シングルス

調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。

でも、どうでしょう。

実は相手の調子が良いだけで、そんなに実力差は無いのかも知れない。

そもそも、同じ大会に出ている同士、ですしね。

そういう希望を持って、苦しいときはこのスタンスでいきましょう。

 

調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

 


 

1.相手のミスかエース、で進んでいく試合

って、結構多いですよね。

いわゆるバコラー、って言うんでしょうか。

こういう選手と当たると、あまりラリーが無い。

相手のミスか、またはエースか。

こういうポイントが続いていくと、みなさんはどうですか?

「なんか、全然テニスしてないな・・・」と、なりますよね。

でも、焦る必要はありません。

ほとんどの人が、ここで勝手に焦って、相手に合わせるような試合になってしまう。

エースが多い、調子が良い時には、ついていけば良いんです。

 

2.「2:1」で付いていけば、何とかなる

何とか、とにかく相手コートに返す。

それでも決められても・・・また返す。

この意識って、シングルスの試合では大事なんですよね。

ほとんどの人が、相手の調子が良い時に「粘ってもダメだ・・・打たないと!」と焦ってしまう。

そうなると、相手も速いボールが好きですから、打ち合いになってさらに調子付いてしまう。

どうでしょう、近しい経験無いですか?

そんなときは、相手が2ゲーム取ったら、こっちは1ゲームを取り返す、という感じで良い。

1-2、2-4、と付いていければ、必ず相手が崩れる時間が来ます。

そのまま押し切られたら、それはもう仕方ない。

相手を称えて、コートを去りましょう。

 

3.相手にやらせるけど、主導権は握らせない戦い方

難しいですよね、実際。

でも、客観的に見ていると、そんな試合も意外と多い。

攻めている方が、負けていくような試合、どんなラリーが多いでしょうか?

結局、最後は攻撃している側が無理させられている、ような感じが基本だと思います。

ショットのレベルは違えど、私たちのシングルスの試合でも大いに参考になる試合、プロの試合でもたくさんありますよね。

得意ショットをあえて打たせて、先回りしてカウンター。

先回りしているところを見せて、不得意なコースに打たせてミス。

こういった戦い方、が出来るとみなさんのシングルスの試合はもっと、勝てる相手が増えて来ると思いますよ。

 

4.何せ、焦らないことです

試合が始まってみて、焦らないこと。

相手が強い、調子が良い、そこでひるまないこと。

アナタ自身が勝つという意欲、意志を示すことが何より大前提ですから。

やらせるだけやらせて、言い分を聞いてみる。

「もう、言いたいことは無いかい?」と、相手に話しかけるように、ラリーしてみて下さい。

きっと、先に相手の方が根を上げてくれますから。

 

シングルスの試合で、調子が良い相手に勝つこと。

これって、難しいと思いますか?

序盤の戦い方次第、だと思っています。

とにかく、相手にやらせてスコアは2:1で付いていく。

この意識だけ、しっかり持って試合に入ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる

    シングルスの試合、皆さんはコントロールをどの程度意識出来ていますか?…

  2. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  3. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識したいこと

    シングルスの試合に出たいのに、チームの人数が多くてダブルスの練習しか出…

  6. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!
  2. 戦術

    大切なのは、自分が有利になる状況を作ること
  3. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考…
  4. 練習メニュー

    上級者とのラリーのコツ、教えます
  5. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試…
PAGE TOP