テニス メンタル

サーブ

「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!

サーブという動作は、本当に人それぞれ。

初心者の方から上級者の方まで、自分で一から始める動作ですので、これほど個性が現れるショットも他に無いかも知れません。

とにかく試合の緊張した場面でもしっかり軌道を高くして、深いサーブを安定して打ちたい方に、今回はシンプルな打ち方をご紹介そします。

 

「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!

 

■安定感のあるサーブって、どんなサーブ?

みなさんがイメージする安定感のあるサーブは、どんなイメージですか?

まずはネットの高い位置を通過して、深いけれどもサービスラインから50cmは内側、決してライン際ではない場所に落ちる。

そんなイメージじゃないでしょうか。

これを試合で安定して打てるようになれば、緊張した場面でも有効ですよね。

それでも、今の自分のフォームを変えるのはちょっと・・・と、おっくうになってしまう方も、多いと思います。

 

■サーブの動作自体、大き過ぎませんか?

客観的に自分のサーブフォームをチェックしたこと、ありますか?

多くの方が自分のフォームを観て感じることとしては、「全体の動作が大きい」ということのようです。

自分では、もっとシンプルにトスアップからスィングしてるはずなのに・・・。

特に女性で腕力に自信が無い方は、トスもラケットもしっかり上に持ち上げようとする意識が強いので、「えいや!」という感じになってしまう傾向にあります。

動作が大きいと、その後の構えにも影響してしまいますよね。

どうすれば、シンプルなフォームに変更できるのでしょうか・・・。

 

■上で打ち終われば「次への構え」もスムーズになる

一つのアイデアとして、「早いタイミングで打ち終わる」という方法があります。

上でボールを打ったと同時に、ラケットは下へ下していく動作が開始されますが、この部分を思い切って無くしてしまうのです。

つまり大げさに言えば、ボールを打ったらラケットをすぐに身体の前に持ってきて、利き腕ではないほうの手をスロートに添えて構える!

リターンの返球に対して、とにかく早く構えるようなイメージです。

この打ち方の利点は、ボールとラケットのインパクトに集中して動作をシンプルにするということ。

「フォロースルーが無いと、ボールが飛ばないんじゃ・・・?」と思う方は、一度試してみて下さい。

腕を大振りするよりは、コンパクトに打って腕を上に残すくらいのほうが非常に安定します。

 

■ポイントはコートをしっかり蹴る「下半身」

ここでポイントとなるのは、下半身です。

右利きの方であればしっかり左足でコートを蹴って、ジャンプすること。

これが無いと、ボールに重さが乗ってきませんので、リターンから攻撃されてしまう可能性があります。

「上で打ち終わるサーブ」の弱点は、安定感があっても力を伝え辛いところ。

入れるだけのサーブになってしまっては、試合で勝つことは難しいので、「体重をしっかり乗せる」為の下半身の動きは、徹底して身に付けましょう。

 

高い軌道でコートに入ったサーブは、高く弾みます。

ストロークでもそうですが、この軌道を高く保っているプレイヤーは試合でも相手を押し込んでいける傾向にあります。

テニスはバウンド後のボールを打つ機会が多いスポーツ。

特にハードコートでは今回ご紹介したサーブ、軌道のイメージがとても重要になります。

あえて、T-PRESSでは連続写真の掲載・紹介を行っていませんので、アナタ自身で今回のテーマをイメージしてみて下さい。

試合で使えるサーブは、試行錯誤の連続です。

色々試しながら、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それはズバリ「虚栄心」です

    サーブって、難しいですよね。テニスにおいて、唯一、自分で好きな…

  2. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がっている。…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します!

    良いサーブは、安定したトスアップから。分かっているけど、なかな…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるようにしておこう

    トスを低めのサーブ、を発展させていけばクイックサーブになる。難…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

    相手のリターンが強力で、サービスゲームがキープ出来ないとき。つ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、…
  2. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけ…
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
  5. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ
PAGE TOP