テニス メンタル

ダブルス

「サーバーにプレッシャーをかけようとして」味方のリターンの邪魔になる動きは無意味です

全国各地の草トーナメント、学生のダブルス試合でたまに見かけるのが、「相手のサーバーにプレッシャーをかけよう」と躍起になっている人。

テニスのルール上でも、実は曖昧になっているこの部分。

もちろん「スポーツマンシップに反する行為」は禁止されてますが、どこまでやったら反則なのか・・・しかもセルフジャッジの試合では難しいところですよね。

改めて、この行為について客観的に見直してみてはどうでしょうか。

 

「サーバーにプレッシャーをかけようとして」味方のリターンの邪魔になる動きは無意味です

 


 

■センターマーク付近に立つと、味方のリターンコースの邪魔になる

ダブルスの試合では、必然的にセンターのコースへのサーブが増えてきます。

そこでセンターマーク付近に前衛として立って、少しでも視界に入ってプレッシャーをかける気持ちもわかりますが、味方のリターンのコースも邪魔しているケースが多くあります。

これでは本末転倒。

あくまで味方のコースは邪魔しないように、そして相手前衛のポーチをケアするのがまずは仕事ですので、それを第一に考えましょう。

 

■「プレッシャーをかける為に動く」にしても、事前にパートナーと話し合うこと

相手にプレッシャーをかけたり、細かく場所を動いて相手ポーチをケアすることは、ダブルスの試合では必要です。

それも事前に、パートナーと共有しておくようにしましょう。

アナタ一人でちょこちょこ動いても、実はそれほど相手に脅威にはなりません。

リターンとセットになって、例えば沈めるときに前に詰めていくような動きを入れる。

こういった「連動」させることを常に意識して、リターンを活かせるような動きを意識していきましょう。

■そもそも「実力のある強い相手」にこの手の揺さぶりは通用しない

実力があって試合慣れしているプレイヤーは、こういった揺さぶりに強いです。

だからこそ、違うプレッシャーのかけ方を、自分自身で模索していく必要があります。

どんなことができるか、本気で考えてみましょう。

例えば状況によっては、パートナーと相談して下がって2バックにしてみる。

セカンドになって前にいく、というのもプレッシャーをかける意味では有効で、最近の男子プロテニスのダブルスの試合でも多いです。

色々自分自身でも、試してみましょう!

 

色々書いてきましたが、相手が「ちょっとやり過ぎだな・・・」と思うような動きは、やはりマナー違反になります。

私もロービングアンパイアをやっていたことがありますが、こういった選手はあまり勝ち上がった記憶がありません。

それはなぜか・・・と考えてみたときに、やはりその「プレッシャーをかけよう」という行為自体に意識が強過ぎて、効果が無いと「ダメか・・・」と気持ちが落ちてしまうことが多いように感じました。

目的を再度、確認しましょう。

試合に勝つ為に必要なことは、全て実践していくのがベストですが、本当に必要なことは何なのか。

そして「勝ちたい」という想いが強くなり過ぎて、マナー違反、ルール違反になっていないか。

この機会に少し、見つめ直してみましょう。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?

    大会にエントリーすれば、避けて通れないのはシード選手・競合ペアとの対戦…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」

    ダブルスの試合を、あまり好きになれない人・・・。もしかしたら、…

  3. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

    ダブルスの試合でぜひ、使って欲しい技術。それは、「ドライブボレ…

  5. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要です

    よく、「良いダブルスとは、どんなダブルスですか?」と聞かれます。…

特集記事

  1. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!
  2. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージ…
  3. ストローク

    浅いボールで崩すから、ストロークも崩せる
  4. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来…
PAGE TOP