シングルス

調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。

でも、どうでしょう。

実は相手の調子が良いだけで、そんなに実力差は無いのかも知れない。

そもそも、同じ大会に出ている同士、ですしね。

そういう希望を持って、苦しいときはこのスタンスでいきましょう。

 

調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

 


 

1.相手のミスかエース、で進んでいく試合

って、結構多いですよね。

いわゆるバコラー、って言うんでしょうか。

こういう選手と当たると、あまりラリーが無い。

相手のミスか、またはエースか。

こういうポイントが続いていくと、みなさんはどうですか?

「なんか、全然テニスしてないな・・・」と、なりますよね。

でも、焦る必要はありません。

ほとんどの人が、ここで勝手に焦って、相手に合わせるような試合になってしまう。

エースが多い、調子が良い時には、ついていけば良いんです。

 

2.「2:1」で付いていけば、何とかなる

何とか、とにかく相手コートに返す。

それでも決められても・・・また返す。

この意識って、シングルスの試合では大事なんですよね。

ほとんどの人が、相手の調子が良い時に「粘ってもダメだ・・・打たないと!」と焦ってしまう。

そうなると、相手も速いボールが好きですから、打ち合いになってさらに調子付いてしまう。

どうでしょう、近しい経験無いですか?

そんなときは、相手が2ゲーム取ったら、こっちは1ゲームを取り返す、という感じで良い。

1-2、2-4、と付いていければ、必ず相手が崩れる時間が来ます。

そのまま押し切られたら、それはもう仕方ない。

相手を称えて、コートを去りましょう。

 

3.相手にやらせるけど、主導権は握らせない戦い方

難しいですよね、実際。

でも、客観的に見ていると、そんな試合も意外と多い。

攻めている方が、負けていくような試合、どんなラリーが多いでしょうか?

結局、最後は攻撃している側が無理させられている、ような感じが基本だと思います。

ショットのレベルは違えど、私たちのシングルスの試合でも大いに参考になる試合、プロの試合でもたくさんありますよね。

得意ショットをあえて打たせて、先回りしてカウンター。

先回りしているところを見せて、不得意なコースに打たせてミス。

こういった戦い方、が出来るとみなさんのシングルスの試合はもっと、勝てる相手が増えて来ると思いますよ。

 

4.何せ、焦らないことです

試合が始まってみて、焦らないこと。

相手が強い、調子が良い、そこでひるまないこと。

アナタ自身が勝つという意欲、意志を示すことが何より大前提ですから。

やらせるだけやらせて、言い分を聞いてみる。

「もう、言いたいことは無いかい?」と、相手に話しかけるように、ラリーしてみて下さい。

きっと、先に相手の方が根を上げてくれますから。

 

シングルスの試合で、調子が良い相手に勝つこと。

これって、難しいと思いますか?

序盤の戦い方次第、だと思っています。

とにかく、相手にやらせてスコアは2:1で付いていく。

この意識だけ、しっかり持って試合に入ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術

    シングルスの試合、始めて試合に出る時は皆さんも緊張しましたよね。…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスの試合でやたらとパッシングで抜かれるのは、前に引っ張り出されているから

    シングルスの試合で、前に出ては抜かれる。これを繰り返していると…

  5. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  4. テニス ボレー

    その他

    優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である
PAGE TOP