ストローク

低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。

しっかり、相手を追い詰めるショット、であればそれで良い。

無理に低い球をスピンで引っ掛けるよりは、スライスを上手く多用していきましょう。

それがきっと、賢い戦い方です。

 

低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

 


 

1.スピンで持ち上げるには、スウィングスピードが必要

プロ選手の試合を観ていると、簡単そうに見えますよね。

低い球も、スピンで持ち上げて攻撃出来るのは、スウィングスピードの速さがあるから。

低い打点でピュッとラケットを振る、厚い当たりが出来るからなんですよね。

これを、私たちがやろうとすると、かなり難しい。

ラケットの振り幅が小さい中で、スウィングスピードを一気に上げないといけないですから。

かなり難しい技術、だと思っておいた方が良いでしょう。

 

2.スライスなら、低いボールの処理も楽

でも、スライスならどうでしょう。

低いボールも、自然とボールの下にラケットを入れて、相手コートへ送ることが出来る。

コントロールも、狙いやすいですよね。

浅いボールなら、相手のバック側に運んで前に出るのが基本。

速いボールではなく、遅く滑るボールが打てると非常に効果的です。

ボールを押しだしていく感じで、自分の体重も乗せていけると良い攻撃になる。

そしてネットにつなげていく、という意識を持って前に出ましょう。

 

3.あくまで勝負はその次、ネットでボレー!

浅いボールは、焦って決めない。

あくまで勝負は、その次です。

相手を追い込んで、無理させる、ロブを誘ってスマッシュ。

ネットで自分がフィニッシュするイメージで、浅いボールを処理すること。

相手のバックに打てば、そう簡単にパッシングショットで抜かれたりしないですから。

焦ってスピンではなく、スライスで運んでプレースメント勝負。

シングルスでも、非常に効果的な戦術になります。

 

4.慣れてきたら、前に落とすアプローチもあり

相手が慣れてきたら、今度は前に落としましょう。

スライスの構えで入ると、ドロップショットへの切り替えも楽なんですよね。

しかも、浅いボールならネットから近いので、ドロップショットも決まりやすい。

相手からすると、深いのか浅いのかが最後まで分からない。

前に落とす、という選択肢をアナタ自身が持てるかどうか、です。

ドロップショットは深いボールがあってこそ、活きる。

スライスでのアプローチを極めたいなら、組み合わせは必須でしょう。

 

浅いボールは強打、それだけじゃない。

スライスで渋く配球していくこと、がアナタ自身の未来なはず。

ぜひ、普段のラリー練習の中から、浅いボールをスライスで処理してみて下さい。

かなり、プレーの幅が拡がると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う

    ストロークのコントロールの基本。みなさんは、普段どんなポイン…

  2. ストローク

    「守りから攻撃、切り替え要注意ポイント」テニスの試合では常に自分の軸足をチェックすること

    テニスの試合を何度も経験していると、勝つためにはまず何が必要か見えて来…

  3. ストローク

    打つ瞬間だけ力を入れるから、ショットに切れが出る

    ストロークでもボレーでも、これが大事なポイント。腕力に任せてラ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識

    皆さんは利き腕、どちらでしょう?右利きの方も左利きの方も、基本…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?

    ストロークはある意味で、誤魔化しが効かないショットサーブ同様に、ベ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない
  3. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある
  4. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない
  5. テニス

    練習メニュー

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー
PAGE TOP