テニス ストローク

リターン

試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

試合前のサービス練習。

よくあるのが、4本だけ打って試合開始、というパターンですよね。

でも、これって実は自分のサーブの練習だけじゃない。

私はむしろ、リターンにこそ練習要素が強いと思いますよ。

 

試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

 

1.自分のサーブの練習、は確認だけ

自分のサーブを打つ時は、確認だけ。

これが基本スタンス、です。

自分のサーブのどこを確認するのか?もちろん軌道や回転系のタッチ、もそうですが、それ以上に相手の反応でしょう。

フォアハンド、バックハンド、リターンのポジションはどうなのか?踏み込んでくるのか?など。

自分のサーブをまず入れないと、最悪ネットを越えないと、これが見えて来ないんですよね。

ですので、まずはサーブ練習ではネットを越える、ことを意識する。

そして全力を傾けるべきは、リターンの方でしょう。

 

2.リターンから試合に入ること、が多いので

私自身、トスに勝ったら結構リターンを取ります。

6ゲーム先取、のような特殊なルールの時は別ですけどね。

リターンからしっかりプレッシャーをかける方が、試合に勝てるイメージが湧きやすい。

だからこそ、相手のサーブ練習、に付き合ってあげるという気持ちは毛頭ない。

リターンのタイミングを合わせる、貴重な機会ですからね。

試合前から、もう試合は始まっている、という強い気持ちで挑みましょう。

 

3.深いリターン、沈めるリターンの両方を打っておく

リターンで大事なのは、深さ。

特にダブルスでは、相手が並行陣で来るケースも多いですから、浅いリターンも欠かせない。

相手のサーブを、確実に2パターンで返球出来るようにしておくと、コチラ側にも余裕が生まれますよね。

雁行陣、並行陣、どんなテニスで来ても良いよ、と。

実際に試合前のウォーミングアップでは相手も前にダッシュ、はしないですが、ここまで練習しておくことが大事。

強い相手なら、「お、この相手はどっちも打てるんだな・・・」と警戒してくれますよ。

ここから、心理戦で上手に出たいですね。

 

4.どの程度前でリターンするのか?を見定める

もう一つ、大事な要素。

リタ―ンゲームで、どの程度前に出るのか、を決める。

相手のサーブ練習で、球種と威力をある程度見極めて、ポジションを決める。

私は、コントロールが良い、速いサーブほど前に出る、サービスラインの2歩前くらい。

遅いサーブなら、ある程度引き付けて打てる、ベースラインの1歩前くらいでしょうか。

リターンの練習をしながら、このポイントも見定める。

強い人、慣れている人は、自然と出来ていると思いますけどね。

試合慣れしていない人、初心者の方は、ここを意識するだけでも違いますよ。

それくらい、リターンの立ち位置って、相手に寄って変えることが大事になってきますから。

 

サーブ練習って、言葉が良くないと思います。

あれはハッキリ、リターン練習。

試合では、リターンもサーブと同じ数だけ打ちますからね。

相手の特徴を掴んで方針を決める、ことを試合前に意識しましょう。

それだけで、自信を持って試合に入れると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨こう!」その理由はシ…

    ダブルスの試合、「試合慣れしてるな・・・」と感じるのはリターンダッシュ…

  2. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  3. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

  4. リターン

    みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

    テニスの試合で、あるあるな話。私たちは練習で相手とラリーする、…

  5. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  6. テニス 練習

    リターン

    ダブルスの試合のリターンゲームで、「深いサーブを打たれた時」にパートナーの前衛はどう考える?

    リターン側の前衛、にアナタ自身が立っているとします。良いサーブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りで勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで
  2. テニス チャンス

    その他

    学び続ける人生、こそ本当に幸せな人生だと思う
  3. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない
  4. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバラ…
PAGE TOP