テニス メンタル

リターン

「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

シングルスの試合では、コートが広い分打てるコースが色々あって選ぶ楽しさがあります。

ラリーの中から崩していくのはもちろん、特にリターンでは積極的に攻めて相手から主導権を奪いたいところ。

とはいえ、どこでも打てる・・・となると、試合前に作戦立てておかないと迷ってしまいますよね。

今回は、初中級者の方でも実践可能なリターンからの攻撃パターンを紹介してみたいと思います。

 

「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

1.「バックハンド側」にチップ&チャージでネットに詰める

まずは挨拶代わりに、相手のバックハンド側を攻めてみましょう。

ただ普通にリターンするのではなく、あえて序盤でネットに詰めてプレッシャーをかけてみて下さい。

そこでパッシングショットかロブか、または沈めてくるか、相手の性格と力量を見極めることができます。

ポイントを落としても気にしないでOKです。

まずは積極的な姿勢と相手を観察する機会を作りましょう。

 

2.あえて「ムーンボール」で深いリターンを

リターンからのミスは、特にシングルスの試合では勿体無いのです。

直線的なボールでネットにかける方が多くいますが、それでは相手を楽にさせるだけ。

安全かつ、攻撃的にいきたい場面では「ムーンボール」で変化を付けることもお勧めします。

初中級レベルですと、相手はサーブを打った後で安心してしまい、想定外のボールが来ると慌てることが想定されます。

上手く相手を下げることができたら、その後のドロップショットも有効ですね。

 

3.ここぞの場面では「回り込みフォアハンド」で強打を見せておく

ゲームポイントなど自分が優位に試合を進めている場面では、強打を一度見せておくこともお勧めします。

逆クロス、ストレート、とにかく狙ってエースを獲るつもりで、アウトしてもOKな意識で挑みましょう。

「甘いサーブは、いつでもリターンから攻撃していくぞ!」という姿勢を見せておくと、相手はプレッシャーに感じてダブルフォルトしてくれる可能性も高くなります。

試合では常に、精神的に優位な立場で物事を進めていくように意識しましょう。

 

4.「ライジングリターンでボディアタック」はサーバーの心を打ち砕く

3.のような強打も有効ですが、やはりミスしてしまうリスクも付き物。

そこでお勧めなのが、ライジングショットの形で踏み込んで、サーバーの真正面にリターンするパターン。

これは相手を慌てさせることができますし、何より打つ方向に目標があるから狙いやすいという利点があります。

上手くいけば、次は浅いチャンスボールが上がってきますので、しっかりエースを狙って決めていきましょう。

 

1.でも書きましたが、試合の序盤で「リターンの手数」を相手に見せておくことは、非常に重要です。

相手のサーブが良いときは、このリターンから揺さぶって崩さなければ勝利への道は拓けないのです。

「今日の相手はサーブが良かったから、仕方ないな・・・」という意識では、いつまでたっても試合では勝てません。

崩す為の何か、を常に自分の中で磨いて温めて、シングルスの試合に臨むようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

  2. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして磨いておこう!

    ダブルスの試合、色々考えることは必要ですが、まずシンプルにクロスに高い…

  3. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!

    リターンゲームから入って、まずは崩れないこと。これが、私がいつ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  5. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  6. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
  2. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番
  3. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では…
  4. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう
PAGE TOP