ストローク

低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。

しっかり、相手を追い詰めるショット、であればそれで良い。

無理に低い球をスピンで引っ掛けるよりは、スライスを上手く多用していきましょう。

それがきっと、賢い戦い方です。

 

低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

 


 

1.スピンで持ち上げるには、スウィングスピードが必要

プロ選手の試合を観ていると、簡単そうに見えますよね。

低い球も、スピンで持ち上げて攻撃出来るのは、スウィングスピードの速さがあるから。

低い打点でピュッとラケットを振る、厚い当たりが出来るからなんですよね。

これを、私たちがやろうとすると、かなり難しい。

ラケットの振り幅が小さい中で、スウィングスピードを一気に上げないといけないですから。

かなり難しい技術、だと思っておいた方が良いでしょう。

 

2.スライスなら、低いボールの処理も楽

でも、スライスならどうでしょう。

低いボールも、自然とボールの下にラケットを入れて、相手コートへ送ることが出来る。

コントロールも、狙いやすいですよね。

浅いボールなら、相手のバック側に運んで前に出るのが基本。

速いボールではなく、遅く滑るボールが打てると非常に効果的です。

ボールを押しだしていく感じで、自分の体重も乗せていけると良い攻撃になる。

そしてネットにつなげていく、という意識を持って前に出ましょう。

 

3.あくまで勝負はその次、ネットでボレー!

浅いボールは、焦って決めない。

あくまで勝負は、その次です。

相手を追い込んで、無理させる、ロブを誘ってスマッシュ。

ネットで自分がフィニッシュするイメージで、浅いボールを処理すること。

相手のバックに打てば、そう簡単にパッシングショットで抜かれたりしないですから。

焦ってスピンではなく、スライスで運んでプレースメント勝負。

シングルスでも、非常に効果的な戦術になります。

 

4.慣れてきたら、前に落とすアプローチもあり

相手が慣れてきたら、今度は前に落としましょう。

スライスの構えで入ると、ドロップショットへの切り替えも楽なんですよね。

しかも、浅いボールならネットから近いので、ドロップショットも決まりやすい。

相手からすると、深いのか浅いのかが最後まで分からない。

前に落とす、という選択肢をアナタ自身が持てるかどうか、です。

ドロップショットは深いボールがあってこそ、活きる。

スライスでのアプローチを極めたいなら、組み合わせは必須でしょう。

 

浅いボールは強打、それだけじゃない。

スライスで渋く配球していくこと、がアナタ自身の未来なはず。

ぜひ、普段のラリー練習の中から、浅いボールをスライスで処理してみて下さい。

かなり、プレーの幅が拡がると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!

    試合の中で、ラケットを振りきれない人は攻撃が出来ない。せっかく…

  3. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術

    相手からエースを奪う。実際に、試合でこういう場面ってどれくらい…

  4. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしまう人は、フォロースル…

    ストロークでのスピン回転、しっかりかけることが出来ないと試合でラケット…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る

    皆さんも、必ず経験があるはず。試合中、ビビッてラケットが振れな…

  6. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です

    身長が高いテニス選手、それだけでプレッシャーに感じますよね。特…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    その他

    「失敗するのが恥ずかしい」と思われるようなチームの雰囲気なら、勝てるチームへの躍…
  2. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  3. テニス ダブルス

    戦術

    「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロック…
  5. テニス ミス

    フットワーク

    「身長が低いから、自分はテニスに向いていない・・・」と落ち込んでいるアナタは、も…
PAGE TOP