テニス 確率

サーブ

最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。

片サイド、2本ずつ。

この4本を、なんとまぁ「適当に」打っている人が多いことか。

練習だし、ウォーミングアップだから入らなくても良い・・・と思っているアナタ、甘い。

この4本をしっかり打つことが出来れば、アナタ自身試合の勝率は変わるはず。

何より、相手にかかるプレッシャーが違うはずなんですよね。

 

最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

 

1.審判時代に思っていたこと

私も過去に、プロツアーの主審をしていた頃、感じたことがありました。

プロ選手の試合は5分間、ストローク、ボレー、サーブとウォーミングアップの時間があるのですが、この5分間に「ノーミス」の選手は試合でも強い。

当然、相手の打ちやすい位置に返球し続ける5分間なんで、ミスが少ないのは当たり前・・・と思うかもしれませんが、すごく良い緊張感があるんですよね。

勝てる選手は、ウォーミングアップから雰囲気が違う。

もう、何んて言うか、ミスする雰囲気が無いんですよね。

皆さんにここまでなれ、とは言いませんが、4本のサーブをしっかりインで揃えることって、大事だと思いませんか?

私が対戦相手だったら、「ブレイクチャンス、少なそうだな・・・」と思いますね。

 

2.ミスしない選手、は最高のプレッシャーを武器に出来る

サーブなんて、特にそうですね。

ファーストサーブが入る選手は、やっぱりプレッシャーを武器に出来る。

ただ速いサーブ、より私は絶対に嫌です。

コンスタントに、ファーストサーブをしっかり入れてくる、揃えて来る相手は確実に強い。

リターン側にプレッシャーを与えて、ミスを誘うことが出来るのはこういうプレイヤーです。

ミスをしない、少ないということ。

これは、試合をするうえでこの上ない武器になるのです。

 

3.ウォーミングアップ、甘く見ないこと!

実際には、身体を動かして温まった状態でコートに入っていきたい。

そこで打つ4本のサーブは、もう本番仕様で。

それでも意識して、確率重視で4本入れる事。

そうすれば、きっとアナタも良い自信になって、乗っていけると思うんですよね。

ウォーミングアップは、コートに入る前。

コートに入ってからは、全てが見られる真剣勝負。

このことだけは、肝に銘じておいて損は無いです。

 

4.セカンドサーブ4本、で良いんじゃない?

私はいつも、このアップで試合に臨みます。

4本セカンドサーブを打つ。

もし1本でもミスしたら・・・「アップで良かった!」と、ここは前向きに。

セカンドサーブですから、しっかり入れて相手のリターンの反応を見る。

フォアとバック、グリップは?どちらで待っている?ポジションは?

こういう部分をチェックしますから、自分のチェックという感じでは無いですよね。

試合前の4球のサーブ、結構奥が深いと私は思いますよ。

 

毎回同じウォーミングアップ、どういうスタンスで臨むのか考えておくこと。

何も考えないと、何となくで終わって、何となくで試合に入る。

そんな試合は、絶対に勝てません。

4球をしっかり揃えて、相手にプレッシャーをかける。

自分自身は、乗っていく。

これを意識して、最初のウォーミングアップに臨んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    「サーブを打つ位置を変えるだけ」で、相手にプレッシャーを与える方法

    サーブの打つ位置を見るだけで、その人のテニスの実力はある程度分かります…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように出来ると、安定感がアップします

    試合が始まる前、まずチェックするのは相手のサーブ。練習から、ま…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「前側の肩が前にある状態でインパクト」出来るようになろう!

    サーブが安定しない・・・と感じている人は、身体が開いているケースが多い…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  5. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも

    サーブ練習、皆さんどんな感じでやってますか?部活でもテニススク…

  6. サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!

    テニスボールは飛ぶように出来ている。もちろん打点が食い込まれた…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイン…
  2. テニス 計算

    戦術

    「しっかり組み立ててくる対戦相手」を、楽しいと歓迎出来る自分になろう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一
  4. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考…
PAGE TOP