ストローク

低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。

しっかり、相手を追い詰めるショット、であればそれで良い。

無理に低い球をスピンで引っ掛けるよりは、スライスを上手く多用していきましょう。

それがきっと、賢い戦い方です。

 

低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

 


 

1.スピンで持ち上げるには、スウィングスピードが必要

プロ選手の試合を観ていると、簡単そうに見えますよね。

低い球も、スピンで持ち上げて攻撃出来るのは、スウィングスピードの速さがあるから。

低い打点でピュッとラケットを振る、厚い当たりが出来るからなんですよね。

これを、私たちがやろうとすると、かなり難しい。

ラケットの振り幅が小さい中で、スウィングスピードを一気に上げないといけないですから。

かなり難しい技術、だと思っておいた方が良いでしょう。

 

2.スライスなら、低いボールの処理も楽

でも、スライスならどうでしょう。

低いボールも、自然とボールの下にラケットを入れて、相手コートへ送ることが出来る。

コントロールも、狙いやすいですよね。

浅いボールなら、相手のバック側に運んで前に出るのが基本。

速いボールではなく、遅く滑るボールが打てると非常に効果的です。

ボールを押しだしていく感じで、自分の体重も乗せていけると良い攻撃になる。

そしてネットにつなげていく、という意識を持って前に出ましょう。

 

3.あくまで勝負はその次、ネットでボレー!

浅いボールは、焦って決めない。

あくまで勝負は、その次です。

相手を追い込んで、無理させる、ロブを誘ってスマッシュ。

ネットで自分がフィニッシュするイメージで、浅いボールを処理すること。

相手のバックに打てば、そう簡単にパッシングショットで抜かれたりしないですから。

焦ってスピンではなく、スライスで運んでプレースメント勝負。

シングルスでも、非常に効果的な戦術になります。

 

4.慣れてきたら、前に落とすアプローチもあり

相手が慣れてきたら、今度は前に落としましょう。

スライスの構えで入ると、ドロップショットへの切り替えも楽なんですよね。

しかも、浅いボールならネットから近いので、ドロップショットも決まりやすい。

相手からすると、深いのか浅いのかが最後まで分からない。

前に落とす、という選択肢をアナタ自身が持てるかどうか、です。

ドロップショットは深いボールがあってこそ、活きる。

スライスでのアプローチを極めたいなら、組み合わせは必須でしょう。

 

浅いボールは強打、それだけじゃない。

スライスで渋く配球していくこと、がアナタ自身の未来なはず。

ぜひ、普段のラリー練習の中から、浅いボールをスライスで処理してみて下さい。

かなり、プレーの幅が拡がると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ

    攻撃的なストローク、スピン回転で押していく。これは、学生選手だ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

    ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。この中…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギリギリまで決まらない…

    ストロークの打ち合いの中で、自信が持てない、相手のボールに押されてしま…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

    今年も始まりましたね、熱い全仏オープンの戦いが・・・。やはり全…

  6. テニス クレーコート

    ストローク

    攻撃的なストロークには、相手が打った瞬間の判断力が欠かせない

    頂くご質問の中に、「どうしてプロの選手のストロークは、攻撃的で正確なの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本
  2. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らか
  5. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです
PAGE TOP