テニス ストローク

リターン

試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

試合前のサービス練習。

よくあるのが、4本だけ打って試合開始、というパターンですよね。

でも、これって実は自分のサーブの練習だけじゃない。

私はむしろ、リターンにこそ練習要素が強いと思いますよ。

 

試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

 

1.自分のサーブの練習、は確認だけ

自分のサーブを打つ時は、確認だけ。

これが基本スタンス、です。

自分のサーブのどこを確認するのか?もちろん軌道や回転系のタッチ、もそうですが、それ以上に相手の反応でしょう。

フォアハンド、バックハンド、リターンのポジションはどうなのか?踏み込んでくるのか?など。

自分のサーブをまず入れないと、最悪ネットを越えないと、これが見えて来ないんですよね。

ですので、まずはサーブ練習ではネットを越える、ことを意識する。

そして全力を傾けるべきは、リターンの方でしょう。

 

2.リターンから試合に入ること、が多いので

私自身、トスに勝ったら結構リターンを取ります。

6ゲーム先取、のような特殊なルールの時は別ですけどね。

リターンからしっかりプレッシャーをかける方が、試合に勝てるイメージが湧きやすい。

だからこそ、相手のサーブ練習、に付き合ってあげるという気持ちは毛頭ない。

リターンのタイミングを合わせる、貴重な機会ですからね。

試合前から、もう試合は始まっている、という強い気持ちで挑みましょう。

 

3.深いリターン、沈めるリターンの両方を打っておく

リターンで大事なのは、深さ。

特にダブルスでは、相手が並行陣で来るケースも多いですから、浅いリターンも欠かせない。

相手のサーブを、確実に2パターンで返球出来るようにしておくと、コチラ側にも余裕が生まれますよね。

雁行陣、並行陣、どんなテニスで来ても良いよ、と。

実際に試合前のウォーミングアップでは相手も前にダッシュ、はしないですが、ここまで練習しておくことが大事。

強い相手なら、「お、この相手はどっちも打てるんだな・・・」と警戒してくれますよ。

ここから、心理戦で上手に出たいですね。

 

4.どの程度前でリターンするのか?を見定める

もう一つ、大事な要素。

リタ―ンゲームで、どの程度前に出るのか、を決める。

相手のサーブ練習で、球種と威力をある程度見極めて、ポジションを決める。

私は、コントロールが良い、速いサーブほど前に出る、サービスラインの2歩前くらい。

遅いサーブなら、ある程度引き付けて打てる、ベースラインの1歩前くらいでしょうか。

リターンの練習をしながら、このポイントも見定める。

強い人、慣れている人は、自然と出来ていると思いますけどね。

試合慣れしていない人、初心者の方は、ここを意識するだけでも違いますよ。

それくらい、リターンの立ち位置って、相手に寄って変えることが大事になってきますから。

 

サーブ練習って、言葉が良くないと思います。

あれはハッキリ、リターン練習。

試合では、リターンもサーブと同じ数だけ打ちますからね。

相手の特徴を掴んで方針を決める、ことを試合前に意識しましょう。

それだけで、自信を持って試合に入れると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  2. リターン

    セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない

    相手のセカンドサーブ、にどう対応するのか。これは、結構ハッキリ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

    テニスの試合で、大事なリターン。どんなに良いストロークや戦術を…

  4. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!

    リターンゲームで、何を武器に戦っていくのか。30-40、のよう…

  5. リターン

    相手に差を見せる、ことがリターンゲームでは大事

    差を作って、相手に意識させること。これが、リターンゲームでは…

  6. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ベースライン上でプレーするアグレッシブな相手には、ムーンボールを深く打ってみよう…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?
  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題につい…
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイン…
PAGE TOP