テニス 指導

メンタル

「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

テニスの試合に出ていると、負けず嫌いで勝気な人が多い。

これって、すごく大事な要素です。

私もそうなんですが、つい「まぁ、勝てれば良いか・・・」くらいで考えて、試合に入ることが多いじゃないですか。

でも、本当に勝ちたいなら、それじゃダメ、ですよね。

言葉のニュアンスを変えていけば、きっとアナタ自身のメンタルも変わっていきますよ。

 

「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

 

1.勝たないといけない、と思えるかどうか

実際に、どうでしょうか。

みなさんが試合をしていて、「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」と思う瞬間はありますか?

きっと、少なからずあると思うんですよね。

それがプレッシャーになるような時もあるでしょうが、テニス選手としては必要な感覚です。

決して、「相手が弱いから勝たないといけない」ではないですよ。

勝たないといけない、と感じるのは、自分がしっかり努力してきたからこそ。

自分を客観視出来ているからこそ、そう感じるようになるんです。

 

2.積み重ねてきたこと、がアナタ自身のプライドになる

小さいことでも良いんです。

しっかり自分がテニスにおいて、続けてきたこと、意識してきたこと。

これがあると、「負けるなんて嫌だ、だってあんなにやって来たんだから」となりますよね。

勝たないといけない、勝たないと自分に対して申し訳ない。

こう考えられるようになると、試合でもしぶとさが芽生えて来る。

自分で積み重ねて来たこと、を試合前に振り返る。

これだけでも、かなり違って来ると思いますよ。

 

3.「勝ちたい」は、いつでも「勝てればラッキー」に変わる

言葉って、怖いですよね。

試合中に、いつの間にか変わっていく。

最初は勝ちたいと思っていても、試合で厳しくなってくると、それが「勝てればラッキー」くらいに変わっていく。

自分の調子でも、相手の強さでも、何でも理由は付けられますからね。

これが、「勝たないといけない」だと、全くブレないんですよ。

強い選手って、そんな雰囲気ありませんか?

モチベーション、とかそういうモノの上をいっている感じ、だと思います。

 

4.勝たないといけない試合、を作ろう

これは、私たちにとって大事です。

しっかり大事な試合、に向けて長いスパンで準備する。

全国大会の予選でも、大事な草トー、スクール内のトーナメント、市民大会、アナタ自身がまず照準を定めるところから。

勝たないといけない、と思えるような準備をしていくこと、が大事なんです。

部活やサークルで頑張る学生さん、だけの話では無いはず。

私たち社会人、シニア、ベテランのみなさんも、勝たないといけない試合は作れるはずです。

 

強い人は、勝つべくして勝っている。

不思議の勝ち、よりも圧倒的にこういう勝ち、が多いはず。

メンタルの強さって、結局はこういうことが実践出来ているかどうかでしょう。

私たちでも、必ず出来るはず。

勝ちたい、くらいの願望は、もう卒業していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

    試合に出続けていると・・・つい、「何が失敗なんだか、分からなくなる」よ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

  3. テニス 名著
  4. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

    大坂なおみ選手の優勝、その表彰式が物議を醸しています。私自身、…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

    試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。すごく意識高…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について

    全豪オープンもここからが佳境!今日、今まさに錦織選手の試合も始…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「追い込まれそうなとき」こそ相手のポジションを確認しよう!
  4. テニス メンタル

    戦術

    「何も攻撃して来ない相手」には、あえて空きコースを作って狙わせてみると良い
  5. ボレー

    ドロップボレーに、タッチ感覚って必要?
PAGE TOP