テニス 確率

サーブ

最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。

片サイド、2本ずつ。

この4本を、なんとまぁ「適当に」打っている人が多いことか。

練習だし、ウォーミングアップだから入らなくても良い・・・と思っているアナタ、甘い。

この4本をしっかり打つことが出来れば、アナタ自身試合の勝率は変わるはず。

何より、相手にかかるプレッシャーが違うはずなんですよね。

 

最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

 

1.審判時代に思っていたこと

私も過去に、プロツアーの主審をしていた頃、感じたことがありました。

プロ選手の試合は5分間、ストローク、ボレー、サーブとウォーミングアップの時間があるのですが、この5分間に「ノーミス」の選手は試合でも強い。

当然、相手の打ちやすい位置に返球し続ける5分間なんで、ミスが少ないのは当たり前・・・と思うかもしれませんが、すごく良い緊張感があるんですよね。

勝てる選手は、ウォーミングアップから雰囲気が違う。

もう、何んて言うか、ミスする雰囲気が無いんですよね。

皆さんにここまでなれ、とは言いませんが、4本のサーブをしっかりインで揃えることって、大事だと思いませんか?

私が対戦相手だったら、「ブレイクチャンス、少なそうだな・・・」と思いますね。

 

2.ミスしない選手、は最高のプレッシャーを武器に出来る

サーブなんて、特にそうですね。

ファーストサーブが入る選手は、やっぱりプレッシャーを武器に出来る。

ただ速いサーブ、より私は絶対に嫌です。

コンスタントに、ファーストサーブをしっかり入れてくる、揃えて来る相手は確実に強い。

リターン側にプレッシャーを与えて、ミスを誘うことが出来るのはこういうプレイヤーです。

ミスをしない、少ないということ。

これは、試合をするうえでこの上ない武器になるのです。

 

3.ウォーミングアップ、甘く見ないこと!

実際には、身体を動かして温まった状態でコートに入っていきたい。

そこで打つ4本のサーブは、もう本番仕様で。

それでも意識して、確率重視で4本入れる事。

そうすれば、きっとアナタも良い自信になって、乗っていけると思うんですよね。

ウォーミングアップは、コートに入る前。

コートに入ってからは、全てが見られる真剣勝負。

このことだけは、肝に銘じておいて損は無いです。

 

4.セカンドサーブ4本、で良いんじゃない?

私はいつも、このアップで試合に臨みます。

4本セカンドサーブを打つ。

もし1本でもミスしたら・・・「アップで良かった!」と、ここは前向きに。

セカンドサーブですから、しっかり入れて相手のリターンの反応を見る。

フォアとバック、グリップは?どちらで待っている?ポジションは?

こういう部分をチェックしますから、自分のチェックという感じでは無いですよね。

試合前の4球のサーブ、結構奥が深いと私は思いますよ。

 

毎回同じウォーミングアップ、どういうスタンスで臨むのか考えておくこと。

何も考えないと、何となくで終わって、何となくで試合に入る。

そんな試合は、絶対に勝てません。

4球をしっかり揃えて、相手にプレッシャーをかける。

自分自身は、乗っていく。

これを意識して、最初のウォーミングアップに臨んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  2. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は、サーブでラケットを長く持って威力アップ!

    サーブの威力をアップしたい方に、直ぐに出来る対策として。ラケッ…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように出来ると、安定感がアップします

    試合が始まる前、まずチェックするのは相手のサーブ。練習から、ま…

  4. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?

    試合の中で、センターへサーブを打つ。よくある光景ですが、実はこ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

    クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる
  2. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになって…
  4. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから
  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
PAGE TOP