ。

後衛が打つ時に、前衛の自分はどのあたりに立っているのか。

それは、味方の後衛の選択肢を狭めてはいないか?という視点は大事です。

 

3.どうしても邪魔になる、ような時には「しゃがんで」コースを空ける

実際に試合では、どうしてもポジションが変わってしまうケースもある。

そんな時には、前衛はしっかり「しゃがんで」後衛が打つコースを空けてあげることが大事。

スマッシュを打つ時、なんかもまさにそうですね。

スマッシュはネットの高さより少し上、をボールが通過するので、前衛がいたら本当に邪魔なんですよね。

しゃがんでくれるだけで、打つコースが拡がるし、相手にとっても脅威になる。

これは、前衛としての基本、です。

雁行陣でのストロークの時でも、しっかり意識することが大事ですね。

4.後衛がセンター寄り、からストロークを打つ時には・・・?

特に、これが大事なポイント、

雁行陣の後衛がセンター寄りからストロークを打つ、クロスに打つ時。

その延長線上に、味方の前衛がいるケース、実際に試合で多いですよね。

こうなってしまうと、後衛は振り抜けない。

山なりなボールで、味方の前衛を避けないといけなくなりますから、何だか気持ち悪い。

強引にストレート、には打てますけど、それはクロスに打てないから。

前衛の選手が、少しサイドに寄ったり、しゃがんだりするだけでもだいぶ違う。

後衛に気持ち良く、選択肢を持ってプレーさせてあげるのも、前衛の大事な仕事です。

 

邪魔になっていること、に気付けない人は厳しいですね。

自分が後衛でプレーしているときに、どんなところに立たれると邪魔なのか。

しっかりと、ペアで話し合っておく必要があるでしょう。

試合の現場、で気付いても遅いですから。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ダブルス
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと

    ダブルスの試合で、前衛の後ろを後衛がカバー。雁行陣なら、ボール…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅すぎる

    ダブルスの試合では、前衛と後衛がはっきりしている陣形がほとんど。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる
  2. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと
  3. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシ…
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?
  5. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
PAGE TOP